ニュース
» 2013年04月01日 11時55分 公開

女子の本音を探った!  SNS上での下ネタ・エロネタはどこまで許される?モテ機 Vol.46

飲み会などお酒の入ったリアルな場では、比較的容認される下ネタ。SNS上ではどこまでOK?

[池田園子,ITmedia]

 ちょっと下品だけど、楽しい下ネタ。飲み会では酒の肴にもなる話題だ。そんな下ネタだが、リアルの場ではなく、SNS上ではどこまで許されるのか? 表情やテンションが見えない文字だけに、また事情は違ってくるものなのだろうか。女子の正直な意見を聞いてみた。

発信型:原則「おちゃらけ系男子」のみが投稿資格あり

 下ネタ×SNSにもさまざまなパターンがあるが、まずは「下ネタ発信型」男子について分析する。「電車で目の前に座ってる女子が巨乳」「隣に座ってる女子高生の太ももに萌え」「合コン相手の女子で超セクシーな子がいるが、胸が大きいだけで顔はかなり微妙……」といった実況系の場合はいかに。

 女子に聞いてみると「いちいち言うことじゃなくない?」「脳内でつぶやいとけよ」「ひとりで盛り上がればいいのに」といった冷たい意見が多かった。一方、「明るいエロだなぁと許してあげてもいい」「むっつり(スケベ)よりはマシ」「ライトなネタは大目に見てあげよう」といったあたたかい意見も見られた。しかし、実況している暇があれば、目で見ておけばいいのに……と筆者は考える。

 これらの実況系のほか、ここには書けないような「×××したい」や、「イチャイチャしたい」といった宣言系(欲望吐露系)もある。これについては「あまり明るい性格ではない男子が、そういうことを言ってたらドン引き」「面白い系の男子が言ってたら許せる。今日もコイツふざけてるな……って思うだけ」などと、大半の女子が厳しい意見だった。発信型の中でも、欲望吐露系はすべての男子に許されるものではない。日常の振る舞いが関係してくることが分かった。

絡み型ソフトver.:日常でも「エロキャラ」なら許せる

 次は、女子の発信した下ネタにソフトに絡んでくるパターンの「下ネタ絡み型ソフトver.」男子について分析する。「今日はおんなのこの日。超ブルー。お腹痛いよ」「勝負下着をつけた。ムフフ」などと投稿する女子も、そもそもどうかと思うのだが……。そういった女子発の下ネタに絡んでくる男子について、女子はどう思っているのか。

 「私の会社にFacebookでエロ系の投稿をすると、秒速で『いいね!』してくる年上男性がいる。でも彼はそういうキャラだという扱いなので、何とも思わないな」「もともと、エロネタ大好き的なキャラで通しておけば、『またきたよー』と笑って流せる。でも、普段むっつりな人が反応してくると、そのギャップに戸惑う」といった意見が大半だ。

 女子の下ネタに絡んで「ウザい」「キモい」と思われないためには、普段からエロキャラとして貫き通すことが必要だ。これまでエロキャラは封印していた人であっても、この4月から新しい環境に身を置いているならば、キャラ替えすることも可能だ。キャラ変すれば、正々堂々と下ネタに絡んでいくことができるよ!

絡み型ハードver.:100%引かれるパターンなので脳内にとどめよ

 最後は、女子の発信した下ネタにややハードに絡んでくるパターンの「下ネタ絡み型ハードver.」男子について分析する。たとえば、女子がアップしたややきわどい写真について「超かわいいね。これはヤバい」「写真いただきます」「もっと×××見せて」などと絡む男子――目撃したことはないだろうか。筆者個人的に、これらの絡みはやり過ぎ感が否めない気がするが。

 これについて女子は「自分が前に好きだった人が、Twitter上でこんな発言をしていて一瞬で引いた。私の美しい純粋な恋愛感情が汚された感覚で許せない」「たとえ冗談でも、自分の彼氏がほかの女にこういうことを言ってたらひっぱたく」といった怒りの意見が見られた。別に自分が汚されたわけでもないのに、汚れた……と感じる気持ちはよく分かる。ひとりで勝手にオマエに恋焦がれた時間を返せよ馬鹿野郎!って感じ。

 たかが下ネタ、されど下ネタ。発言内容を考える以前に、自分は下ネタ投稿をしても大丈夫なのか、普段から“エロキャラ準備”できているかを見直すことがまず必要ではないだろうか。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、適切な下ネタを発信したり、適切に女子の下ネタに絡んだからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。

関連キーワード

モテ機 | 下ネタ | SNS | 投稿


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」