レビュー
» 2019年06月03日 10時30分 公開

46年連れ添った妻を捨て、会った時間30分のメル友にプロポーズ「奥さんもアナタは要らないんじゃないですかね?」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト (2/2)

[北村ヂン,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

会った時間約30分でプロポーズ

 この相談者、裕福な家庭で育った妻が自分と結婚した理由として「名の通った大学を出、名の通った会社のサラリーマン」であることを挙げていたり、海外での愛人から熱烈に愛されていたと強調したりと、「自分には価値がある」と思われたい人なのだろう。

 問題の「メールお友達」も、相談者からのプロポーズに対し「離婚ができたら、私はアナタのプロポーズを受けます」と言ってくれているという。

 しかし、このメル友と実際に会ったのは3回だけ。しかもそれぞれ10分程度の時間。つまり約30分しか会ったことがないのにもうプロポーズして、オッケーまでもらっているのだ(まだ手しかつないでいない)。

 メル友の年齢は聞き出していなかったが、「(メル友は)私が72ということも知っています」と言っていたことから、だいぶ年下なのではないかと想像される。これを「古希を過ぎた男がついに見つけた真実の愛」と見るか、「遺産狙いの女にたぶらかされている」と見るか……。

 自尊心を女性によって満たされたいタイプだと思われる相談者が、出会ったばかりの女性に唐突なプロポーズを受け入れられて「求められている!」と浮かれてアパートまで借りちゃったのに、実際はだまされているだけだったとしたら……悲しい。

 いろいろと心配になるが、大迫先生は「奥さんは『それ(離婚)でいい』って言うんじゃないですかね?」の一点張り。いつもは親身になって相談者のフォローをしてくれる柴田理恵も、特にコメントないまま電話を切っていた。

これまでの「テレフォン人生相談」











北村ヂン

文章からイラスト、漫画、映像まで、あの手この手でインターネットのみなさんのご機嫌をうかがうハイパーメディアライターTwitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.