ニュース
» 2013年04月10日 10時30分 公開

「めしばな刑事タチバナ」にも登場 富士そばのオリジナルメニュー「カレーカツ丼」を食べてきたカツカレーじゃないよ

1+1は3じゃない! 2でいいんだよ!

[たろちん,ねとらぼ]

 人間にとって最も身近な幸福である食事。僕は漫画や映画でも何気ない食事シーンが出てくると妙に嬉しくなってしまうのだけど、最近一押しなのが「めしばな刑事タチバナ」というB級グルメ漫画だ。

画像 原作・坂戸佐兵衛、作画・旅井とりによる話題のグルメ漫画。「富士そば」「吉野家」「サッポロ一番」など実在のメニュー・商品の話が共感を生みます

 40歳を過ぎたさえない独身刑事・タチバナが、牛丼や立ち食いそばといった身近すぎる食事に対するこだわりを、時に優しく、時に熱く語りまくるという漫画。見方によっては涙が出るほどみみっちいこだわりなのだけど、ただ生きるために空腹を満たすのではなく、日々の大切な幸福として真摯に大衆食に向き合うタチバナの姿勢が僕はとても気に入っている。4月10日からはテレビ東京系列で実写ドラマ版もスタートする(紹介記事)。

 そんな「めしばな刑事タチバナ」の記念すべき第1話のテーマとなったのが、立ち食いそばチェーン「名代 富士そば」のオリジナルメニュー「カレーカツ丼」だ。「カツカレー」ではなく、「カレーカツ丼」というところに、ありそうでなかった、味が想像できるようでできない不思議な魅力がある。本庁のエリート刑事だったタチバナも、張り込み中にこのメニューに出会って食べるのを我慢できず、結果的に犯人を取り逃がして左遷されてしまったというこのメニュー。僕もその誘惑に負け、気がつくと富士そばに足を運んでいた。

「それなりの味」が助け合って生み出す嬉しい美味しさ

 向かったのは秋葉原駅昭和通り口のすぐ近くにある「富士そば 秋葉原店」。カレーカツ丼530円の食券を買って店内に入ると、愛想のいいおばちゃんがすぐに調理に入ってくれた。店内のBGMは演歌。この「グルメ」ではなく、「めしを食う」って感じがいいのだ。

画像 「富士そば 秋葉原店」は昭和通り口から直進して、信号を渡ってすぐ。

画像 店頭にてカレーカツ丼の存在を確認

 数分で念願の「カレーカツ丼」がお目見え。なるほど、カレー皿にご飯と卵とじのカツを盛り付け、その上から円を描くようにカレーをかけて作るらしい。もっとカツカレーっぽい印象なのかと思いきや、たっぷりの卵が「俺はカツ丼としての魂を捨てたわけじゃないぜ」と主張している。

画像 店舗や店員さんによって盛り付けには多少差があります。プロの富士そば通はそのあたりの違いも楽しむらしい

 タチバナ刑事を見習って、大胆に「カツ丼とカレーのミクスチャー部分」から食べてみる。……ん? あっ、なにこれ、嬉しい!

 正直なことを言うと、僕は富士そばの「カツ丼」も「カレーライス」もいかにもチープな味って感じでそんなに好きじゃない。だから「カレーカツ丼」も期待はずれで終わる覚悟だった。ところが2つが合わさると、甘口でパンチに欠けるカレーを出汁の効いたカツ煮が補い、作り置きでどうしてもパサパサした印象のあるカツにカレーが潤いと奥行きを与えている。異なる2者を違和感なく繋げてくれているのは、「カツカレー」との最大の違いである卵とタマネギの柔らかな甘みだ。

画像 卵によって全ての味が一繋ぎになったこの美味しさ……味のワンピースや〜!

 タチバナ刑事はこの食べ物を「1+1は3じゃない! 2でいいんだよ!」と評したけど、まさにそんな感じ。激変させるのではなく、「それなり」同士が助け合って「美味しい」を生み出していることにじんわりとした嬉しさを感じる。ともすれば日々の中に埋もれがちな、「めしを食う」ということの小さな幸せが確かにあった。

メニューになくても注文可能な店舗も

 この「カレーカツ丼」、元々はとある店舗の店長さんがまかないのメニューとして考案したものだそう。これがスタッフの間で美味しいと好評だったことから店舗限定メニューとしてお客さんにも提供を開始した。こういうことは富士そばではよくあるそうで、今回行った秋葉原店でも「肉玉丼(豚肉)」という店舗限定メニューが存在していた。

画像 秋葉原店限定メニューの「肉玉丼(豚肉)」。「めしばな刑事タチバナ」によると、ナポリタンを出していた富士そばもあるらしい

「カレーカツ丼」は一部ネット上などで話題になり、数年前にはほとんどの店舗で食べられる新メニューに昇格。その後はレギュラーメニューから外してしまった店舗もあるが、食券機になくても店員さんに頼めば作ってくれるところもあるそうだ。その場合は「カツ丼」の食券を買い、カレー代としてプラス80円を支払う形式。マニュアルとして徹底されているものではないので、頼みたい場合は事前に確認しよう。

画像 ごちそうさまでした!

画像

ねとらぼ @itm_nlab

ねとらぼの公式Twitterアカウントでは、話題の記事をリアルタイムで配信しています。話題のニュースをいち早く知りたい! という人は、さっそく@itm_nlabをフォロー!



関連キーワード

カレー | 店舗 | 漫画 | グルメ | B級 | ドラマ | 原作 | テレビ東京


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい