インタビュー
» 2020年09月20日 11時30分 公開

「ストリップは自分が辛い時ほど心に残る」――『女の子のためのストリップ劇場入門』作者に聞く“劇場という場所”(2/2 ページ)

[池田智,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

――あとは、これは同人誌『何でアイドルじゃなくてストリップに通うんですか?』にある記述ですが、「ストリップは自分が辛い時ほど心に残る」という。

 これ、何となくわかりますよね?

――「これを見たあとに自殺しようと思っていたけど、心を打たれて引き返した」という話を聞きますよね。以前、私が何気なく見ていたステージから、おじさんが丁寧にストーリーを読み取って泣いていたことがあって。ストリップは、音楽は流れるけれど、基本的には無言で行われているから、演目の中からそれぞれが見出している物語が違う。見ている人の感受性を映し出す芸能なのかと思います。「傷ついたときこそ心に迫る」というのは、そういうところなのかなと。

 悲しいことを背負って、ずっと回復できずにいる人が行き着く場所でもあるのかなって。女の人の裸が見たければほかの風俗でもいいかもしれないし、もっとキラキラした空間はいくらでもあると思うんです。行くきっかけはエロという人が多いですが、残る人は感情豊かな人たちが多いように思います。

「スケベな自分」を受け入れてくれる場所

――最終話の話になりますが、「社会的にどんな人でも劇場内では『女の裸を観に来たスケベな人』として座っているのはなんだか心地よい」というモノローグが印象的です。芸能やサードプレイスとしてのストリップの話がある一方で、「理想の裸が見たい」とか「Hな気持ちになりたい」という気持ちで行く人ももちろんいて、そのあたりの曖昧さが持つ魅力が伝わります。

菜央こりんさんインタビュー 「女の裸を観に来たスケベな人」であることが許される。それがストリップ劇場

 ストリップって、よく「エロか芸術か」で揉めるじゃないですか。

――ありますね。「ストリップはエロなんて低俗なものじゃない! 芸術だ」という。

 それ、答えのない問いだと思うんですよ。見た人が何を感じるかは一人一人違うから。メディアに出るときは「ストリップはアート」とコーティングされることが多いですが、歴史的に見ればエロを満たすためのものだし、それを忘れたくない。もし踊り子さんや劇場の方たちが「エロじゃない」と言っているのであれば、そうかもしれないけど、エロを追求されている方もいるし、「芸術のみ」と捉えている人も全然いない。

 スケベな気持ちを認めてくれる場所って世の中にあんまりない。特に、女性がそういう気持ちを持つことって、恥ずかしいこととされたりするじゃないですか。でも、スケベな気持ちを持ちながら、芸術的なもので感動する心や、その感動を伝えたいという心があることに気が付ける。そして、それを演者に伝えることができる場所。

 帯に神田伯山さんが「ストリップは会いに行ける芸術だ」という言葉を寄せてくださっているんですけど、「会いに行ける」っていうところが風俗っぽいというか、エロを包括してるのを柔らかく書いてくださってるのかなと勝手に想像しています。一般の目からしたら矛盾している場なんですけど、それが成立してる。アートだってエロいものだし、エロいって思うことは全く悪いことじゃないというもわかってほしくて、最終話はそういう表現を入れました。

――今後描いてきたいものはありますか?

 性風俗で働く人のことを描きたいです。ストリップを通して、風俗で働いている方やAV女優さんを、人としてリアリティーを持って知れるようになったところがあるので。最近AV女優さん原案のマンガ『AV女優たかしょーのないしょ話』を描かせていただいているんですが、AV女優さんの中には本当にセックスが大好きで、AV女優という仕事を楽しんでいる人がいます。ストリップも、「人前で裸を見せることも含めて、仕事として心から楽しんでいる」という人がいる。

 もちろん、そうでない立場の人もいると思うんですが、風俗の仕事はウソ偽りなく職業として存在していて、たとえばパティシエやエンジニアと同じように、その仕事に就きたいと思っている人もいる。あるいは、お金儲けとして割り切って働いている人もいる。そして、働き方や向き合い方もそれぞれ違う。そういうことを知ることで社会の見方が変わるというのも伝えられたらと思います。もし、それがストリップだったら万々歳ですね。

『女の子のためのストリップ劇場入門』冒頭一部試し読み

菜央こりんさんインタビュー
菜央こりんさんインタビュー
菜央こりんさんインタビュー
菜央こりんさんインタビュー
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」