予算別に発表! ガジェット女子がもらって嬉しい「クリスマスプレゼント」モテ機 Vol.32

クリスマスまで残り7日。みんな、大事な女子へのプレゼントは手に入れた? 何を渡すと喜ばれるのか、ガジェット女子に行ったリサーチ結果を発表したい。

» 2012年12月17日 11時38分 公開
[池田園子,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ガジェット愛好家なみんなの意中の相手も、同じくガジェットラヴァーですよね? 勝手にこのような想定をした上で、ガジェット女子たちへ調査を決行した。クリスマスプレゼントに何が欲しいですか? という問いをぶつけ、何をもらえたら嬉しいか回答してもらった。3000円以内、5000円以内、1万円以内の予算別にご紹介しよう。

お手頃価格なのに優秀なヘッドホン

 3000円以内の部門で最も人気を集めたのは「CRESYN オーバーヘッドホン C515H」(Amazonでは1527円)だった。ガジェット好き女子には音楽好きも多いということか。カラーはホワイトのほか、ブルー、グリーン、バイオレット、ピンクの5色。意中の女子の雰囲気に合うものを選ぼう。コードが絡まりにくい平型で、邪魔にならない片側出しになっているのが特徴だ。

 女子のリアルな意見を聞いてみると「低音から高音まで幅広くキレイに再生できる。コスパ抜群!」「この安さで使えるヘッドホンはほかにないよ」と評価が高い。イヤーパッドを外して洗えるところも、キレイ好きな女子たちにウケているみたい。私のような初心者はついつい「ヘッドホン=ゴツい」と連想してしまうのだけれど、こちらのC515Hをヘッドホンを入門編としてプレゼントしてあげるのはすごくいいと思う。イヤフォンより耳にもやさしいし、冬は耳が暖かいし。あげると「気が利くぅ!」と思われること確実なアイテムだ。

目をいたわる「機能性メガネ」が欲しいです!

 PC仕事メインのガジェット女子が多いせいか、5000円以内の部門では「JINS PC」(3990円)が堂々の1位に。JINS PCにはレンズが2種類ある。クリアタイプ(透明)だとブルーライトのカット率は約35%、薄いブラウンタイプだと同カット率は約50%となる。筆者は仕事中にブラウンタイプをかけているのだけれど、どんなに働いても目が疲れにくくなった(いくらでも働けそうです……)。薄い色のサングラスをかけているように見えるけれど、背に腹はかえられない。

 徹底して目の健康を守りたい、そんなヘルシー思考の女子にはブラウンタイプのものを贈ろう。逆に見た目が気になる派の女子にはクリアタイプのものを。同じく目にやさしい「JINS Moisture」(3990円)もおすすめだ。筆者はJINS PCと交互に使っている。こちらはフレームの側面にウォーター・ポケット(水を入れる)を取り付けることで、入れた水が容器内の細かい穴から蒸発し、目の周りに適度な湿気を保ってくれるというしくみ。ドライアイになりがちなデスクワーク女子にとってオアシスのような存在ですね。「デザインがおしゃれ」「カラーが豊富でいい」「桜井くんのCMにやられました」(最後関係ないだろ)などと女子の評判も上々。

新製品もアツい! Kindle周りに注目だ

 さて、1万円以下の部門もまとめておこう。予想通り「Kindle Paperwhite」(7980円)がランクイン。言わずと知れたよくできた電子書籍リーダーだ。鉛筆よりも薄くてとても軽いのが特徴で、1000冊以上の書籍を保存できる。1回の充電で最大8週間(Amazonによると明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、1日30分の使用の場合)も使える。「小型なのがいい」「デザインが好き。意外と低価格なところにも引かれる」とガジェット女子たち。

 もし1万円以上の予算がある場合は、12月18日に発売される「Kindle Fire」(1万2800円)をプレゼントするのもアリ。本はもちろん、アプリやゲーム、音楽も楽しめ、ネットやメールもできる。オンオフ問わず使えるということで、筆者はこの原稿を書いている今、自分で注文ボタンを押してしまったよ。自分へのクリスマスプレゼントに確定。いいんです、もう。それにしても、最大9時間使える長寿命バッテリーなのもステキ。こんな感想をほかのガジェット女子も話していた。潤沢な予算があれば、または本命彼女であれば、Kindle Fireをあげるといいよ。

 みんなのプレゼント選びの参考にしてくれると幸いです。クリスマスがステキな3連休になりますよう。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、すべての「ガジェット女子」が上記のプレゼントをもらって喜ぶとは限りません。きちんと事前リサーチをして下さい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  3. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  7. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」