ニュース
» 2016年12月19日 17時30分 公開

恋愛・婚活サービスにおける“盛られた”写真と現実のギャップを埋める研究が発表 写真を少しずつ現実に近づけて慣れさせる

人間は大きな変化でも、ゆるやかに起きた場合は認識しにくいことを利用し、少しずつ現実の姿を相手に認識させるそうです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 婚活サービスで紹介された相手と会ってみたら、プロフィール写真が“盛られて”いて、現実の顔と違った――そんなケースを解消しうる研究が進んでいます。ざっくり説明すると、実際に会うまでに盛られた(加工された)プロフィール写真を少しずつ現実に近づけ、相手に慣れさせる仕組みです。


イメージ 従来のシステム(上)と、Diverse技術研究所が研究・開発したシステム(下)のイメージ。出会った相手がプロフィール写真と全然違った場合は悪印象になりうるが、少しずつ時間をかけて現実の姿を認識してから会えば、ギャップが緩和されて円滑な交流ができると見込まれる

 恋愛を学術的に研究するDiverse技術研究所と津田塾大学、北陸先端科学技術大学院大学により、WISS 2016(24th Workshop on Interactive Systems and Software 2016)で発表されたもの。研究チームは、大きな変化でも少しずつであれば、人間はさほど変化を認知できない「Changing Blindness」現象に着目。そこから、加工画像がもとでコミュニケーションが始まったとしても、画像を徐々に加工前の状態へ戻していけば、実際の対面時に相手へのギャップを緩和させられるとの仮説を立てました。

 そして実証のため、女性被験者から提供された自撮り写真をもとに、加工後から加工前の状態へ、30秒で変化する動画5秒で変化する動画を作成。それぞれを男女5人ずつ・計10人の被験者に、事前に顔のどこかが変化することを伝えたうえで見せ、変化した点を適切に回答できるか調査しました。


いわゆる「アハ!体験」のように、顔の変化した部分を探す実験用動画。こちらは30秒で変化するバージョン
5秒で変化するバージョン

変化 変化した部分を可視化した画像。黒い部分は変化なし、赤は若干の変化、黄色は大きく変化した部位を示している

 実験の結果、1人あたりの平均正答数は7箇所の変化に対してわずか1.2箇所。男女別の集計でも性差はみられなかったそうです。これにより、加工の度合いにもよるとはいえ、人間の顔画像を加工後から加工前へ変化させたとしても、閲覧者は気づきにくいことが判明。また、目鼻などのパーツを加工した場合は、輪郭を加工し小顔にするよりも変化に気づかれやすい可能性があるそうです。


30秒結果 30秒バージョンの正答率

5秒結果 5秒バージョンの正答率。30秒バージョンよりも高いが、その差はわずか

 Diverse技術研究所は、最終的に研究をデーティングサービス(※)に利用するとコメント。実践では実験動画よりも長く、数日かけて画像を変化させるそうです。今後は徐々の変化が相手に与える印象への影響や、デーティングサービスを想定したコミュニケーションツールの開発など、実サービスを想定した研究を進めていくとしています。

※海外における恋愛・婚活支援サービスのこと。主にオンラインのサービスを指す

 「そんなまわりくどいことをするくらいなら、最初から盛らなければいいのに」と思われるかもしれませんが、第一印象が良いほうが、出会いの機会は生まれやすいのも事実。きっかけはどうあれ、少し時間をかけて互いに相手の姿を認識してから会えば、先入観にとらわれず円滑な交流ができるでしょう。それが良縁となるかは中身次第ということで。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/23/news039.jpg 梅宮アンナ、娘の20歳バースデーに“姉妹のような親子”ショット 2002年にアメリカで出産「あれから20年かぁ」
  2. /nl/articles/2201/23/news005.jpg 雪道で「ルンルン♪」と木の棒を運ぶワンコ→次の瞬間 雪が落下するハプニングに混乱!!【ノルウェー】
  3. /nl/articles/1903/17/news030.jpg 武田久美子、離婚した米国人夫との写真公開 “日にち薬”の効用か「隣に居ても何とも思わなくなりました」
  4. /nl/articles/2201/23/news006.jpg 和尚様「この水あめは子どもが食べると毒」 → クロマトグラフで分離分析 全て数学で解決する漫画“理系一休さん”が頓知ゼロ
  5. /nl/articles/2201/23/news024.jpg ガンプラが品薄で買えないならランナーで作ればいいじゃない→できあがったガンダムが不思議と本物に見える
  6. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  7. /nl/articles/2201/23/news032.jpg 武田久美子、皮膚科医を目指す娘と2ショット 親密な姿にファン「姉妹にしか見えん」「憧れます」
  8. /nl/articles/2201/23/news013.jpg 【漫画】「パニック発作でバスに乗れない」とタクシードライバーに打ち明けたら…… 優しく愛あふれる言葉に涙した話
  9. /nl/articles/2201/22/news028.jpg 「中がホテルみたい」 チュート徳井、自慢のハイエース「おじキャン仕様」を披露「ハイエース乗って人生変わりました」
  10. /nl/articles/2001/14/news135.jpg つるの剛士ショック! 保育士免許取得に向けて勉強を始めるも受験資格満たせず 「受験資格をみて愕然…」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」