インタビュー
» 2018年12月04日 20時00分 公開

2018年は「百合の多様性の時代」 『裏世界ピクニック』宮澤伊織×「最悪にも程がある」いとうに聞く、激動する百合の現在地(3/3 ページ)

[青柳美帆子,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

百合とBL、その深淵

――SFセミナーでの百合講演で、印象に残っている反応はありますか?

宮澤 Web公開後の反応ですが、BL好きの人から「百合とBL、違うと思っていたけど、同じなんだな」というコメントを結構もらいまして。ありがたい反面、「本当に同じなのかな!?」と気になっています。僕は元から百合は好きだったんですが、同性間関係コンテンツの面白さに本格的に目覚めたのがドラマ版の「ハンニバル」からなんですよ。顔のいい男と顔のいい男のものすごい緊張感のあるBLですが、ウワーめっちゃ面白い! こういう風にやればいいんだ!! わかった!!!!ってなって自分でも百合が描けるようになりました。そういう経緯があるので、百合とBLが本当に同じかどうかは関心があるし、差異があるならそこには敏感でありたい。

百合トーク 男と男の緊張感がすごい、ドラマ版「ハンニバル」

いとう 大きなところで見れば一緒の部分もありますが、細かいところでは違うなと私は思っています。

宮澤 これはすごく正確じゃない話になるかもしれないのですが……BLのほうがキャラクター同士の権力の差に敏感、という印象があります。例えば「上司と部下」「囚人と看守」のように、社会的地位の差異をベースとして、関係性を描いているものがあるなと。

いとう 確かに、女性向けコンテンツのキャラクターは、職業をでっかく背負っていると感じることはある……。

宮澤 そう、例えば「アイドルマスター SideM(Mマス)」のキャラクターは、ほとんど全員が“昔の職業”を背負っていますよね。女子アイドルものと比べて、肩書に対する依存度が高いんではないだろうかと感じたわけです。ただ、これももしかすると、現実の世界で女性の職業の自由が男性ほど高くないことに阻害されていて、それが反映されているにすぎないのかもしれない………。

いとう それに近い話で、「社会人百合」というと、お仕事ものになりにくい“壁”はあるかもしれませんね。

――それこそ、現実の女性の仕事像を反映しているのかもしれません。時折、百合カップリングを指して「BLっぽい」と言ったり、BLを指して「百合っぽい」と表現することもありますよね。BLの場合は「受け同士のカップリング」を「百合BL」と評することもあるようですが……。

いとう 私が描いたり好きになるカップリングも「これはBLっぽい」と言われることがあります。なんでだろうと思ったけど、いろいろ考えてみるとそう言われるカップリングには「両者が立場に縛られている」「負って立つ物がある」という特性があることが多くて、そこにBLのフレーバーを感じているのかもしれないなと。ただ、私は完全に「是百合!!!!!」と思って書いているので、いろいろな百合を出してどれも百合だと言っていきたいですね。

――百合やBLが、社会を反映している可能性は面白いと思います。

宮澤 一方で百合やBLは、必ずしも現実社会のLGBTQの問題に親和的とは限らないんですよね。同性間の関係を描きつつも、ときには対立することもありうる。例えば既存の婚姻関係、恋愛関係にLGBTQとしてコミットすることを目指している人にとって、そこから外れることを積極的に肯定するような百合やBLの作品は不愉快なものとして受け止められるかもしれない。

いとう 作り手や読み手の価値観に引っ張られることもありますからね。例えば女性同士のカップリングに、読者が「結婚してほしい」と考えることがある。もちろん、2人の関係性として「夫婦」という形がいい場合もあります。でもそうじゃなく、「恋愛関係のゴール=夫婦」としか考えていないから「結婚しろ」と言っているだけの場合、「キャラクターを見ろ!!!!」と叫びたくなります。

宮澤 海外作品は、必ずLGBTQの要素が入ってくるものなんでしょうか? アメリカの同性愛フィクションをいくつか見た限りですが、すごく社会との接続を意識しているなと感じることがあって。「社会にいかに自分たちの居場所を作るか」という問題を作品に反映しなければという意識が常にあるとしたら、これはけっこう根深いのかな、とも感じました。

いとう そういう作品もありますが、けっこうストレートに百合表現をやっている作品もたくさんありますよ。二次創作対象としての受容のされ方とか、作り手と受け手のどちらにも当事者と非当事者が混在してるのも日本の百合に近かったり。

宮澤 なるほど……その辺りは差はありつつも、日本と海外は大きくは変わらないのかもしれませんね。

いとう 関係の話でいうと、『裏世界』の2人は、「共犯者」なんですよね。「恋人」とは違う。共犯者はたとえ離ればなれになっても、犯した罪からは逃れられない

宮澤 百合は、既存の婚姻関係や恋愛関係とは違う関係性を書ける可能性を持っているから、“そこ”には戻りたくない。もちろん百合に限らず、BLでも男女でもいろんな可能性があるとは思いますが……『裏世界』に関しては絶対に「恋人」や「親友」には落ち着かせないぞ、と思いながら書いています!

『裏世界ピクニック』関連書籍



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい