コラム
» 2020年01月24日 10時30分 公開

「幅は1.7メートルだ。貴様は通れるか?」 最狭の険道「神奈川県道515号」、やっぱり絶対に通れなかった (2/4)

[少年B,ねとらぼ]

現れた超狭ゲート! そして本当に「極狭」の山道

 それにしても「最大幅1.7m」規制とは……! 道幅の頼りなさと反比例するように、物々しい内容の標識や可動式ゲートもズズン、ドバンとたくさん出現するようになります。

「これはやばい」と一目で分かる標識の数々 ついに「これはやばい」と一目で分かる標識の数々が出現

 県道515号は2019年10月に上陸した台風19号で被害を受け、2019年12月上旬まで通行止めになっていました。2020年1月現在は無事復旧。しかし横の道路情報板には「通行止め」標識が表示されたままでした。

 「連続雨量100mm以上 時間雨量20mm以上 その他異常時には全面通行止になります 神奈川県」と書かれた標識もありました。時間雨量20ミリとは、気象庁「雨の強さと降り方」によると、運転中に「ワイパーを速くしても見づらい」くらいの雨量です。つまり、比較的すぐに通行止めになることが伺えます。

標識は「通行止め」のまま 台風で受けた被害から無事復旧したものの、標識は直し忘れたのか「通行止め」のままだった
比較的すぐに通行止めになるぞ、という案内です そもそもここは、時間雨量20ミリ以上で全面通行止めになる
この場所での駐車は絶対にいけません 「絶対に」この場所に駐車してはいけません。なぜならば……

 駐車禁止の標識の下には「この場所は、車両の引き返しの場所です」と書かれています。

 そして現れたのが屈強な「幅1.7メートルの門番」! デデン! 以前紹介した県道518号の門番は幅2メートルでした(関連記事)。今回のは……2つの「幅1.7m規制標識」が目玉のようで不思議と愛嬌を感じてしまいますが、もっとやばいボスキャラクラス。県道518号が雑魚クラスに思えてきます(決してそんなことはない)。

左右についている「最大幅1.7m」の標識が危険度を物語ります わざわざ左右に付いている「最大幅1.7m規制」の標識
同行者に立ってもらいました。この狭さが伝わるでしょうか 立って手を広げてみた。狭すぎでしょ

 「そんな大げさに言ってるけど通れるでしょー。オレ運転には自信があるし」なんて軽い気持ちで行くと本当に危ないです。まー、幅1.48メートルの軽自動車ならば通り抜けるくらいはできるでしょう。でも、ですよ。前進するだけならばまだしも「すれ違い」が発生したらどうなると思います? 場合によっては、「1.7メートル幅で片側が崖の道を100メートルほどバックで戻らなければならない」可能性があるのです。考えただけで「ひっ」となります。

片側はむき出しの岩肌、反対側は崖です 片側はむき出しの岩肌、反対側は崖です

 この道は名手集落に住む人々の大切な生活道路。約100メートルおきに退避スペースがあるのが救いです。しかし、それにしても決して大きな余裕はありません。

 退避スペースには「退避所につき駐車絶対禁止」と書かれた標識があります。「絶対」。行政が設置したとは思えないほどに強い口調の注意です。同時に次の退避所までの距離もわざわざ明示されています。他の道では見ることのない「ていねい」さ。それがこの県道515号の「最強、いや最狭(さいきょう)っぷり」を物語っていると言えます。

退避所とは言え、1.5車線幅しかありません 100メートルおきに簡単な退避スペースがある。でも最低限の1.5車線幅しかない
「駐車絶対禁止」。こんな表現を他で見たことがありません 「駐車絶対禁止」。こんな強い表現、他で見たことがないくらいだが、その理由は分かっていただけると思う
中には標識が根元から折れている箇所も あああ……根元から折れていた標識も。無茶、無理して通ったせいだと思われる

擦り傷だらけのガードレールが激狭っぷりをさらに物語る でも津久井湖を臨む景色は超きれい……

 県道515号は津久井湖の湖畔を高度を上げていくように通る道です。ところどころに眺めがいい場所があります。もっとも、クルマだとそんな余裕はないでしょうが……。

完全1車線の道を高度を上げて進む 完全1車線の道を高度を上げて進む
津久井湖が所々見えます。深い青色がきれい 津久井湖がところどころに見えます。深い青色がきれい

 何せ、約100メートルおきにある退避スペース以外はクルマの幅とほぼ同じ完全1車線。カーブはもちろん、曲がりながら登ったり下ったり。まるでジェットコースターのようです。

 最狭箇所のガードレールにはドライバーの焦りと苦労、そして無念と後悔を示す擦り跡が無数にありました。

最狭箇所がこのカーブ。ガードレールには無数の擦り跡が 最狭箇所がこのカーブ。ガードレールには無数の擦り跡が
どれだけのクルマがここに擦ったのでしょうか…… どれだけのクルマがここに擦ったのだろうか……
ガードレールの支柱も2本新しくなっている。大規模な崩落だったことが想像できる ガードレールが新しくなっていた。ここは台風19号の影響で崩落したが、無事復旧された場所。整備に感謝
電信柱も埋もれていたようです 電信柱にここまで土砂で埋まったと思わしき跡があった
看板にはいまだ旧「津久井町」の文字が 看板には旧「津久井町」の文字が

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた