連載
» 2017年12月23日 11時00分 公開

「分裂」する現代クイズ番組と、『高校生クイズ』35年目への挑戦 〜『国民クイズ2.01』としての現代クイズ概論〜(9/9 ページ)

[伊沢拓司,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7|8|9       

 何が行われるかを想像することは非常に困難な作業だが、もしその「改革」のみが決まっているのだとしたら、今回の第37回で実験的な企画が行われることはスジの通ったことであろう。

 海外路線で行われたココ5回の視聴率は伸び悩み、平均視聴率では2度のひとケタ代をこの範囲で記録している(33回と37回)。時代の波やこれまでの流れが影響しているとはいえ、改革が成功していないことは、少なくとも視聴率的には明らかになってしまった。

 次なる一手への準備は、早いほうが良いだろう。

 ここまでの話を総合すると、第37回は「改革の第一歩」であり、その手段として「エンタメとスポーツのハイブリッド」を目指した、という仮説が立つのではないか。

 仮説はあくまで仮説だが、何も考えずに「今年はつまらなかった」「問題レベルが低下した」と述べるよりはよほど価値のあることだろう。

 個人的には、クイズブームのため、クイズ番組のために、このような「融合」が試みられることは意味があると考えている。閉塞感のある状況を打破してくれるものだからだ。

 いまこの2017年がクイズブームの最中であることは先に述べたが、ブームなんていつ終わるか分からない水物である。ブームが去ったときの、何をやっても動かない壁に囲まれている感覚を僕は知っている。というか僕も商売上がったりなわけで困っちゃうのだ。

 もし来年、このハイブリッドの試みが何かしらの形で実を結べば、今クイズを取り巻く環境は大きく変わるはずだ。クイズの世界を大きくリードし、変容させてきた『高校生クイズ』が、またしても時代を築く瞬間がやってくる。

 特Qファイヤー号が、まだ見ぬ境地に連れて行ってくれることを願って……。

※文中敬称略

参考文献

徳久倫康(2012)「国民クイズ2.0」,『日本2.0』2012年7月,p.484-p.510,genron

黄菊英・長谷正人・太田省一(2014)『クイズ化するテレビ』2014年7月,青弓社

石田佐恵子・小川博司(2003)『クイズ文化の社会学』2003年3月,世界思想社

『高校生クイズストーカー』

『全国高等学校クイズ選手権 大会別データ集』


前のページへ 1|2|3|4|5|6|7|8|9       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」