レビュー
» 2019年05月27日 10時15分 公開

借金を肩代わりして家賃タダで住まわせてくれている母親に対し「アンタが死んでも葬式に出ない!」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(2/2 ページ)

[北村ヂン,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 誕生日プレゼントにアパート1棟って、どんな家庭だ!? さっさとアパートの権利を手に入れて家賃収入をゲットしたい。この辺りに相談者の本音がありそうだ。

 相談者の現在の収入は、夫婦で働いて月30万円程度。そこからギャンブルで作った借金の返済が8万円、その他、クルマやら何やらのローンが7〜8万円。家賃がかからないので生活できないことはないが、楽ではないのだろう。

 母親の気持ちを察するに、ギャンブルで大借金を作ってしまった息子が、「もう二度と(ギャンブルは)しません」と約束し、前向きに生きていくと信じたからこそ、アパートを建ててあげたというところだろう。そこで生活すれば家賃はかからないし、いずれ自分が死んだら相続させてやれる。

 ところが、家賃がかからないのをいいことに、バカ息子は再びギャンブルに手を出して300万円もの借金を作ってしまった。そんな甘えが出るくらいなら、アパートを売っちゃったほうがマシじゃないか。そう考えても無理のないところだ。

 「お母さん、ガッカリするの当たり前じゃない。『じゃ、もう売っちゃおうかな?』っていう気持ちも分かるでしょ」「それを『信用してくれないから気に入らない』とか『嫌みだ』とか言っても……。その原因の少なくとも半分はアナタが作ってるわけだから」

 前半は「こんなに母親がヒドイ!」とアピールしまくっていた相談者だが、後半は坂井先生の説教に「はいはい」うなずくばかりだった。

 この母親も83歳。アパートを残したにしろ、売ったにしろ、そんな遠くない将来、財産は相談者が相続することになりそうなもの。そんなにあせって動かなくてもいいのに……とも思うが、借金300万円で尻に火が付いているのだろうか。

 ちなみに相談者には姉がひとりいる。絶対、遺産相続で姉ともめると思うな……。

これまでの「テレフォン人生相談」









北村ヂン

文章からイラスト、漫画、映像まで、あの手この手でインターネットのみなさんのご機嫌をうかがうハイパーメディアライターTwitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10