やりすぎは良くないね! Facebook「いいね!」のベスト頻度/タイミングを知りたいモテ機 Vol.43

Facebookで「いいね!」押してますか? 「いいね!」ってスゴい発明だと思うけれど、問題もはらんでいるみたい。

» 2013年03月11日 11時04分 公開
[池田園子,ITmedia]

 ソーシャルメディア全盛期の今、Facebookに関する「問題」は増えている。まさに「ソーシャル疲れ」という言葉がそれを表しているではないか。本来は楽しいはずのソーシャルを使って、むしろくたくたに疲れたり、ストレスをためたりと大変なことになっている。モテ機でも代表的なソーシャルメディアであるFacebookをウォッチしていきたいと思う、今回は「いいね!」に焦点を当てる。

しばらく会っていない相手に突然「いいね!」するのは効果的

 まず大きな問題になるのが「いいね!」する頻度。筆者の周りの女子に意見を聞いてみた。「すべての投稿に対して『いいね!』してくるオジサンがいて困惑している。正直、気持ち悪い。しかも友達ではなくて、地元に帰ったときに、ちょっと立ち寄ることのあるお店のオジサン。見張られている感がイヤだ」と話すのは都内の大学に通う女子大生。それにしても「すべての投稿に対して『いいね!』」という、一種の「ファン感」、言ってしまえば「追いかけている感」が強烈だ。しかも、その子の投稿は1日に3〜4個あり、なかなか更新頻度が高いというのに。常にその子の個別ページを開いているか、更新の通知が来るように「親しい友達」として登録しているか、という感じなのだろうけど。

 ほかの女子に理想の「いいね!」頻度を聞いてみると「3日に1回くらい」「たまに突然『いいね!』くれる人がいると、最近全然会ってないのに見ていてくれているんだとうれしくなる!」「めったに『いいね!』をくれない人から反応があると意識しちゃうかも」「ストーカーっぽくなければOK」といった回答も。つまり、やりすぎは禁物だということ。「いいね!」はされすぎると、脅威に変わるということを覚えておいてほしい。いくら好きな相手で、心から「いいね!」したくても、たまには見守るだけのポジションでいるのも悪くない。

最初に「いいね!」した人は感謝されるらしい

 ベストな頻度に続いて、ベストなタイミングについても知りたい。女子はどんなタイミングに「いいね!」されるとうれしいのか。都内のIT企業で働く女子に聞いてみた。「『これは自信作!』と思って少し長い文を投稿したときに、なかなか誰からも『いいね!』してもらえなくてヘコんでたら、突然『いいね!』くれた人がいたんです。それからはほかの人も『いいね!』してくるようになりました。はじめの一歩(?)になるような『いいね!』をしてくれると最高」らしい。

 確かにパッと見、複雑なテーマについて書かれてありそうな投稿は、一瞬で分かる写真と違って瞬時に「いいね!」しにくいし、読む前にまず「長い」という理由でためらってしまう。1人が「いいね!」していれば、読む価値があるのだなと分かる。そういった点で「いいね!」は1つの判断材料となる。「『いいね!』がないまま時間がたつと、みんなのフィードに現れにくくなるので、誰か『いいね!』してほしいと思うときがある。そのときにサッと『いいね!』が来るとラッキーって感じ。感謝しちゃう」と話す女子も。最初の「いいね!」を押す人になりたい。

上司を親しい友達に登録して「いいね!」する女子も……

 最後に「いいね!」に関するイヤなエピソードについて聞いてみた。「今になって上司がFacebookにハマり始めちゃって……」と話すのは都内のメーカーに勤務する女子。ネット上の悩み相談でもよく見かけるが、自分の投稿に対してリアクションしないと、「俺のFacebook見てくれたー?」とパワハラまがいの言葉で責めてくるのだとか。それはうっとうしい! とはいえ、一応上司なので「アンタのFacebookなんてつまらないので見てません。飲んでいる様子とかネコの写真くらいしか投稿されてないじゃないですか。あれのどこに有益な情報があるんですか?」などと反論はできない。渋々上司を「親しい友達(親しくない! というか「友達」ではない!)」に登録して、通知が来たら義理で「いいね!」を押しているのだとか。あぁ、大変……。上司を「親しい友達」に登録までしている姿が、切なすぎて泣ける。リアルに親しい友達を押しやって唐突に差し込まれる上司の投稿……これこそ「いいね!」の生んだ悲劇だ。「上司がFacebookに飽きてくれることを望んでます」と彼女は話していた。そうなると「いいね!」。

 これからもFacebookは使われ続けるだろう。さらにユーザーも増えていく。「いいね!」を正しく理解してくれる人が増えると「いいね!」だよなぁと考えながら、今回は筆を置きたいと思う。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、適切な頻度かつ適切なタイミングで「いいね!」したからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。

関連キーワード

モテ機 | 女子 | Facebook | 男子 | 投稿 | 上司


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」