ニュース
» 2021年01月17日 12時00分 公開

RPGに出てきそう 独自の世界観で架空の土偶を描いた同人誌『土偶怪物図鑑』司書みさきの同人誌レビューノート

土偶兵や土偶生物など36体が登場。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 一年のはじまりの月、今年はどんな年になるかなとあれこれ計画が脳内を巡ります。去年は、今年は、5年後は……と巡る脳内を、今回の同人誌は軽く飛び越え、うーんと昔、縄文時代の表現がもとになった同人誌です。

今回紹介する同人誌

『土偶怪物図鑑』A5 16P 表紙・本文カラー

著者:犬箱


同人誌 図書館 司書 この見たことのあるような土偶にも実は魔法の力が……!?

謎×謎。土偶に不思議な力が宿ったら

 こちらのご本は、縄文時代の土偶をもとに架空の新しい土偶を描いた同人誌です。作中には土器という名称も出ますが、基本的に器の形をしたものではなく、どれも生き物の形を模した形です。

 ページを開くと土偶たちは「土偶兵」「土偶生物」などに分類され、「魔法により土から生み出された土偶兵士」や「土偶なので食べられない」などの特徴がそれぞれに記されています。しかし冒頭から世界観の解説は一切無し! 文をたどると、どうやら魔法がある世の中で、これらは土から作られている怪物らしいというのが分かります。見たことのある形ほとんどそのままに「空に浮いて移動を行う」と解説が添えられているものもあれば、これは発掘されたことありませんよね!? なオリジナリティーのある造形まで、36体が掲載されています。

 土偶兵士は何と戦っているのか、その世界に人間はいるのか、そしてこれらの土偶を作ったのは誰なのか……不明です。ですが、不明なのに、「おお、なんかカッコいい」「あっ丸っこくてかわいい」と楽しめてしまう不思議。詳細は分からない、けれどデザイン面白い! これって、土偶そのものと共通する事項のような気がしてきました。

同人誌 図書館 司書 きりりとした造形は確かに戦士っぽいかも?

“らしさ”とはなにか。土偶のイメージを楽しむ

 土偶が作られたとされているのは縄文時代、その役割や造形が意図するものについてはいまだ諸説あるそうです。ざっくりさかのぼって縄文時代と一言に言っても1万年以上続いていることを考えても、きっちりと確定させるのはさぞ難しいでしょうねぇ、と遠い目になります。

 このご本を読んでいると“土偶っぽい”という印象が、たくさんのページから感じられます。使用目的も形の意味も分からないのに、土偶らしいとは? 今まで考えてもみなかった“らしさ”はどこからやってくるのか。限られた色でまとめられた新土偶たちの姿と、謎めいた解説を読んでいくと、不確かな、けれど魅力ある土偶のイメージに漂っているような楽しさを感じます。

同人誌 図書館 司書 愛嬌(あいきょう)のある動物土偶も。もしかしたら今後、こんな形の土偶が発掘される可能性も?

縄文時代からやってきた感動をアウトプットする

 作者さんは2018年に開催された土器の展示会を見てこのご本を書くに至り、土器や縄文時代を専門にされている方ではないようです。展示会をきっかけにインスピレーションが湧き、自分の想像を加えてアレンジしたものを表現として生み出す。作品は同人誌にされたり、ネットで公開もされています。作者さんがたくさんの土偶たちを考えたこともすごければ、一つの展示から、新しい発想を羽ばたかせて同人誌という表現につながったこともすごいと思うのです。

 長い長い時を超えて、縄文時代から現在へと、わくわくする土偶の魅力がリレーされていることもうれしく思いながら読んだのでした。

同人誌 図書館 司書 妖怪もいるらしい!

サークル情報

サークル名:猫箱工場

Twitter:@kadokurayasushi

pixiv:https://www.pixiv.net/users/3136220

次回イベント参加予定:コミティア135(申し込み済)



今週の余談

 土器ってクッキーに向いていそうと思って少し調べたら、クッキー型はもちろん、衣類や文具などたくさんのグッズが見つかりました。長い時を経てわくわくさせてくれる形、すごいです。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」