スズキへの愛と胸のサイズは超大型「ばくおん!!」鈴乃木凜ちゃんの熱血人生あのキャラに花束を

荒ぶる金髪ツインテール。

» 2016年04月20日 15時40分 公開
[たまごまごねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像 おりもとみまな「ばくおん!!」2巻表紙

 女の子と機械の組み合わせって、男の子にとって永遠のテーマだと思う。

 身近なメカメカしいものの代表、バイク。「ばくおん!!」は緻密なバイク描写と女の子の組み合わせで魅せてくれる、ハイテンションコメディです。

 作中には、バイクへのフェティシズムがあふれています。中でも突出しているのが、スズキのバイクが世界一! という、スズキ信者の鈴乃木凜ちゃん。

 スーパーデンジャラスわがままボディで、胸のSのロゴとおしりははちきれんばかり。アニメではぶるんぶるん胸が揺れています。バイクに乗るとき、いつでもレーシングスーツを着込んでいる彼女。これがまた体のラインがくっきり出る。ムチムチです。大変けしからん。フルフェイスヘルメットから、ツインテールがはみ出しているのも素晴らしい。

 主人公の佐倉羽音より先にGSX400Sカタナとセットで、フィギュアが出ることも決まっています。


画像 凜ちゃん。胸と尻とツインテールが、ものすごくフィギュア映えしています(Amazonの商品ページより)



スズキ大好き鈴乃木凜

 凜は、スズキの製品が大好き、いや、スズキ以外のものは目に入らない。愛というより偏愛に近い。スズキのバイクはなんでも絶賛です。

 これは、バイクあるあるの1つ。スズキはたまに、特殊でくせのあるデザインのバイクを出すことがあります。独自なものを作ろう、という精神から生まれたもので、例えばGSX400Xインパルスは「東京タワーと鳥居」をモチーフにデザインしている、という変わり種。

 このセンスにホレ込むかどうかが分かれ道。スズキの商品と考え方に魅了され、どこまでもスズキについていく人のことを、ネットでは「鈴菌に感染した」ということがあります。凜は、まさに鈴菌感染者どまんなか。

 凜の愛は、ひたすらにまっすぐです。例えば彼女、スズキをもっとみんなに知ってもらうために、オリジナルロゴを作るシーンがあります。これがもう、幼子のように無邪気。


画像 胸にはスズキGSX250S COBRA、部屋にはスズキのポスターに、鈴木修人形。ああ、楽しそう(7巻34ページ)

 なんの掛け値もない。あまりにも純真な彼女は、見ていて大変気持ちがいい。



ツンデレどころのさわぎじゃない

 彼女は、はっきりとしたツンデレです。というかツンデレをこじらせてやっかいなことになっている、不器用極まりない子。

 1巻でバイク部ツーリングに行くのが決まった時、凜は「私は行かないわよ!!」と反対します。実は凜、自分の意志でバイク部に入っていませんでした。まあ、誘いません。それを聞いて凜「なによクラスメイトのバイク乗りを誘わない気!?」と反論。で、誘うと「行かないわよ!!」どっちなんだ。

 彼女はものすごく友情に飢えています。九州にツーリングが決まった時、彼女は綿密に情報集めをし、プランを立てていました。楽しみだったんだね。しかし勢い余って仲間とケンカしてしまい、売り言葉に買い言葉で話題を蹴ってしまいました。自分で自分を制御できていない。


画像 なんというか、めんどくさかわいい。あとその名前は恥ずかしい(5巻132ページ)

 一方でデレたらデレたで気が大きくなるから大変。自意識過剰な発言で、周りを困らせます。

 一緒に組む側としては、さすがに毎回これでは面倒くさいのは、分かる。けれども凜ちゃん悪い子じゃないんだよ! ちょっと目立ちたがりやで、相手との距離感をうまくとることができないだけ。もっとうまく話す方法があるのにできていないのは、本人も分かってるんじゃないかな。



一生懸命な娘さん

 彼女はものすごく真面目な子です。大雑把な行動が多いのでそうは見えないけど、本質はかなり几帳面です。

 まずバイクの乗り方がしっかりしている。交通安全のお守りも山程持っています(よくこけるけど)。羽音たちが荒くれ者のバイク映画を見ていた時、暴走族の映画はバイクのイメージを落とす、と言ったこともあります(その後完全に影響受けちゃうけど)。乗るからにはきちんとしないといけない、という意識がものすごく高い。バイクを愛しているからこそ、整備はマメです。もちろんバイクを傷つけるようなことはしません。

 勉強もそこそこできます。平均70点以上。ピザ配達のバイトもこなします。作中ではガソリンを躊躇(ちゅうちょ)なく満タンにするお金持ちのように描かれていますが、ひょっとしてバイク維持費のためにバイトしているのでは。

 北海道にツーリングにいったとき、凜はキタキツネに遭遇します。事故になるか、ひいてしまうか……。彼女はギリギリでブレーキを間に合わせました。キツネに対して怒鳴り散らします。「人なつこいのもいいかげんにしてよ!!」「エキノコックスが感染るでしょ!!!」本当にそう思ってるの?


画像 彼女の本心(2巻129ページ)

 ところどころで、根がやさしく素直なのが、ポロッと出る。

 確かに凜はスズキに対して盲信的かもしれない。けれどもスズキを愛し、青春を捧げて笑顔になっている彼女、本当に輝いています。笑われることもあるけれど(仕方ない言動もとっているけど)、こんなピュアな顔で好きなものを謳歌していたら、それは幸せだよ。

 凜ちゃんの魅力は「スズキが好きすぎてクレイジー」なところです。そして「スズキに夢中でキラキラしている」ところです。

 何かを愛し続けられる人って、いずれみんなに愛されると思う。


(C)おりもとみまな(ヤングチャンピオン烈)2012



たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」