女子が目を光らせるのは「ふち」と「毛」! 優秀お掃除グッズで「パッと見キレイな部屋」を目指そうモテ機 Vol.33

年末の風物詩のひとつともいえる「大掃除」。師走のハードワークや忘年会ラッシュでクタクタですが……なんて男子諸君へ、最低限手をつけたい箇所とお掃除グッズをご紹介。

» 2012年12月25日 11時35分 公開
[池田園子,ITmedia]

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。


 何かと慌ただしい年末。1年の汚れを一掃できるチャンスだけど、「そんな暇ないかも!」という男子もいるのでは。うんうん、仕方ないよね(共感しているので今回は激甘)。というわけで、年末年始に女子を自宅に招きたい男子向けに、完璧にしておきたいスペースと使えるお掃除グッズを共有してあげたいと思う。女子の本音満載なので、思いっきり参考にしていただきたい。

トイレの「ふち」まで見られている!

 まずはトイレ。女子は必ずトイレをチェックする。トイレにはさまざまな情報が詰まっている。例えば生理用品の有無。ひとり暮らしかつ自称彼女なしの男子の家に、生理用品があるのはどう考えても奇妙な話だ。元カノが出入りしているか、特定の女がいるかの二択に絞られる。化粧ポーチ的なアイテムの有無も同様だ。「トイレ借りるね」と声をかけてくる女子は、個室に入るや否やそういった「モノチェック」を行っている可能性があることを頭に入れておいてほしい。

 もちろん、トイレが清潔であるかどうかもよく見ている。女子に聞いてみると「トイレのふちは見ちゃうなぁ。真っ黒だったら引くわ。姑っぽいけど、これ本当の話」「掃除をしているかどうかは便器の内部を見れば分かる。特にふちをきちんと手入れしているかは重要。細部まで注意が行き届く人物かどうか確かめられる」とのこと。ふちこそ要注意箇所! ということで、おすすめしたいのが「アイメディア トイレふちクリーン 酸性タイプ」。便器のふち裏へ5〜10回噴射するだけで、密着する泡が汚れを強力に洗い流してくれる。およそ15回使用できるので1本持っておくと良いだろう。

水回りは女子の聖域!

 水回りも外せないポイントだ。手洗いうがいが習慣化されている私は、訪れた家の水回りチェックを怠らない。姑のような性格ですみません。具体的なチェックリストは、流し全体が磨かれているか、蛇口周りに水あかがこびりついていないか、髪の毛が落ちていないかなど。ときどきキッチンでヒゲを切ったり剃ったりする男子もいるようで、流しの周囲に短い毛が点々と落ちているのを見ると、ひどく憂鬱な気持ちになる。「もう帰りたい」「帰ろう」の文字が頭の中を駆け巡る。

 女子に話を聞いてみたところ「共感!」「水回りは女子の聖域。だからこそつい見ちゃう。不潔な環境でも生きていっちゃう人かどうか分かる」といった意見が。特に隙間に詰まった「水あか問題」には深刻なものがある。そこでおすすめなのは、手の届きにくいスキマ汚れを取ってくれる「スミッコ お掃除セット BS-055」 。360度に渡ってブラシ状になっている「スミッコブラシ」と、細かい目やくぼみの汚れ除去に最適なスポンジ状の「スミッコスティック」のセット。通常サイズのブラシやスポンジで対応しにくい、蛇口周りやまさに流しの「すみっこ」に使える。流しだけではなく、お風呂の細かいところへの掃除にも役立つので、1つは持っておくと良いだろう。

女子が気にする「毛髪問題」は解決しておきたい

 最後はリビングのフローリングについて。欠かせないのはフローリングに落ちた「毛髪類」の処理だ。カーペットだとある程度ごまかせるものの、そうはいかないのがフローリング。コロコロ(粘着ローラークリーナー)もいいけれど、それすら面倒くさいというズボラ系男子に、ぜひ試していただきたいのが「フローリングそうじっパ」 だ。履いて歩くだけで、ゴミやホコリ、ちょっとした水汚れを、マイクロファイバー(極細繊維)がキャッチしてくれる。一通り歩くと掃除も完了しているというわけだ。汚れたらそのまま丸洗いできるのもラクでいい。

 「毛は目につきやすい。落ちていてほしくない」「長い髪の毛が落ちていると、女の影を感じずにはいられない」「どんな毛でもお断りです」「毛とほこりが絡み合って落ちているのを見て、ひどくなえた経験がある」など、毛に関して厳しく指摘する女子が目立った。特に白系のフローリングは毛髪類が強調されてしまう。せっかくのおしゃれルームも毛ひとつで台なしですよ。今日から毛髪類への対応も徹底してほしい。

 大掃除が無理ならしなくてもいい。繰り返しになるけれど、今日だけは激甘なのだ。女子が重要視している部分だけでOKです。そこだけ掃除して女子を迎えよう。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、上記お掃除アイテムで部屋をきれいにしても、モテるとは限りません。

関連キーワード

モテ機 | 女子 | 男子 | 掃除・清掃 | トイレ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  6. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  7. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  8. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  9. /nl/articles/2404/11/news121.jpg サンシャイン水族館が「カワウソに破かれたシャツ」を展示 → その“衝撃の意図”に「説得力半端ない」「インパクトある」
  10. /nl/articles/2404/13/news009.jpg 猫が横になった瞬間に駆け寄る子ウサギ→驚きの行動に!! 保護された2匹の種を超えた触れ合いが1870万表示を突破
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」