冬にモテるのは「加湿器男子」に決まり! 女子のお肌と心に潤いを与えよ!モテ機 Vol.35

女子の大敵・乾燥。冬には避けられない現象だけれど、室内にいるときは予防できる。そんなときの強い味方が加湿器。一家に1台といわず、一部屋に1台持っておくのもアリですよ。

» 2013年01月15日 14時15分 公開
[池田園子,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。


 加湿器を持つことでいかにモテ度が上がるか、今日は強く主張していきたい。筆者の20〜30代女子を対象とした独自調査によると、「男子の部屋に置いてほしいものランキング〜冬編〜」(季節ごとに事情が異なるので細かく展開中)によると、ほかのアイテムと大差をつけて「加湿器」が1位にランクインした。女子ほど肌の乾燥が気にならない男子には、あまり縁のないアイテムかもしれない。ということで、モテすぎるアイテム・加湿器について、どんなものがあるのか詳しく見ていこうではないか。

おしゃれデザイン+アロマで女子ウケ確実

 加湿器にもさまざまなタイプのものがある。最初にご紹介するのは、鉄板といってもいいくらいベーシックな加湿器だ。総じて女子は“いい香り”が大好き。アロマオイルの香りを楽しめる加湿器を置いておけば間違いはない。アロマオイルとは植物の香りの元を抽出したもの。オイル状になっていて、数滴垂らすだけで良い香りが漂い、癒しの効果を持つものが多いのだ。

 そんなアロマ対応の加湿器なら「スリーアップ アロマ加湿器 ドロップ」がイチオシだ。水滴のようなかたちがキュートで、おしゃれ男子と認識されるはずだ。お部屋全体を加湿しながら、相手の女子が好きなアロマオイルの香りを楽しんじゃおう。「アロマの香りが漂う男子の部屋ってステキ。香りを意識している男子って例外なくおしゃれだし、身だしなみもきちんとしている感がある」「アロマで女子ウケを狙っている感は否めないけど、汚い部屋やクサい部屋より断然いい」など、女子の評価も高めだ。王道の「ラベンダー」「カモミール」「レモングラス」などのオイルを雑貨屋などでゲットしておこう。

ラブラブなネット中も乾燥防止! USBタイプで「気が利く男」を演出

 インターネット大好きなみんなのことだから、好きな女子を家に招いたとき、一緒にPCを見つめている……なんてこともよくあるはず。そんなときにも加湿器を近くに置いて、女子の心をつかみたいところ。ミニ加湿器「arobo MINI AROMA Humidifier」がおすすめだ。特徴はなんといっても小さいこと。デスクの上に置ける縦横約9センチのコンパクトさが売り。USBでパソコンとつなぎ、タンクに水を入れて本体をかぶせるだけでセットは完了。水の交換も簡単にできるので、清潔に管理できるのが嬉しい。PCの前にいる時間が長いという男子は、1台持っておくとひとりの日にも役立つはず。こちらもアロマオイルに対応しており、水溶性アロマオイルを入れれば香りも同時に楽しめる。

 女子に聞いてみたところ「これがあったら気が利く男子だなと見直しちゃうね」「小さい加湿器だと部屋全体にミスト(霧)が行き渡らないのよね。これは(近くに置けるのが)ありがたい!」「私も欲しい」など大好評。細かい気配りができるとモテ度アップする優秀加湿器だ。小さいのにエラいぞ。

最新の「ハイブリッド式」で衛生的な加湿を

 新しいもの好きな男子におすすめしたいのが、加熱式と超音波式のいいとこどりと言われる「ハイブリッド式」の加湿器。一見するとおしゃれ家電のように見える「Hyblid Humidifier」がおすすめ。ハイブリッド式加湿器は加熱してから超音波でミストを飛ばすため衛生的であること、電気代が通常の加熱式の約半分であること、ミストが出るのが早いこと、運転時の音が静かなことなど数多くのメリットがある。ほのかにあたたかいミストが、部屋の温度を下げることなく、冬場に乾燥した部屋を効率良く加湿してくれる。

 さらにHyblid Humidifierは、通常のミストと細かいミストから選ぶこともできるが、粒子が小さく拡散されやすい細かいミストが出るように設定しておくと良いだろう。「デザインもおしゃれでいい」「加湿器があると嬉しいけど、汚いミストで加湿されたくはないよね〜。これは清潔でいいかな」と女子ウケもなかなか。

 最低1台は持っておきたい加湿器。持っていない男子は早速手配するように!

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、加湿器を所有すれば確実にモテるとは言い切れません。

関連キーワード

モテ機 | 女子 | 加湿器 | 男子 | 香り | ハイブリッド | 家電


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」