ニュース
» 2015年03月16日 15時03分 UPDATE

「カマンベールチーズ」がアルツハイマー病予防に

アルツハイマー病の原因物質「アミロイドβ」の沈着抑制が確認されました。

[太田智美,ねとらぼ]

 患者数の増加により、現在社会的な問題にもなっているアルツハイマー病(認知症の種類の一つ)。しかし、その問題に「カマンベールチーズ」が歯止めをかけるかもしれない。アルツハイマー病の原因物質の沈着を抑える成分が、カマンベールチーズに含まれることが発見されたと3月12日に発表された。


画像

 この研究は、東京大学大学院農学生命科学研究科の中山裕之教授らの研究グループとキリン基盤技術研究所、および小岩井乳業の共同研究。アルツハイマー病の症状を再現したマウスにカマンベールチーズから調製した餌を摂取させた結果、アルツハイマー病の原因物質「アミロイドβ」の沈着が抑制され、脳内の炎症状態が緩和されたという。また、その有効成分の一部として「オレイン酸アミド」と「デヒドロエルゴステロール」がカマンベールチーズに含まれていることも今回初めて明らかとなった。


画像

 現在認知症患者は日本で約460万人、世界では約2400万人。具体的なメカニズムの解明や将来的な認知症予防への貢献など、今後のさらなる研究に期待が寄せられている。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー