土鍋男子、タジン鍋男子……女子力の高い「おうちde鍋男子」を婿候補に任命したいモテ機 Vol.30

鍋料理の恋しい季節になった。お店に行くよりも自宅でワイワイと楽しみやすい鍋こそ、ふたりの距離をぐっと縮めてくれる優秀ディナーだ。

» 2012年12月03日 11時44分 公開
[池田園子,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。


 季節はすっかり冬。おうちデートで鍋なんていかがだろうか。一緒に作る「共同作業」感覚も楽しめる。とはいえ、最近はどんな鍋が人気なの? リクルートライフスタイルが「HOT PEPPER」11月号で、20代から30代の男女1044人を対象に行った「みんなの食べたい鍋ランキング 2012」が参考になる。「合コンで食べたい鍋ランキング」では1位に寄せ鍋(119票)、2位にしゃぶしゃぶ(118票)、3位にトマト鍋(80票)、4位に鶏の水炊き、(79票)、5位にすき焼き(67票)が入っている。基本的には野菜をたっぷり使った、シンプルな鍋に挑戦したいところだ。

「土鍋deごはん男子」を嫁にしたいと感じた

 では、どんな鍋アイテムを持っているとモテるのか。確実に女子ウケがいいのは「土鍋」。1家に1台、いや1人1台の時代ですよ、と言い切ってもいいでしょう。保温性が高いことで知られている土鍋だが、キッチンにちょこんと置いてあるのを見つけただけで「お主、やるな?」とニンマリしてしまう。土鍋=料理のできる男子に見えてくるから不思議なものだ。過去に、土鍋でごはんを炊いてくれる男子がいた。鍋が終わったあとの雑炊に使うのだけど、笑ってしまうくらい、めちゃくちゃおいしい。「コイツを嫁にしたい(このときは「婿」じゃなくて嫁)」と思ったくらい。

 「なんとなくカッコいいから土鍋買っちゃったよ」という土鍋初心者男子もかわいいと思う。「土鍋買ったんだけど、どう使えばいいか分からないんだー。てへへ」と年下男子風にモジモジしてみると、女子から救いの手を差し伸べられるはずだ。「料理に関して向上心のある男子」として認定され、一瞬で彼氏候補へと格上げされる。女子から教えを請ううちに仲良くなれるだろう。ただし、土鍋は取り扱いを慎重にすべきアイテムでもある。外側が濡れている時に火にかけると、割れる可能性があるので注意。土鍋が乾くまでは火にかけないようにしてほしい。

女子力の高さが浮き彫りになる「タジン鍋」

 少し前から女子の間でブームの「タジン鍋」もモテ鍋アイテム。北アフリカ・モロッコの伝統的な鍋で、一度は目にしたことがある男子もいるのでは。円錐形のユニークな形をしたふたは、素材から出る水分を鍋の中で効率的に循環させるためのもの。少ない水分で調理できるので、蒸し焼きなどの料理に向いている。油の少ないヘルシーな料理が作れることで、女子ウケは抜群だと心得てほしい。昔の彼氏に「野菜をたくさん食べたい。でもダイエット中なので油はあまり取りたくない」とワガママを言ったときに、タジン鍋を使って鍋料理を作ってくれた。当たり前のようにタジン鍋を取り出し、手早く動いてくれる姿にキュン。女子のツボを心得ていますなぁ、と改めて彼を見直した瞬間でした。

 女子の意見を聞いてみると「煮ると水に栄養分が溶けちゃうから極力水分少なめでできるのがいい」「タジン鍋を使う男子は男子力というより女子力が高くて気が合いそう」などとかなり好感度高し。女子が求めているのは男子が持つやわらかな女子力。料理を作れるとか、細やかな気配りができるとか、そういった女子的な能力のことですね。ということで、タジン鍋も持っておくと決して損はしないアイテムに認定。

「仕切り付き鍋」にはエンタメ性の高さが現れる

 最後に紹介するのは、お店へ鍋料理を食べに行くとよく目にする、仕切り付きの鍋。1台あれば同時に2つの味が楽しめる点が魅力的だ。「あれもこれも楽しみたい」という女子にはウケがいい。人気のトマト鍋をするにしても、片側ではベーシックなトマト鍋、逆側では海鮮トマト鍋など、微妙に違う鍋を展開しても楽しいのではないだろうか。複数人の男女で自宅鍋会をしたときに、そういった工夫をしてくれる男子がいて、女子全員で萌えまくったことを覚えている。「付き合うと幸せだろうね」「もしかして○○子、彼狙ってる?」などという女同士の争いが水面下で行われたことも追記しておこう。エンタメ性の高さを伺わせる仕切り付きの鍋は、「付き合うと面白い」「工夫を怠らない」「1つで2倍楽しい」を思わせる重要なアイテムなのである。

 鍋こそ究極の恋愛ツール。効果的に用いて、この冬、気になる女子を落としちゃって!

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、すべてのおうちde鍋男子がモテるとは限りません。

関連キーワード

| モテ機 | 男子 | 女子 | デート | 料理


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news010.jpg 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
  2. /nl/articles/2404/09/news079.jpg お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  3. /nl/articles/2404/11/news030.jpg 夫婦ゲンカ翌日の“やり返し弁当”、白飯に「バカ」だけと思いきや…… 「仕返し最高です」「めちゃめちゃおもろい笑」
  4. /nl/articles/2404/12/news017.jpg ダイソーのバケツでオクラを育ててみたら…… 最強の省スペース栽培に「今年の夏は是非やってみます」「すごい!すごすぎます!」
  5. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  6. /nl/articles/2404/11/news026.jpg 庭に直植えして大後悔した巨大木の伐採を、YouTuberにお願いしたら…… 流血沙汰の結末に「色々と考えもんだなぁ」「あんなんなるんだ」
  7. /nl/articles/2404/09/news009.jpg “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  8. /nl/articles/2404/11/news095.jpg カビ・石けんカス・水アカはどの順番で落とせばいいのか―― プロが教えるお風呂掃除が参考になる「見事です!」「感動しました!」
  9. /nl/articles/2404/12/news009.jpg 猫素人だった息子と、元野良猫が出会って3年…… 徐々に距離を縮める様子に「ジーンとしました」
  10. /nl/articles/2404/12/news015.jpg 万能「ストライプシャツ」の“コレジャナイ感”を解決するには…… 印象激変の着こなし術に「できそう!」「ちょっとした工夫ですね」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」