レビュー
» 2019年07月01日 11時36分 公開

「子どもを殴りたくなってしまう」相談者は、“親の過干渉で心を殺された子”だった 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(2/2 ページ)

[北村ヂン,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 現在の不安から解放されるためには、親の愛なんか信用しないで「私は親から見捨てられた、殺された子である」と認識しなければならない。しかし相談者は、

 「今、父親と母親がホントに優しいんですね。私が独立して、ひとりで生きていく術も見つけて、周りにも自慢できるような子どもになったから……」

 ちょっといい話風にまとめようとするが、愛ちゃんは許さない。

 「そうやってまとめたいのよ、親は。過干渉でアナタを殺して生き延びた人なんだから」

 今の両親の優しさは、暴力団が散々ぶん殴った後に「昨日は悪かったな」と言うようなものだと指摘。被害者は「決してそんなに悪い人じゃない」と思ってしまうが、それは心が殺されているからなのだ。

 「(両親が)心理的な暴力団だったことは確かなんですよ。そうじゃないと、こんなことが起きてるわけがないんだよ」

 言ってることはよくわかるけど、相談者の両親を暴力団にたとえるとは……。

 聴いてる側からすると、心配になるほど強烈な言葉の連打だったが、相談者の心にはガンガン響いていたようで、後半はずっと涙声になっていた。

 「命は復活できます」「アナタがおかしいわけじゃないんです」

 最後は優しく締めたマドモアゼル・愛。

 具体的に両親からどんなことをされていたのか、もっと詳しく知りたかったところだが(編集されちゃったのか?)、閉じていた心のフタをこじあけるようなスゴイ相談回だった。

これまでの「テレフォン人生相談」















北村ヂン

文章からイラスト、漫画、映像まで、あの手この手でインターネットのみなさんのご機嫌をうかがうハイパーメディアライターTwitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」