ニュース
» 2016年04月20日 15時40分 公開

スズキへの愛と胸のサイズは超大型「ばくおん!!」鈴乃木凜ちゃんの熱血人生あのキャラに花束を

荒ぶる金髪ツインテール。

[たまごまご,ねとらぼ]

画像 おりもとみまな「ばくおん!!」2巻表紙

 女の子と機械の組み合わせって、男の子にとって永遠のテーマだと思う。

 身近なメカメカしいものの代表、バイク。「ばくおん!!」は緻密なバイク描写と女の子の組み合わせで魅せてくれる、ハイテンションコメディです。

 作中には、バイクへのフェティシズムがあふれています。中でも突出しているのが、スズキのバイクが世界一! という、スズキ信者の鈴乃木凜ちゃん。

 スーパーデンジャラスわがままボディで、胸のSのロゴとおしりははちきれんばかり。アニメではぶるんぶるん胸が揺れています。バイクに乗るとき、いつでもレーシングスーツを着込んでいる彼女。これがまた体のラインがくっきり出る。ムチムチです。大変けしからん。フルフェイスヘルメットから、ツインテールがはみ出しているのも素晴らしい。

 主人公の佐倉羽音より先にGSX400Sカタナとセットで、フィギュアが出ることも決まっています。


画像 凜ちゃん。胸と尻とツインテールが、ものすごくフィギュア映えしています(Amazonの商品ページより)



スズキ大好き鈴乃木凜

 凜は、スズキの製品が大好き、いや、スズキ以外のものは目に入らない。愛というより偏愛に近い。スズキのバイクはなんでも絶賛です。

 これは、バイクあるあるの1つ。スズキはたまに、特殊でくせのあるデザインのバイクを出すことがあります。独自なものを作ろう、という精神から生まれたもので、例えばGSX400Xインパルスは「東京タワーと鳥居」をモチーフにデザインしている、という変わり種。

 このセンスにホレ込むかどうかが分かれ道。スズキの商品と考え方に魅了され、どこまでもスズキについていく人のことを、ネットでは「鈴菌に感染した」ということがあります。凜は、まさに鈴菌感染者どまんなか。

 凜の愛は、ひたすらにまっすぐです。例えば彼女、スズキをもっとみんなに知ってもらうために、オリジナルロゴを作るシーンがあります。これがもう、幼子のように無邪気。


画像 胸にはスズキGSX250S COBRA、部屋にはスズキのポスターに、鈴木修人形。ああ、楽しそう(7巻34ページ)

 なんの掛け値もない。あまりにも純真な彼女は、見ていて大変気持ちがいい。



ツンデレどころのさわぎじゃない

 彼女は、はっきりとしたツンデレです。というかツンデレをこじらせてやっかいなことになっている、不器用極まりない子。

 1巻でバイク部ツーリングに行くのが決まった時、凜は「私は行かないわよ!!」と反対します。実は凜、自分の意志でバイク部に入っていませんでした。まあ、誘いません。それを聞いて凜「なによクラスメイトのバイク乗りを誘わない気!?」と反論。で、誘うと「行かないわよ!!」どっちなんだ。

 彼女はものすごく友情に飢えています。九州にツーリングが決まった時、彼女は綿密に情報集めをし、プランを立てていました。楽しみだったんだね。しかし勢い余って仲間とケンカしてしまい、売り言葉に買い言葉で話題を蹴ってしまいました。自分で自分を制御できていない。


画像 なんというか、めんどくさかわいい。あとその名前は恥ずかしい(5巻132ページ)

 一方でデレたらデレたで気が大きくなるから大変。自意識過剰な発言で、周りを困らせます。

 一緒に組む側としては、さすがに毎回これでは面倒くさいのは、分かる。けれども凜ちゃん悪い子じゃないんだよ! ちょっと目立ちたがりやで、相手との距離感をうまくとることができないだけ。もっとうまく話す方法があるのにできていないのは、本人も分かってるんじゃないかな。



一生懸命な娘さん

 彼女はものすごく真面目な子です。大雑把な行動が多いのでそうは見えないけど、本質はかなり几帳面です。

 まずバイクの乗り方がしっかりしている。交通安全のお守りも山程持っています(よくこけるけど)。羽音たちが荒くれ者のバイク映画を見ていた時、暴走族の映画はバイクのイメージを落とす、と言ったこともあります(その後完全に影響受けちゃうけど)。乗るからにはきちんとしないといけない、という意識がものすごく高い。バイクを愛しているからこそ、整備はマメです。もちろんバイクを傷つけるようなことはしません。

 勉強もそこそこできます。平均70点以上。ピザ配達のバイトもこなします。作中ではガソリンを躊躇(ちゅうちょ)なく満タンにするお金持ちのように描かれていますが、ひょっとしてバイク維持費のためにバイトしているのでは。

 北海道にツーリングにいったとき、凜はキタキツネに遭遇します。事故になるか、ひいてしまうか……。彼女はギリギリでブレーキを間に合わせました。キツネに対して怒鳴り散らします。「人なつこいのもいいかげんにしてよ!!」「エキノコックスが感染るでしょ!!!」本当にそう思ってるの?


画像 彼女の本心(2巻129ページ)

 ところどころで、根がやさしく素直なのが、ポロッと出る。

 確かに凜はスズキに対して盲信的かもしれない。けれどもスズキを愛し、青春を捧げて笑顔になっている彼女、本当に輝いています。笑われることもあるけれど(仕方ない言動もとっているけど)、こんなピュアな顔で好きなものを謳歌していたら、それは幸せだよ。

 凜ちゃんの魅力は「スズキが好きすぎてクレイジー」なところです。そして「スズキに夢中でキラキラしている」ところです。

 何かを愛し続けられる人って、いずれみんなに愛されると思う。


(C)おりもとみまな(ヤングチャンピオン烈)2012



たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」