見逃せない萌え萌え作品はまだまだあるぞ! 女の子が満載の夏アニメを要チェック!!今日は何の日? 萌え曜日!

やっぱりあの人のツンデレボイスは最強か!? いやいや、美少女化した三国志だって、メカ少女だって熱いんです!! 前回に引き続き、夏期新番組アニメのオススメ3作品をご紹介!

» 2008年07月15日 00時00分 公開
[雛見沢秀一,ITmedia]

キーワードは“釘宮ボイス!”“美少女三国志!”“メカ少女!”

 アニメ紹介の記事を書くたびに、高画質で見ることができる環境が欲しくなる雛見沢ですこんにちは。ウチのテレビはいまだに箱形ですがなにか?

 さて、前回紹介しました萌えアニメ3作が放送を開始していますが、ご覧になりましたでしょうか? 過激なサービスシーンの多いあのアニメや、実写さながらの背景が特徴的なこのアニメなど、インパクトのある第1話で度肝を抜いてくれましたね!

 今期萌えアニメの大本命は「ゼロの使い魔」第三期かもしれませんが、“これは萌える!”と思える作品はまだまだあります。てなわけで今回は、「ゼロの使い魔」を含めた後半3作品をバシッと紹介しちゃいますよ!

「ゼロの使い魔 〜三美姫の輪舞〜」

画像

 「ゼロの使い魔 〜三美姫の輪舞〜」は、異世界“ハルケギニア”で立派な魔法使いとなるべく、魔法学院へと通う貴族の娘・ルイズと、使い魔召喚の儀式によって“ハルケギニア”へと召喚された高校生・平賀才人の、共同生活を描いたアニメシリーズ第三期。MF文庫Jから発行される原作は14巻まで発売されており、累計320万部を突破する人気ライトノベルです。

 本シリーズでは、第二期最終回で登場した爆乳ハーフエルフ ティファニアや、新キャラクターであるタバサの妹 イルククゥなど、才人を賭けた恋のバトルに名乗りを上げる美少女たちが、続々登場。ルイズと才人の進展しそうで進展しない(若干してる?)恋の行方が、第三期ではどうなっちゃうのか気になります。

 また、「ゼロの使い魔」といえば釘宮理恵さん演じるルイズのツンデレボイスを忘れちゃいけません! “この犬!”や“バカじゃないの!?”をまた聴けるのかと思うと、全国のドMな方にはたまらないのではないでしょうか。僕もたまりません

画像画像画像 (c) 2008 ヤマグチノボル・メディアファクトリー/ゼロの使い魔製作委員会

「恋姫†無双」

画像

 「恋姫†無双」の原作は美少女ゲームブランドのBaseSonが発売したPC向け美少女ゲームで、“武将たちが美少女化した三国志”という設定を楽しめることで話題を呼んだ作品。関羽や張飛といった武将たちが巨乳のお姉さんロリっ子として描かれており、美少女武将たちによるくんずほぐれつの歴史的大合戦が楽しめます。

 物語は、PCゲーム版とは異なるアニメオリジナルのシナリオ展開で、原作ファンも十分楽しめるようになっています。原作では魏・呉・蜀の各将に加え、董卓や袁紹率いる軍団など、膨大な数の美少女武将が登場していましたが、アニメではどれだけの武将が登場するのか気になるトコロ。個人的には、メガネっ子でボクっ子の賈駆たんがいれば無問題です。

 美少女化した歴戦の武将たちに萌えられ、さらには熱い大河ドラマにも燃えられるという、いわば一粒で二度おいしく楽しめる作品です。

画像画像画像 (c)BaseSon・恋姫無双製作委員会 2008

「ストライクウィッチーズ」

画像

 “ストライカーユニット”と呼ばれる飛行機械を足に装備した少女たちが、大空を舞台に異形の敵“ネウロイ”と闘うアニメ「ストライクウィッチーズ」。これまでにマンガや小説、フィギュアに加えOVA化もされている人気シリーズで、「スカイガールズ」や「武装神姫」などのキャラクターデザインを手がけたイラストレーター・島田フミカネ氏が原案を担当しています。

 本作の萌えポイントは、戦闘になると魔力の関係で少女たちの耳とお尻にケモノ耳&しっぽが生えてしまい、これまた魔力の関係で少女たちだけズボンを穿いていない(男子やお婆ちゃんは穿いてる)。もうね、魔力万歳!

 また、少女たちが扱う“ストライカーユニット”は実在する戦闘機をモチーフにしていたり、各ヒロインの名前が、戦争で活躍していたエースパイロットの名前をもじっていたりと、所々でミリタリーファンの心をくすぐる所もツボ。

 今夏上映の映画「スカイ・クロラ」では、押井守監督が描く空戦に燃えることができるが、こちらでは、“メカ少女”の雄・島田フミカネ原案による空戦に萌えることができちゃう一品なのです。

画像画像画像 (c)2007 第501統合戦闘航空団


 前回と合わせると計6作品紹介した夏期新番組アニメ。エッチなシーンの多いアニメがなにやら目立つのは僕の趣味だから、という理由だけではないはず。夏が近づくとやっぱり開放的になっちゃうんでしょうかね!

 また、ライトノベル、PC美少女ゲーム、マンガやOVAなど、原作のある作品やメディアミックスを果たしている作品が多い。そのため、アニメを入り口にその作品にハマる、なんてことができます。

 個人的に、夏期萌えアニメの中では「ストライクウィッチーズ」を一番に推しますが、みなさんはどうでしょう? 今回紹介した中に“コレは萌える!”といった作品はありましたでしょうか。興味がある萌えアニメがあれば、ぜひ見ていただきたいと思います。僕も引き続き、箱形テレビで見ますよ!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」