ラーメン二郎に行きたい女子は多い!? 秋冬は心も身体も温まる「ラーメンデート」に出かけようモテ機 Vol.27

だんだん寒くなってきた。この季節にはラーメンデートなんていかがだろうか。カロリーが気になる女子たちも「たまにはラーメンを食べたい!」と思っている。季節を味方につけて誘ってみよう。

» 2012年11月12日 10時00分 公開
[池田園子,ITmedia]

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。


 「夜遅くにこってりしたものなんて食べちゃダメだ」と頭で分かってはいても、お店の前を通るとつい誘惑に負けてしまいそうになる。だって寒いんだもん……。わざわざ家から出て近所に食べに行ってしまうことも時々ある。こんな私だけではなく「ラーメン好き女子」は多いみたい。デートの1コンテンツとして、ラーメンを食べに行くというのもアリ。今回はラーメンデートに使えるアプリをご紹介する。

「ラーメン好き」度の高さが伝わるアプリ

 最もベーシックなラーメン屋検索アプリといえば「麺通」だろう。ラーメンを愛する者たちが多く集まったラーメン口コミサイト「麺通」がアプリになった。現在地や地図、「とんこつ」「しょうゆ」といったラーメンのジャンルから、ラーメン屋を絞り込んで検索することもできる。サイト版の口コミをそのままチェックでき、スープの種類や味の濃さ、麺の太さ、脂の量なども詳しく分かる。

 星の数で評価が分かれているのだけれど、星3つが「わざわざ食べに出かける価値あり」、星2つが「常連になりそう」、星1つが「旨かった」となっていて、ラーメンデートで行こうか行くまいか、判断の基準にしやすい。気に入ったラーメンやお店があれば、お気に入り登録することもできる。ラーメン用語を調べられる「ラーメン知識一夜漬け」も100語収録されていて、暇な待ち時間をつぶすのに使えるかも。女子に聞いてみたところ「このアプリを使っていると、純粋にラーメンが好きなんだなとほほえましく感じる」「お気に入りに登録がたくさんあったら、ラーメンのことならこの人に聞いちゃおうと思ってしまう」など好意的な意見が多かった。入れておきたい基礎的なラーメンアプリだ。

ラーメン二郎に行きたい女子は多い

 続いて紹介するのは「ラーメン二郎」の店舗や行列の情報を調べられる「ジロリアン」。女子とラーメン二郎はミスマッチだと思っている男子、それは大きな間違いだから正してほしい。ラーメン二郎を1つの“聖域”のようだと感じている女子は多い。敷居が高くて入るに入れず、20〜30年生きてきたという女子もいる。いつも男子ばかりの行列ができていたり、トッピングのオーダー方法が分からなかったりと、初心者は踏み込めない場所なのではと思わせる要素がいくつもあるからだ。

 特別感があって気になるのに入れない――これは切ない状況。だからこそラーメン二郎に興味を示す女子がいれば、すかさず「ちょっと体験してみる?」と誘うべき。おなじみの行列がタイムリーに表示されているので、あまり待ち時間のなさそうな店舗を選んで行くことができる。ラーメン二郎に関するツイートが見られるのも楽しい。初めて来店するという人のための「二郎マニュアル」もついていて、至れり尽くせり感のあるアプリだ。「ほかのラーメン屋には行けても二郎は1人ではちょっと行きづらい」「行列をチェックできるのはいいですね。あまり待ちたくないからうれしい」と話す女子は多かった。インストールしておくべし。

メニューへのちょい足しでより美味しく!

 最後に紹介するのは「ちょい足しレシピ!」。ラーメンやカレー、丼物などで皆がしたことのある「ちょい足し」が紹介されている。ラーメンに関してはインスタントラーメンやカップ麺へのちょい足しがメインだが、一般のラーメンに使えるテクニックもありそうなので、ぜひ試してみてほしい。ただ手当たり次第にいろいろな調味料を入れすぎるのは避けて。味の分からない人だと思われて終わってしまう。「このラーメンには●●」というように、自分のポリシーを一貫して持ったちょい足しをしていれば、「独創的な人」「ユニークな人」「食を大事にする人」というように女子からの評価アップ!

 外だけではなく家でラーメンを作るときにも使えそうだ。料理のできる男子は誰でも4割増しになるから挑戦してほしい。「アプリを取り出さずに、さり気なくちょい足ししてほしい」という女子の意見が多かった。定番のちょい足しを自分の頭の中へ「データベース化」しておいていただきたい。

 ラーメンは日常的な食べ物なのだけど「ちょっと遠出して千葉の●●まで行こうか」なんて話になるのがフシギ。実はイベント感のある食べ物なのだと思う。秋冬ならではの熱々ラーメンデート、楽しんできてちょうだい!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」