コラム
» 2017年10月01日 09時00分 公開

よく考えると謎ネーミングの「食パン」 由来は「パンはパンでも食べられないパン」との区別から?

食べられないのは、フライパンだけじゃなかったのか。

[ねとらぼ]

 パンはパンでも食べられないパンといえば、フライパン。反対に、食べられるのはカレーパン、アンパン、フランスパン……と挙げきれないほど思いつきます。

 では、どうして食パンだけに「食」という字がつくのでしょうか。その理由は、パンの歴史をさかのぼることで見えてきます。今回は、そんな語源に関するトリビアをいくつかまとめてご紹介。

主食用だから食パン? それとも、食べられるから食パン?


「食パン」の語源をたどると、実は略語?

 日本にパン文化が広まる際に、食パンは海外で主食とされていたことから「主食用パン」と呼ばれていたといわれています。その後、省略表現にあたる「食パン」だけが定着し、元の表現が忘れられた結果、「自ら『食』と名乗る不思議な食べ物」になってしまったというわけです。

 また、デッサンで消しゴム代わりに使われるパンを「消しパン」、食用のパンを「食パン」と呼び分けていたとする説も。この考えに基づくと、「パンはパンでも食べられないパン」が本当にあったため、「食べられるパン」をはっきり示す言い方が存在していたということになります。


「食パン」の語源をたどると、実は略語? 食べる以外の用途で使用する「消しパン」。画像は「デッサン 消しパン」Google検索画面より

マルコ・ポーロが日本に来なかったから、日本は「JAPAN」と呼ばれるように

 「日本」が英語で「JAPAN(ジャパン)」と呼ばれるのは、かつて探検家マルコ・ポーロが「東方見聞録」を書いた際、日本のことを「ジパング」という名称で記載していたから、というのが通説です。


「食パン」の語源をたどると、実は略語? マルコポーロ(左)、東方見聞録(右)

 では、そのジパングはどこから来たのでしょうか。実はマルコ・ポーロは日本を訪れたことがなく、中国で聞いた情報をもとに「東方見聞録」を書いていました。当時の中国では、日本を「ジーヘン」と発音していた可能性があることから、「ジーヘン → ジパング → ジャパン」と音が変わっていったとする説があります。

カキは「牡(オス)しかいない」と思われていたから「“牡”蠣」

 貝類のカキを漢字で書くと「牡蠣」。性別を表す「牡(オス)」という字が当てられていますが、これはその昔、カキにはオスしかいないとされていたから。

 本当はメスもいるのですが、カキの性別判定には顕微鏡が必要で、かつては鑑定することができませんでした。そのため、今では理解しがたいことですが、「どのカキも白子(魚類の精巣)に似ているから、すべてオスだろう」と考えられていたのです。


「食パン」の語源をたどると、実は略語? なぜ、メスはいないことにしてもいいと思ったんだ……

 なお、サザエは内臓が白いとオス、緑色の場合はメスと一目で分かります。昔の人からしたら「同じ貝類なのに、こんなに性別判定の難易度が違うなんて理不尽だろ!」という話なのかもしれません。

「青春」がピンクでも黄色でもない理由は、古代中国までさかのぼる

 「青春」に「青」という字が使われているのは、古代中国の思想では黒、青、白、赤の4色が方角、季節などと結びつけられていたから。

  • 黒:冬/北
  • 青:春/東
  • 赤:夏/南
  • 白:秋/西

 この組み合わせから、色と季節名をセットにした言葉「玄冬」「青春」「朱夏」「白秋」が発生。本来は季節を表す表現だったのですが、「人生の春」という意味で若い時期を「青春」と呼ぶようになりました。

 ちなみに「玄武」「青龍」「朱雀」「白虎」という中国の神獣と言葉のつくりが似ているのは、これら4種も方角や季節とひもづけられているため。

ポップ体の「ポップ」は「購買時点広告」の略語


「食パン」の語源をたどると、実は略語?

 フォントの「ポップ体」は、ポップな雰囲気が出せるからポップ体と呼ばれている……と思っている人がいるかもしれませんが、これは誤り。正しくは、「購買時点広告」に由来します。

 購買時点広告は、英語では「Point Of Purchase Advertising」と表現され、略称は「POP(ポップ)広告」。本屋やドラッグストアでよく行われている、商品のおすすめポイントを示した飾り付けなどを店頭に設置する販促方法を指します。その際に使われていたフォントが、ポップ体と呼ばれるようになりました。

制作協力

QuizKnock


関連キーワード

略称・通称 | 由来 | 文化 | 歴史 | トリビア


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声