レビュー
» 2020年04月05日 12時00分 公開

新型コロナの影響でリモートワークに 同棲“エンジニア”カップルの働き方が早くも同人誌に司書みさきの同人誌レビューノート

スピード感ある。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 桜咲く季節。春から新生活を始める方はもとより、ここのところ何かと落ち着かなく、暮らしのリズムや環境がぐぐっと変わった方も多いのではないでしょうか。お仕事を、急きょ自宅で行うようになったお話もよく聞くようになりました。今回は、早速そんなリモートワークのエピソードをまとめられたご本です。

今回紹介する同人誌

『ねこはうす通信創刊準備号』 24ページ 表紙・本文カラー

著者:のりこ


同人誌 図書館 司書 ぱかっと笑顔のねこさんがかわいい

同棲しているカップルが両方リモートワークになった話

 作者さんはおよそ15年ほど前からリモートワークの経験のあるエンジニアさんです。そして2020年2月、同棲しているお相手の方もリモートワークに突入。「ええ! この狭い家でどうしろと!」と困惑しつつもお2人のリモートワーク生活がスタートします。

 主に使ってみた道具のことや、お互いの過ごし方についてかわいくポップなマンガで描かれ、後半には作者さんの長いリモートワークの経験も文章でつづられています。

同人誌 図書館 司書 ある日、2人ともリモートワークに

あるある! ありそう! が生み出す和やか空気

 話題は決してシリアスではなく、机はどうしよう? 使い心地は? と言った、はじめてのリモートワークでのちょっとしたエピソード集となっています。

 例えば「自宅に居ながら会議に参加する際、もう一人はどうしていたらいい?」問題。片方にたまたま外出する用事があればいいけれど、普通に隣にいたら会議の中身を聞いてしまうことに……。そんなときお2人が採った解決方法は「ヘッドフォンをして大音量でメタル音楽を聞く!」。お相手の方も「えっ」と驚きつつも結局のところこの方法を実施中とのこと。こういう場面って自分は体験していなくても、その事態が簡単に想像できますし、実体験をもとにしているから、日常に即した解決方法がリアルで腑に落ちます。

 ご本は「これ一冊でリモートワークがスタートできる」という教本タイプではありませんが、ほんわか絵柄のままに、自宅での仕事を馴染ませていく様子を和やかに追うことができます。何か物事を知ろうとするときに実際のノウハウが役に立つのはもちろんですが、何気ないちょっとした「そうそう、そうなんだよね」「ああ、こういうことって起こるんですね」とうなずくような「あるある」の気持ちに一緒になれるのも、新たな環境に戸惑う折りの一つの安らぎになるのではないでしょうか。

同人誌 図書館 司書 環境づくりは大切ですね

まとめる即効性と、手にする楽しみの両立

 こちらの作品はダウンロード版のみ、なんと無料で公開されています(詳細は以下の「サークル情報」にて)。線のはっきりした読みやすい絵柄のマンガは小さなスマホの画面に読むのにも向いていました。多くの方が新たに取り組むことになった事柄に向け、ご自身の経験を生かしてスピーディーにまとめられた即効性に拍手を送りたいです。そして今後はITエンジニアさん向けの話題を中心にした『ねこはうす通信創刊号』を紙媒体の同人誌でも予定されているとのこと。また同人誌即売会で出会うのを楽しみに待ちたいです。

同人誌 図書館 司書 長いリモートワーク歴のお話も参考になります

サークル情報

サークル名:ねこはうす

Twitter:@noriko_ro

入手できる場所:技術書典応援祭(2020年4月5日まで)、BOOTH



今週の余談

 急に忙しくなった方、のんびりすることになった方、気持ちが落ち着かない方……どうぞ自分を甘やかしてあげてくださいね。少し暖かくなってきたので、冷たい飲み物もおいしいですし、この時期に熱いお茶を味わうのも良いものですよー。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声