レビュー
» 2019年05月20日 11時10分 公開

「ラジエーションハウス」本田翼と窪田正孝がハイタッチの6話 視聴率は最高更新、平成の残り香のような「HERO」感が惜しい (2/2)

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

またしても「HERO」要素がつらかった6話

 杏の成長、放射線科の結束など、ストーリーは確実に前へ進んでいる。そんな中、どうしてもドラマの雑な部分が目に付いてしまう。

 まず、演出面について。皆が一斉に振り返る場面、技師が順番に一言ずつ発言する手法、IVRを勉強する技師らを俯瞰して撮るアングルなど、やっぱり「HERO」臭が過多なのだ。しばらく、かげを潜めていたはずなのに……。どうやら、1〜2話で演出担当だった「HERO」監督・鈴木雅之氏が第6話の演出も担当していたようだ。HERO臭が立ち上ってきたのは、そのせいである。上記のような平成の残り香は、今見るとどうしても古くてつらい。

 ストーリーそのものにも粗が見える。例えば、IVRが開腹手術に変わった途端、取り乱した沙里の母親(安藤聖)の態度。開腹の傷跡より、まずは娘の命だろう。そっちを優先しない親がいるとは思えない。あと、IVR直前のくだりにも引っ掛かっている。不安そうな患者家族を前に、威能圭(丸山智己)は「当院一優秀な放射線科チームが最善の治療を提供します」と断言した。かなり危険な発言だったと思う。杏はIVRで助手の経験しかないはずなのに……。無責任な言いっぱなしに思えた。

 ちなみに、第6話の平均視聴率は13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と番組最高の数字を記録した。好調である。なんだかんだで、月9ブランドは健在か。

これまでの振り返り

寺西ジャジューカ

ライター Facebook

まつもとりえこ

イラストレーター&ライター。

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる