ニュース
» 2021年01月27日 16時30分 公開

のんびり道路が大魔神のごとく急変!? ギャップ萌えすぎる県内最狭険道「千葉県道269号」をゆく(1/3 ページ)

ドラマチックな急変っぷりにキュンときます。

[少年Bねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「酷道(こくどう)」をご存じでしょうか。道幅が狭かったり、路面が舗装されていなかったり、そもそも通行止めだったり……。一般的な国道(国が政令で指定した主要道路)というイメージからはかけ離れた国道のことを愛情と敬意を込めて示す言葉です。それと同様に、そんな状態の県道(都道府県が管理する道路)にも愛称があります。「険道(けんどう)」と呼ばれます。

恐るべき細さ! 今回は大都市同士を繋ぐ、完全1車線の険道を紹介します 県内最狭と名高い“険道”「千葉県道269号」

 これまで筆者は「地図に載っていない県道」「普通車が通るのさえ困難な幅1.7メートル制限の県道」「平均勾配13.4%、鳥居のある激坂県道」などの険道を紹介してきましたが、日本には愛すべき険道がまだたくさんあります。

 今回は険道ファンの筆者が、“千葉県最狭県道”といわれる県道「千葉県道269号大鷲木更津線(以下、県道269号)」を、2020年10月までに訪れた記録とともに紹介します。

千葉県道269号のルート 千葉県道269号のルート(地理院地図を加工)

千葉県最狭県道といわれる「県道269号」をゆく

 京葉工業地域の一角を形成し、千葉県第2位の面積を持つ「君津市」と、東京アクアラインの着岸地で交通の要所にもなりつつある「木更津市」。県道269号はそんな県内有数の都市同士を結ぶ一般県道です。“一般”県道とは何か、詳しくは「ご存じでしたか? 県道、実は“2種類”ある」をご覧ください。

 大きな都市同士を結ぶ道路ならば、しっかり整備されているはずなのでは……? と思うのですが、県道269号は「千葉県で最も狭い県道」といわれる険道です。

 では、木更津側の国道16号と交わる桜井交差点から県道269号を愛でていきましょう。

スタート地点の桜井交差点 県道269号スタート地点の桜井交差点

 ロードサイド店舗が立ち並ぶ国道16号の「アオカン」(関連記事)にも左折方向が県道269号と書かれていました。険道は標識などに記載がなく、存在を隠されていることが多くあります。これはちょっと意外でした。

 険道は、県道とは思えない険しさもある愛すべき道路のこと。旅行者などが「県道だからちゃんとした道のはず。こっちに進もう」と進んでしまうと困ることもあり得ます。そのため、あえて案内標識に記載しないケースがあるのです。

アオカンにも「269」の文字 アオカンにはちゃんとヘキサ囲みで「(県道)269」の文字

 最初は片側2車線(4車線)の整備された快走路。正面に大きなトンネルが見えてきますが、県道269号はその直前で右折。中央分離帯もある道を進みます。そのまま住宅街の中を突っ切っていきます。

険道とは思えない快走路 最初はかなり立派な快走路
トンネルの手前で右折する269号 県道269号はトンネルの手前で右折
住宅街の中を通る立派な道 中央分離帯もある立派な道へ

 住宅街を抜けると「館山自動車道」と交差します。この辺りの道は2009年に新道へ切り替えられたそうです。まだ険しい要素はありません。千葉県で最も狭いと聞いて訪れたのですが、もしかしてもう過去の話なのでしょうか……?

館山自動車道をくぐる 館山自動車道下をくぐる
名前のない交差点を左折。ここでも「269」の文字が 上烏田方面へ左折。ここにもちゃんと「(県道)269」の文字があった
館山自動車道と2度目の交差 館山自動車道と2回目の交差

古い集落を通る、のどかで心が落ち着く風景がすばらしい

 もしかしてもう険道ではなくなってしまったの……? こう心配した矢先に少しずつ現れてきました。館山自動車道と2回目の交差をした直後、整備された2車線道の右カーブに差し掛かるところに左に細い枝道が。そう、整備された太い道を道なりに進むのではなく、県道269号はこの枝道へ行くのです。

左に見える「枝道」こそが県道269号 左に見える「枝道」こそが県道269号

 この枝道に入ると急に車線が狭くなり、行き違いに気を遣うくらいの道幅になります。

 でも、この程度の狭さの道はどこにでもあります。路面の舗装もちゃんとしていますし、生活道路として全く問題はありません。県道の標識もちゃんとありました。

 県道269号は歴史のありそうな集落の中を通ってゆきます。田畑など緑が多く、心が落ち着く風景です。

この程度では「険道」とは言えない 急に狭くなるが、このくらいならよくある道幅
県道の標識も 県道269号の標識もきちんとある
集落の中を通る 落ち着いた集落の中を通る県道269号

 集落を過ぎると、カーブの先で丁字路に。右折方向が県道269号です。小さいながらもアオカンがあり、ここにも「(県道)269」の文字が記載してありました。これまで何度か各地の険道を巡りましたが、ここまでしっかりと存在が記されてある険道はやっぱり珍しいかもしれません。

十字路を右折 丁字路を右折
君津方面から来たドライバーにも見えるように県道の標識が立ってた。このような標識の使いかたは珍しい この標識は君津方面から来たドライバーにも「県道269号の進行方向」が分かるように90度の向きで補助標識があった。このような標識の使い方も珍しい

 右折すると再び走りやすい2車線道路に。さすがは千葉県(?)、県内で最も狭いと言っても、他の険道からするとフツーの道路じゃないか……と思っていました。そう、この時までは。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/05/news120.jpg オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
  2. /nl/articles/2312/05/news138.jpg 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  3. /nl/articles/2312/05/news025.jpg 子犬が“お手”を拒否した結果、完全に石化してしまう 450万再生の姿に「静止画かとw」「やっぱり笑っちゃう」
  4. /nl/articles/2312/05/news121.jpg 元テレ朝・富川悠太さん、ジュノンファイナリストの16歳息子と“イケメン親子”ショット 「顔ちっちゃ!」「美形DNA受け継がれてます」
  5. /nl/articles/2312/05/news040.jpg 愛犬たちが、手術を乗り越え1カ月の入院から帰ってきたママを見つけ…… 喜びと愛爆発のお出迎えに「無償の愛が最高」「泣ける」
  6. /nl/articles/2312/05/news060.jpg 「クリスマスシーズンなのに」 神田うの、12歳娘から“禁止のリクエスト”→全身黒コーデで表情一変 過去には派手服に痛恨の一撃「ママダサい」
  7. /nl/articles/2312/05/news123.jpg 日本発“クギが打てる”「メタルバナナ」がなぜか台湾で人気爆発 注文集中でメーカーも「急いで生産中」
  8. /nl/articles/2312/04/news055.jpg 七五三のお祝いで記念写真→全員“ジョジョ立ち”だと……!? ノリノリの3人家族に「最高すぎる」と祝福の声
  9. /nl/articles/2312/05/news038.jpg チンチラの見たことない姿が560万再生! 忍者のような身体能力に「空中ウォークみたい」と海外からも反響
  10. /nl/articles/2312/04/news164.jpg 田中みな実、大谷翔平選手との“結婚説”に「あえてラジオとかで言及しなかった」 結婚発表は「ここでするから」
先週の総合アクセスTOP10
  1. オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
  2. 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  3. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  4. 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  5. 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  6. マックで「プレーンなバーガーください」と頼んだら……? 出てきた“予想外の一品”に驚き「知らなかった」
  7. 伊藤沙莉、“激痩せ報道”の真相暴露→広瀬アリスの株が上がってしまう 「辱めったらない」告白に「アリスちゃん、ええ人や〜」
  8. 「あなたは日本人?」突然送られてきた不審なLINE、“まさかの撃退方法”に反響 「センス良い」「返しが秀逸」
  9. “鬼ダイエット”で激やせの「Perfume」あ〜ちゃん、念願の姿に「着れる日が来るなんて」と大喜び
  10. 900万再生のワンコに「電車で笑ってしまった」「つられてめちゃくちゃ笑っちゃうw」 “突然魔王になった犬”に腹を抱える人続出
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」