インタビュー
» 2010年02月26日 20時03分 公開

今回は中村悠一&柿原徹也が出演――「Tiara Vol.6 LOVERS III」キャストインタビュー

速水奨さんがシナリオを執筆する、愛のポエム付き言葉攻めCD「Tiara 番外編 LOVERS」の新作がリリースされる。早速、本作に出演する中村悠一さん、柿原徹也さん、速水奨さんにお話を伺った。

[ふじたけ,ITmedia]

 愛のポエム付き言葉攻めCD「Tiara」の新作、「Tiara Vol.6 LOVERS III 〜愛と友情の間で苦悩するのも悪くない〜」が3月24日にランティスからリリースされる。今回の出演者は中村悠一さん柿原徹也さん。もちろんシナリオは前作・前々作と同様に、速水奨さんが執筆している(さらに友情出演も!)。早速、お三方にお話を伺った。

左から速水さん、柿原さん、中村さん

―― 収録を終えた感想はいかがでしたか?

中村さん すごく変わった本だと思います(笑)。エピソードも6編あるんですけど、それぞれが対になるようなことをやったり、全体を通してこれまで出演させていただいた中には無かったものが当たったので、新しく、楽しくやれるものだと思いました。

柿原さん 速水さんが書いた台本を初めて読んだのは、「S.S.D.S.」というドラマCDの時だったのですが、その時と同じくらい、すごくクリエイティブで面白い内容で仕上げてくるな……と(笑)。僕たちの人柄を知っているからこその台本ではないでしょうか。あと、セリフもどんどんアドリブなどで変わっていったので、大変楽しい現場でした。

普段とは違う世界の演技

―― ファンのみなさまへメッセージをお願いします。

中村さん 3人でやってるからこその妙を、ぜひ楽しんでいただければと思います。よろしくお願いします。

柿原さん あっという間の収録でした。すごく楽しく、声だけでみなさんに楽しさが伝わる作品になっていると思います。本当に、速水さんの台本に携われて大変光栄です。ありがとうございました。たくさんの方に聴いていただきたいです。

速水さん LOVERS IIIということで、何となく今までの1、2を踏襲しつつ、新たな展開を試みています。そして、若い2人が今回参加してくれました。中村さん、柿原さんのエネルギーを、いかにシナリオの中で生かせるかということに重きを置いて書いてみました。ここはやっぱりマラソンだろうと僕の勝手な思い込みも交えつつ(笑)。まぁ、ネタを明かしてしまえば、正月に見た箱根駅伝みたいなリアルな感動を、この世界の中でも表現できればと思ったんです。しかし、このシナリオではそこまではいけませんでした(笑)。

 ただ、お二人が普段演じてる部分とはかなり違った世界が展開されていると思います。聴かれる皆様は「これは私の柿原さんじゃない! 私の中村さんじゃない!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、また新たな料理ができたと考えていただいて、広い心で楽しんでいただければと思います。演じる方にはかなり体力のいる作品になってますけれど、聴かれる皆様は普通に車の中とか、通勤の行き帰りで聴いていただければと思います。とにかく、ぜひ一度は聴いてみてください。よろしくお願いします。


関連キーワード

速水奨 | 柿原徹也 | 中村悠一 | ランティス


(C)ランティス乙女部


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する