意外に死なない!? 「みんなでスペランカー」を触ってきた日々是遊戯

「TGS 2008」のアイレムブースで、初公開となるプレイアブルバージョンが出展されていた、PS3専用ソフト「みんなでスペランカー」。ちょっと今さらですが、会場で実際に触ってみた感想をお届けします。

» 2008年10月20日 20時08分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

先生は相変わらずですが、ちょっと親切になってる印象

 10月9日から12日にかけ、幕張メッセにて開催された「東京ゲームショウ2008」。その会場で、PLAYSTATION Store専用ソフトとして25年ぶりに蘇ることが決定したPS3「みんなでスペランカー」を触ってきた。

 今回出展されていたのは、ステージ1のみプレイ可能なお試しバージョン。グラフィックは昔ながらの「クラシックモード」と、よりリアルに進化した「リニューアルモード」の2種類から選択することができ、最初はとりあえず見慣れた「クラシックモード」を選んでみた。

 そしていざ、洞窟探検へ! 開始直後、お約束とは思いつつも、つい衝動を抑えきれずゴンドラから一歩足を踏み出してみる。次の瞬間、耳慣れたジングルとともにさっそく1人目死亡。ああっ、やっぱり死んだ! それでこそスペランカー先生!

 相変わらずの虚弱体質ぶりに安心(?)したところで、2人目からは真面目にプレイすることに。ゴンドラ、ロープ、トロッコ、コウモリ、ガス……見慣れたトラップに注意しながら、今度は慎重に洞窟内を進んでいく。幽霊は距離を取ってマシンガンで撃破。コウモリには途中で拾ったフラッシュ弾をお見舞いする。そして最後はお約束、後ろから転がってくる大岩から逃げつつゴールへ向かってまっしぐら! ――って、慎重に進みすぎて普通にクリアしてしまった!! とりあえずステージ1では最後の大岩以外に新しい仕掛けはく、またトラップの配置もファミコン版ほどいやらしくはないため、かつてほど「すぐ死ぬ」ゲームではなくなっている印象。ちょっと意外かもしれないが、「案外死なない」というのが今回体験してみての正直な感想だった。もっとも、全部で100面まであるらしいので、後半はどうなっているか分からないが……。

 その後リニューアルモードでも遊んでみたり、わざといろんな「死に方」を試してみたりして気付いた点としては――

  • 時折出現する巨大ゆうれいは、マシンガン1撃では倒せない
  • リニューアルモードでは、死に方によってやられモーションが変わる
  • 怪しげな行き止まりで爆弾を使うと、壁が崩れてダイヤモンド(取るとスコアアップ)が出てくることがある
  • オプションで「ロープアシスト」をONにすると、ロープ渡り中に左右を押してもロープから落ちなくなる

 ――といったところ。特にロープアシストの効果は絶大で、これひとつで難易度が一気に下がるので、アクションが苦手な人は活用してみてもよさそう。残念ながら今回のバージョンでは、本作の特徴のひとつである「マルチプレイ」は体験できなかったが、製品版ではしっかり4人プレイ可能とのことなので、こちらも期待したいところだ。

 ということで以上、ちょっと今さらですが「みんなでスペランカー」プレイリポートでした。日々是遊戯(というか筆者)では、これからもアイレムとスペランカー先生を応援していきたいと思います。

体験版をプレイするともらえた「みんなでスペランカー缶バッジ」。ついでに「絶体絶命都市3」バッジも
もともとはエイプリルフールのネタとして発表されたのが最初。まさか本当に作ってしまうとは……
ブース内で配布されていた情報誌「アイレムぶるるん」にも「みんなでスペランカー」の情報が!

(C)Tim Martin
(C)2008 IREM SOFTWARE ENGINEERING INC.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」