女子の本音を探った!  SNS上での下ネタ・エロネタはどこまで許される?モテ機 Vol.46

飲み会などお酒の入ったリアルな場では、比較的容認される下ネタ。SNS上ではどこまでOK?

» 2013年04月01日 11時55分 公開
[池田園子,ITmedia]

 ちょっと下品だけど、楽しい下ネタ。飲み会では酒の肴にもなる話題だ。そんな下ネタだが、リアルの場ではなく、SNS上ではどこまで許されるのか? 表情やテンションが見えない文字だけに、また事情は違ってくるものなのだろうか。女子の正直な意見を聞いてみた。

発信型:原則「おちゃらけ系男子」のみが投稿資格あり

 下ネタ×SNSにもさまざまなパターンがあるが、まずは「下ネタ発信型」男子について分析する。「電車で目の前に座ってる女子が巨乳」「隣に座ってる女子高生の太ももに萌え」「合コン相手の女子で超セクシーな子がいるが、胸が大きいだけで顔はかなり微妙……」といった実況系の場合はいかに。

 女子に聞いてみると「いちいち言うことじゃなくない?」「脳内でつぶやいとけよ」「ひとりで盛り上がればいいのに」といった冷たい意見が多かった。一方、「明るいエロだなぁと許してあげてもいい」「むっつり(スケベ)よりはマシ」「ライトなネタは大目に見てあげよう」といったあたたかい意見も見られた。しかし、実況している暇があれば、目で見ておけばいいのに……と筆者は考える。

 これらの実況系のほか、ここには書けないような「×××したい」や、「イチャイチャしたい」といった宣言系(欲望吐露系)もある。これについては「あまり明るい性格ではない男子が、そういうことを言ってたらドン引き」「面白い系の男子が言ってたら許せる。今日もコイツふざけてるな……って思うだけ」などと、大半の女子が厳しい意見だった。発信型の中でも、欲望吐露系はすべての男子に許されるものではない。日常の振る舞いが関係してくることが分かった。

絡み型ソフトver.:日常でも「エロキャラ」なら許せる

 次は、女子の発信した下ネタにソフトに絡んでくるパターンの「下ネタ絡み型ソフトver.」男子について分析する。「今日はおんなのこの日。超ブルー。お腹痛いよ」「勝負下着をつけた。ムフフ」などと投稿する女子も、そもそもどうかと思うのだが……。そういった女子発の下ネタに絡んでくる男子について、女子はどう思っているのか。

 「私の会社にFacebookでエロ系の投稿をすると、秒速で『いいね!』してくる年上男性がいる。でも彼はそういうキャラだという扱いなので、何とも思わないな」「もともと、エロネタ大好き的なキャラで通しておけば、『またきたよー』と笑って流せる。でも、普段むっつりな人が反応してくると、そのギャップに戸惑う」といった意見が大半だ。

 女子の下ネタに絡んで「ウザい」「キモい」と思われないためには、普段からエロキャラとして貫き通すことが必要だ。これまでエロキャラは封印していた人であっても、この4月から新しい環境に身を置いているならば、キャラ替えすることも可能だ。キャラ変すれば、正々堂々と下ネタに絡んでいくことができるよ!

絡み型ハードver.:100%引かれるパターンなので脳内にとどめよ

 最後は、女子の発信した下ネタにややハードに絡んでくるパターンの「下ネタ絡み型ハードver.」男子について分析する。たとえば、女子がアップしたややきわどい写真について「超かわいいね。これはヤバい」「写真いただきます」「もっと×××見せて」などと絡む男子――目撃したことはないだろうか。筆者個人的に、これらの絡みはやり過ぎ感が否めない気がするが。

 これについて女子は「自分が前に好きだった人が、Twitter上でこんな発言をしていて一瞬で引いた。私の美しい純粋な恋愛感情が汚された感覚で許せない」「たとえ冗談でも、自分の彼氏がほかの女にこういうことを言ってたらひっぱたく」といった怒りの意見が見られた。別に自分が汚されたわけでもないのに、汚れた……と感じる気持ちはよく分かる。ひとりで勝手にオマエに恋焦がれた時間を返せよ馬鹿野郎!って感じ。

 たかが下ネタ、されど下ネタ。発言内容を考える以前に、自分は下ネタ投稿をしても大丈夫なのか、普段から“エロキャラ準備”できているかを見直すことがまず必要ではないだろうか。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、適切な下ネタを発信したり、適切に女子の下ネタに絡んだからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。

関連キーワード

モテ機 | 下ネタ | SNS | 投稿


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」