ニュース
» 2022年03月20日 12時00分 公開

鳥取の新しい加熱式かに駅弁! 美味しさの秘密「かにトロ」とは?鳥取「蟹蟹丼」(1500円)

プシュー! でホカホカ。鳥取名物のカニを使った新しい加熱式駅弁が登場しました。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
鳥取の駅弁 蟹蟹丼 鳥取「蟹蟹丼」(1500円)
鳥取の駅弁 蟹蟹丼 鳥取の駅弁 蟹蟹丼 鳥取の駅弁 蟹蟹丼 鳥取の駅弁 蟹蟹丼 鳥取の駅弁 蟹蟹丼 鳥取の駅弁 蟹蟹丼

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

 「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

 定番となった紐を引き抜いて蒸気で温める「加熱式駅弁」。飛行機には持ち込むことができませんから、鉄道旅ならではのお楽しみとも云えます。とくに冬は冷え切った体でも、アツアツの駅弁をいただけば、身も心も温まるというもの。カニが旬を迎えている鳥取では、今シーズンもカニを使った新しい加熱式駅弁が登場していました。

鳥取の駅弁 蟹蟹丼 HOT7000系気動車・特急「スーパーはくと」、山陰本線・鳥取大学前〜湖山間

 京都と鳥取の間を東海道・山陽本線、智頭急行線、因美線経由で結んでいる特急列車「スーパーはくと」。一部の列車は、山陰本線・倉吉まで直通します。大阪と鳥取の間は約2時間半。途中、姫路停車の山陽新幹線「のぞみ」と接続、首都圏・中京圏と鳥取の間の連絡も担います。振子機能を活かし、カーブでも車体を傾けながら高速で走行できる車両も大きな魅力です。

鳥取の駅弁 蟹蟹丼 蟹蟹丼

 雪の降る季節は駅のホームで列車を待っていると、寒さが身にしみるもの。その意味でも、冬はひもを引き抜いて蒸気で温める「加熱式駅弁」が本領を発揮する季節だと感じます。雪がしっかり降る鳥取の冬の味覚と言えば、やっぱりかに! 2021年8月に発売された鳥取駅弁・アベ鳥取堂の新しい加熱式駅弁は、その名も「蟹蟹丼」(1500円)と言います。名前に“蟹蟹”と、2つ「蟹」を重ねているのは、何か理由があるのでしょうか。

鳥取の駅弁 蟹蟹丼 蟹蟹丼

【おしながき】

  • 茶飯
  • かにのほぐし身
  • ゆでかに爪
  • かにトロ(かに身のたたき 筍和え)
鳥取の駅弁 蟹蟹丼 蟹蟹丼

 茶飯にベニズワイガニのほぐし身と爪が載って、これに“かにトロ”が添えられています。“かにトロ”とは部位ではなく、旨味がギュッと詰まったかにの脂身を手間をかけて取り出し、丁寧にたたいたもの。これを筍と和えることで旨味が増し、アクセントをつけていただくと、より箸が進みます。アベ鳥取堂によると、「蟹蟹丼」と蟹を2つ重ねたネーミングは2つのかにの味が楽しめる上、いままでの駅弁以上にかにの味が濃く、より楽しんでもらえるからとのこと。“かにトロ”のひと手間が、本当に嬉しいですね。

鳥取の駅弁 蟹蟹丼 キハ126形気動車・快速「とっとりライナー」、山陰本線・浦安駅

 山陰本線・鳥取〜米子間を中心に運行されてきた快速「とっとりライナー」ですが、3月のダイヤ改正では、残念ながら朝の一部列車を除いて、前後の普通列車と統合されたり、運行を取りやめる列車もあります。地方を旅していると、よく「ココは車がないと生活できないから」という言葉を耳にします。でも、年齢を重ねれば誰もが車に乗れなくなる時期がやって来ます。1人1人が地域の公共交通のあり方を真剣に考えていく必要がありそうです。

(初出:2022年2月16日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


「駅弁膝栗毛」バックナンバー



おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響