ニュース
» 2017年11月11日 10時30分 公開

今日からあなたは死神のパシリです ピタゴラスイッチ感覚で人を事故死させるパズルゲーム「Death Coming」週末珍ゲー紀行

因果律により定められしモブキャラたちの消費期限。

[Ritsuko Kawai,ねとらぼ]

 死神となってドット絵のキャラクターたちをあの手この手で事故死させていくパズルゲームDeath Comingが、11月6日にSteamでリリース(早期アクセス)されました。

 かわいらしいグラフィックと過激なコンセプトで、発売前から一部PCゲームファンの注目を集めていた同作、リリースされると早速Twitterでも「何これ面白そう!」と話題に。期待の「死なせゲー」は果たしてウワサ通りの楽しさなのか、「週末珍ゲー紀行」第10回は「Death Coming」を取り上げます。


ライター:Ritsuko Kawai

週末珍ゲー紀行

カナダ育ちの脳筋女子ゲーマー。塾講師、ホステス、ニュースサイト編集者を経て、現在はフリーライター。下ネタと社会問題に光を当てるのが仕事です。洋ゲーならジャンルを問わず何でもプレイしますが、ヒゲとマッチョが出てくる作品にくびったけ。Steamでカワイイ絵文字を集めるのにハマっています。趣味は葉巻とウォッカと映画鑑賞。ネコ好き。




ありふれた日常風景から殺人オブジェクトを見つけ出す

 世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する「週末珍ゲー紀行」。第10回は死神の助手となって運命のいたずらを操る殺人パズルゲーム「Death Coming」を紹介します。ホラー・サスペンス映画「ファイナル・デスティネーション」を観たことがある人ならピンとくるはず。NPCたちには決してあらがえない終点が定められており、プレイヤーのクリック1つでぽっくり逝きます。ピタゴラスイッチのような感覚で、いかに多くの人間を同時に殺せるかが本作における最大の醍醐味です。


Death Coming 珍ゲー

 プレイヤーは死にました。今日からあなたは死神のパシリです。その目的は、運命により定められた“期限切れ”の人間から魂を集めること。死とは現し世の終点であり、生きとし生けるものへ平等に訪れるもの。しかし、幽世の住人となったプレイヤーが彼らに物理的に干渉することはできません。プレイヤーにできることは、あくまでも偶発的な死亡事故のきっかけを作ることだけ。大切なのは、ありふれた日常の風景から脅威となりうる殺人オブジェクトを見つけ出す観察力です。

 バルコニーの端に置かれた植木鉢や、今にも落ちてきそうな高所の看板、プールの頭上に垂れ下がる漏電した電線、広場の樹木に潜む大量のハチなど、NPCを死に至らせるオブジェクトはありとあらゆる場所に存在します。それらを正しい順番やタイミングでクリックすることで、悲劇的な死亡事故を演出できるというわけです。同時により大勢の死人が出るほど高得点が加算され、死神が定めた殺人ノルマを達成すればステージクリアです。


Death Coming 珍ゲー プールではしゃぐパーリーピーポーがまとめて感電死

 各ステージには、主人公の生前に何らかのつながりを持っていた人物が3人ずつ登場します。こうした重要ターゲットは、特定のオブジェクトに干渉することで事故現場へおびき出してから別のオブジェクトに巻き込むなど、ピタゴラスイッチのようなコンボでしか殺せないことがほとんど。柔軟な発想と巧妙な手口で見事に死へ導くと、ボーナスポイントが入ります。しかし、ほとんどのオブジェクトは一度干渉すると再利用はできないので、使用する順番やタイミングを試行錯誤する必要があります。

 特筆すべきは、本作が単なる趣味の悪いカジュアル虐殺ゲームに見えて、やればやるほど頭を使うパズルゲームであることが実感できる点です。最初のうちは物を頭上に落としてつぶしたり、赤信号をいじって人間性が皆無のドライバーにひき殺させたりと、単純な仕掛けの連続ですが、中盤からは時間経過によって状況や天候が変化したり、死神の行動を監視する天使が登場したりと、どんどんパズル性が増していきます。それに伴い大事故を誘発させて“メガキル”した瞬間の達成感もひとしおです。


Death Coming 珍ゲー ダンスに励むグループがハチの群れに襲われメガキル

 対応言語は英語と中国語のみですが、価格は698円とお手ごろ。さらに11月14日までは、発売記念のスペシャルプロモーションとして35パーセントの割引中です。頭を使うパズルゲームが好きな人はもちろん、映画「ファイナル・デスティネーション」ピタゴラスイッチを愛してやまないからくりフェチには、脳みそのサプリメントとしておすすめです。もしかしたら明日からもっと日常に潜む脅威に注意深くなれるかもしれません。


Ritsuko Kawai


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」