インタビュー
» 2018年12月04日 20時00分 公開

2018年は「百合の多様性の時代」 『裏世界ピクニック』宮澤伊織×「最悪にも程がある」いとうに聞く、激動する百合の現在地(3/3 ページ)

[青柳美帆子,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

百合とBL、その深淵

――SFセミナーでの百合講演で、印象に残っている反応はありますか?

宮澤 Web公開後の反応ですが、BL好きの人から「百合とBL、違うと思っていたけど、同じなんだな」というコメントを結構もらいまして。ありがたい反面、「本当に同じなのかな!?」と気になっています。僕は元から百合は好きだったんですが、同性間関係コンテンツの面白さに本格的に目覚めたのがドラマ版の「ハンニバル」からなんですよ。顔のいい男と顔のいい男のものすごい緊張感のあるBLですが、ウワーめっちゃ面白い! こういう風にやればいいんだ!! わかった!!!!ってなって自分でも百合が描けるようになりました。そういう経緯があるので、百合とBLが本当に同じかどうかは関心があるし、差異があるならそこには敏感でありたい。

百合トーク 男と男の緊張感がすごい、ドラマ版「ハンニバル」

いとう 大きなところで見れば一緒の部分もありますが、細かいところでは違うなと私は思っています。

宮澤 これはすごく正確じゃない話になるかもしれないのですが……BLのほうがキャラクター同士の権力の差に敏感、という印象があります。例えば「上司と部下」「囚人と看守」のように、社会的地位の差異をベースとして、関係性を描いているものがあるなと。

いとう 確かに、女性向けコンテンツのキャラクターは、職業をでっかく背負っていると感じることはある……。

宮澤 そう、例えば「アイドルマスター SideM(Mマス)」のキャラクターは、ほとんど全員が“昔の職業”を背負っていますよね。女子アイドルものと比べて、肩書に対する依存度が高いんではないだろうかと感じたわけです。ただ、これももしかすると、現実の世界で女性の職業の自由が男性ほど高くないことに阻害されていて、それが反映されているにすぎないのかもしれない………。

いとう それに近い話で、「社会人百合」というと、お仕事ものになりにくい“壁”はあるかもしれませんね。

――それこそ、現実の女性の仕事像を反映しているのかもしれません。時折、百合カップリングを指して「BLっぽい」と言ったり、BLを指して「百合っぽい」と表現することもありますよね。BLの場合は「受け同士のカップリング」を「百合BL」と評することもあるようですが……。

いとう 私が描いたり好きになるカップリングも「これはBLっぽい」と言われることがあります。なんでだろうと思ったけど、いろいろ考えてみるとそう言われるカップリングには「両者が立場に縛られている」「負って立つ物がある」という特性があることが多くて、そこにBLのフレーバーを感じているのかもしれないなと。ただ、私は完全に「是百合!!!!!」と思って書いているので、いろいろな百合を出してどれも百合だと言っていきたいですね。

――百合やBLが、社会を反映している可能性は面白いと思います。

宮澤 一方で百合やBLは、必ずしも現実社会のLGBTQの問題に親和的とは限らないんですよね。同性間の関係を描きつつも、ときには対立することもありうる。例えば既存の婚姻関係、恋愛関係にLGBTQとしてコミットすることを目指している人にとって、そこから外れることを積極的に肯定するような百合やBLの作品は不愉快なものとして受け止められるかもしれない。

いとう 作り手や読み手の価値観に引っ張られることもありますからね。例えば女性同士のカップリングに、読者が「結婚してほしい」と考えることがある。もちろん、2人の関係性として「夫婦」という形がいい場合もあります。でもそうじゃなく、「恋愛関係のゴール=夫婦」としか考えていないから「結婚しろ」と言っているだけの場合、「キャラクターを見ろ!!!!」と叫びたくなります。

宮澤 海外作品は、必ずLGBTQの要素が入ってくるものなんでしょうか? アメリカの同性愛フィクションをいくつか見た限りですが、すごく社会との接続を意識しているなと感じることがあって。「社会にいかに自分たちの居場所を作るか」という問題を作品に反映しなければという意識が常にあるとしたら、これはけっこう根深いのかな、とも感じました。

いとう そういう作品もありますが、けっこうストレートに百合表現をやっている作品もたくさんありますよ。二次創作対象としての受容のされ方とか、作り手と受け手のどちらにも当事者と非当事者が混在してるのも日本の百合に近かったり。

宮澤 なるほど……その辺りは差はありつつも、日本と海外は大きくは変わらないのかもしれませんね。

いとう 関係の話でいうと、『裏世界』の2人は、「共犯者」なんですよね。「恋人」とは違う。共犯者はたとえ離ればなれになっても、犯した罪からは逃れられない

宮澤 百合は、既存の婚姻関係や恋愛関係とは違う関係性を書ける可能性を持っているから、“そこ”には戻りたくない。もちろん百合に限らず、BLでも男女でもいろんな可能性があるとは思いますが……『裏世界』に関しては絶対に「恋人」や「親友」には落ち着かせないぞ、と思いながら書いています!

『裏世界ピクニック』関連書籍



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる