ブームが一段落した今も「ノマド男子」はモテるのか? 女子の現実的な本音が炸裂!モテ機 Vol.36

何かと話題になる働き方「ノマド」。オフィスではなくカフェなどを渡り歩き、ひとつの場所にとどまらない自由な働き方に憧れる人も多いが、ぶっちゃけノマド男子ってモテるの?

» 2013年01月21日 14時07分 公開
[池田園子,ITmedia]

 ひとつの組織に縛られず、場所を選ばず、仕事をするスタイル「ノマド」。そんな自由な働き方を支持する人も多く、近年ノマドは一大ブームとなった。今でも都会のオシャレなカフェなどでは、ノマド男子に遭遇することはよくある。彼らはノートPC――とはいっても大抵の場合MacBookAirだが――を開いて、何かしら「作業」をしているようだ。見た目は非常にクールでオシャレ。流行が少し落ち着いた今でも、ノマド男子はモテるのだろうか。女子の本音を探ってみた。

無意味なカフェ代は節約すべき

 オフィスを持たないノマド男子には、個人事業主(フリーランス)という就業形態の人が多い。厳密に言うと会社に所属していてもノマドなスタイルで働く人もいるけれど、一般的には「フリーランスでノマドワーキング」というイメージが強いようだ。そのため、彼らは仕事場を常に探している。筆者もフリーランスなので、外出したときのスキマ時間に、街で仕事場を確保したい気持ちは分かるが……。女子に正直な意見を聞いてみた。

 「ただ仕事をするためにカフェに行くノマド男子もいるっぽいよね。それって、カフェ代のムダじゃない(笑)? チェーンでもなければ、コーヒー1杯で500円はかかるでしょ。家があるのなら、家で仕事をした方がはかどるんじゃないの。家の方が静かだし何かと快適だと思うけど」(27歳女性)

 「平日に毎日カフェに行くとして、1日3杯コーヒーを注文した場合、合計で1500円くらいかかるよ。1週間に7500円で1カ月だと30000円。ここは節約できるっしょ? しかもランチ代とかはまた別にすると、とんでもないことになるよ。エンゲル係数高すぎる男子はムリ(笑)」(28歳女性)

 女子がいかに現実的思考を持つ生き物か、お分かりになっただろうか。家でできるなら、家で働いて、カフェ代を無駄使いするなという女子がいかに多いことか。

「カフェでMacBookAir」に女子は萌えるか

 ノマド男子御用達のカフェで、彼らが使っているのは、大抵の場合MacBookAirだ。彼らはApple製品をこよなく愛している。持っているだけで「イケてるっぽい度」が誰でも必ず3割増しくらいになるのが、MacBookAirの大きな特徴だ。これに対して女子の声を聞いてみよう。

 「ノマドって言葉が『イケてる』的に独り歩きして、混んでいるカフェなどで、『あぁ、俺、イケてるぜ! Apple使って仕事しちゃってるぜ。うふふ』的なオーラを振りまく勘違いノマド男子、よく見かけるよね。彼らの背後を歩いてそっとパソコンの画面を見てみると、普通にTwitterやFacebookをしてるだけだったりも……なんだか残念な気持ちになっちゃう」(29歳女性)

 「PCを長時間使っているから、電源が必要な気持ちは分かるよ。でも、ノマド男子のPCコードが邪魔な位置にあって、以前つまづいたことがある。あれにはイラッときた。電源を求めてさまよい歩くノマド男子もカッコ悪い」(27歳女性)

 「上京したての女子は『こんなオシャレなカフェでMacBookAirを、小難しそうな表情で叩いている、黒縁メガネのあの彼……ステキかも(はぁと)』とか思っちゃうかもしれないけど、私はだまされません(笑)」(28歳女性)

 「○○カフェでノマド中」などとツイートするノマド男子もいるけれど、「はいはい。カフェでTwitterをしているということですね」と受け取られて終わる。また、あえて他人に共有するような話でもない。そして、「カフェでMacBookAir」のクールさにクラッとくるのは、上京したてで、かつApple製品が珍しい女子だけだろう。女子はMacBookAirで落ちるのではない。

高城剛さんならアタシから攻めちゃう

 実際に恋人にするなら、ノマド男子ってどうよ? こんな赤裸々な疑問をぶつけてみた。

 「恋人にはムリ。だって『ノマド=フリーランス』な就業形態の人が多いでしょ? いい年した結婚適齢期女子から見たら、不安定過ぎて困っちゃう。男友達としてはいいけど、彼氏にはねぇ……」(28歳女性)

 「ある程度稼いでいる人ならOK。浮き沈みの激しいWeb業界で、生き残っていける強い人じゃなきゃキツいかな。高城剛さん(沢尻エリカさんの元旦那)って、ハイパーメディアクリエイターだっけ(笑)? あれくらいのレベル感なら、こちらから求婚したい。見るからに金持ちじゃん」(29歳女性)

 会社員レベルにそこそこ安定した収入を得ている、各方面で活躍しているといった、明らかな「お金に困っていない感」「余裕」のあるノマド男子であれば、恋人候補や結婚相手候補となり得るようだ。ただ、一般的には「ノマド=不安定」といったイメージが根強く付きまとっている。

 ノマドであることをひけらかさず、それでいて安定収入があるように見せること――これがモテるノマド男子の条件のようだ。ノマド男子の皆さんには、ぜひご注意いただきたいと思う。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、上記の心構えを意識すれば、すべてのノマド男子が確実にモテるとは言い切れません。

関連キーワード

男子 | モテ機 | 女子 | カフェ | MacBook | Apple | モテ | MacBook Air


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」