速報
» 2019年11月19日 10時45分 公開

ローカル線を救う夢の乗りもの……!! きっと興味が沸く、いちばん分かりやすい「DMV」のお話【写真62枚】月刊乗り鉄話題(2019年11月版)(1/5 ページ)

DMVって何だ? 面白いぞー。

[杉山淳一,ねとらぼ]

 2019年11月30日から12月22日まで、京都鉄道博物館で新しい乗りもの「DMV」が展示されます。皆さん、「DMV」をご存じでしょうか。

DMV 近未来の公共交通機関 "Dual Mode Vehicle" これが近未来の公共交通機関として期待される「DMV」。あるときは鉄道車両に、またあるときはバスに「変身」し、線路も道路も走れる。こちらは軌道を走る「鉄道」モード(撮影:杉山淳一、以下同)
DMV 近未来の公共交通機関 "Dual Mode Vehicle" こちらは道路を走るDMVの「道路」モード。見た目は普通のバスである

 DMVは「Dual Mode Vehicle」の略で、直訳すると「2つの形態(を備えた)車両」です。道路走行用のタイヤと、軌道走行用の車輪の両方を装備しています。外観はどこか愛嬌のあるお顔のボンネット付きマイクロバスです。

 DMVは、徳島県と高知県にまたがる「阿佐海岸鉄道」で2020年度から世界で初めて営業運行する予定です。京都鉄道博物館での展示は1台ですが、阿佐海岸鉄道には3台が納入され、運行開始を待っています。バスとしてはいつでも走れるのですが、鉄道側の準備がまだできていません。でも運行開始直前まで車庫に眠らせておくのももったいないということで、PRも兼ねて京都鉄道博物館で展示することになったそうです。

 「これから運行開始予定」の鉄道車両を博物館で展示するのは珍しいことです。そもそも四国から京都まで、どうやって運ぶのでしょうか。鉄道車両ならば、貨物列車として新型の車両を機関車に連結して連れてくる……のですが、そんな大掛かりで面倒なことはしません。線路も道路も走れる車両なのですから、道路を走って京都までやってきて、展示が終わったら、また京都から四国へ道路を走って帰るのです。面白そうだと思いませんか。

 ともあれ営業運行が始まったら、こんな「出張」は恐らくもうありません。京都では見納めになるかもしれないので、この機会にぜひ京都鉄道博物館へ見に行きましょう。営業運行する前にモードチェンジや鉄道線路の走行を見られるチャンスです。

 今回は、このDMVに興味を持ってもらえるであろう「いちばん分かりやすいDMVのお話」をお届けします。

DMVって何? 何がいいの?──「公共交通の革命」を起こす乗りものとして期待

 DMVは、列車とバスの「いいとこ取り」ができます。それぞれに10〜15秒でモードチェンジでき、線路上では鉄道車両に、道路上ではバスに変身します。

DMV 近未来の公共交通機関 "Dual Mode Vehicle" 「鉄道」モードから「道路」モードへ変身! 約15秒で完了する

 列車は交通渋滞がないため、定時運行ができます。一般道路よりも制限速度が高いため、スピードも上げられます。

 バスは街中の道路を走れます。病院、商店街、学校、住宅地など目的地の近いところで乗降できます。「バスで駅へ行き、列車に乗り換えて目的地の駅まで行き、その駅からバスに乗り換えて目的地に着く」といったよくある公共交通機関を使うルートでは「2回の乗り換え」が必要でした。DMVはこのルートを「乗り換えなし」で結びます。

 例えばこんなシーンです。「家の近くの停留所からDMVに乗り、途中で線路に入って鉄道をスイスイ走り、目的地の近くで道路に降りて、病院や学校など目的地のそばに到着」。マイカーで移動する感覚に近く、自分で運転する必要はありません。楽チンです。バスと電車、それぞれ個別に料金を支払う必要もなくなります。

DMV 近未来の公共交通機関 "Dual Mode Vehicle" 鉄道モードの後ろの車輪はガイド役。タイヤがレールに接地して駆動する。滑りにくいスタッドレスタイヤを履いている
DMV 近未来の公共交通機関 "Dual Mode Vehicle" 車内はバスそのもの。立ち席用のポールが路線バス仕様(阿佐海岸鉄道の許可を得て車両基地で撮影)

 このことは鉄道会社にとってもメリットがあります。DMVはマイクロバスの設計を基本としているため、鉄道車両より低価格で導入できます。点検作業も簡素化されます。鉄道車両より軽いので、線路の保守コストも下がります。

 便利で、運行費用も安く済む。赤字に悩む地方ローカル線や、その維持費を支援している自治体にとって、とても都合の良い車両です。

DMV 近未来の公共交通機関 "Dual Mode Vehicle" 先行して登場した現行の青いDMV(931形)、愛称は「未来への波乗り」。沿線は国内有数のサーフィンスポットとして知られている
DMV 近未来の公共交通機関 "Dual Mode Vehicle" ミドリ色のDMV(932形)、愛称は「すだちの風」。沿線はすだち、ポンカンなどかんきつ類の栽培が盛ん。この車両が京都鉄道博物館で展示予定である
DMV 近未来の公共交通機関 "Dual Mode Vehicle" 赤いDMV(933形)、愛称は「阿佐海岸維新」。高知県の英雄、坂本龍馬をデザインし、地域活性化の維新という期待を込めた
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」