ニュース
» 2017年11月24日 20時33分 公開

人間なんかやめていっそ猫になりたい人へ にゃーにゃと遊べるネコ好きホイホイ「Play with Gilbert」に癒される週末珍ゲー紀行

Out Neow!

[Ritsuko Kawai,ねとらぼ]

 死神になって罪のないドット絵キャラを大量死させるゲームとか、美少女ゲームなのになぜか「精神的恐怖」というタグが付いているゲームとか、これまで妙に殺伐としたゲームの割合が高かった「週末珍ゲー紀行」ですが、担当者も決して事故とか流血とかそういったゲームばかり探してSteamをうろついているわけではありません。

 ということで、第11回は日頃から「猫になりたい……」とつぶやいてばかりいる担当編集の願望をかなえてくれるゲームPlay with Gilbertを取り上げます。


動画が取得できませんでした


ライター:Ritsuko Kawai

週末珍ゲー紀行

カナダ育ちの脳筋女子ゲーマー。塾講師、ホステス、ニュースサイト編集者を経て、現在はフリーライター。下ネタと社会問題に光を当てるのが仕事です。洋ゲーならジャンルを問わず何でもプレイしますが、ヒゲとマッチョが出てくる作品にくびったけ。Steamでカワイイ絵文字を集めるのにハマっています。趣味は葉巻とウォッカと映画鑑賞。ネコ好き。




不足しがちな“にゃーにゃ養分”を手軽に摂取

 世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する「週末珍ゲー紀行」。第11回は、愛くるしい仔猫になって街中を探検するカジュアルゲームPlay with Gilbertを紹介します。街中を駆け回ってお魚さんを集めたり、にゃーにゃー鳴いて仲間たちを呼んだり、とてもシンプルだけどネコ好きにはたまらない癒やしの作品です。


珍ゲー Play with Gilbert

 誰もが一度は何もかも投げ出してネコになりたいと思ったことがあるのではないでしょうか。その夢は決してかなえられないけれど、好奇心旺盛な仔猫になりきって気分だけでも味わうことならできるかもしれません。タイトルの示す通り、デフォルトの白猫ギルバートでも遊べるし、にゃーにゃメイキングで名前や毛色、アクセサリーなどを自分で選んで、あなただけの愛猫を作ることもできます。

 もともと幼児教育を目的とした作品なので、内容はとてもシンプルです。ピンクのお魚を集めながら、「にゃー」ボタンで仲間を集めるだけ。また、街中を徘徊している不審なニンジャを捕まえたら金色のお魚さんがもらえます。群れに加わった仲間は、にゃーにゃーとお互いの鳴き声にハウリングしながらプレイヤーに追従します。「しゃー」と威嚇すれば解散。全てのお魚と仲間を集められたら、ご褒美にキレイな花火が上がります。

 ストーリーもバトルもなく頭も使いません。ゲームとしてだけならすぐ飽きちゃうかもしれないけれど、ネコ好きにはたまりません。何よりもネコを愛するネコ好きたちが毎日摂取しなければならない“にゃーにゃ養分”がたっぷり詰まっています。三度の飯よりネコが好きな人は、「にゃー」ボタンを連打して仲間たちとの大合唱を聞いているだけでも確実に癒されるでしょう。何よりも子どもと一緒に遊ぶのにぴったりのゲームです。


珍ゲー Play with Gilbert にゃーにゃメイキング画面、ステージは4種類から選べる

珍ゲー Play with Gilbert プレイヤーが立ち止まるとみんなきれいに整列する

珍ゲー Play with Gilbert やたらとグラフィックがキレイなのも本作の特徴

 カジュアルゲームとは思えないほどの美麗なグラフィックが示唆するように、デフォルトで要求されるPCスペックはかなり高いですが、子どもがネコ好きだけど自宅では飼えないというご家庭にはいいかもしれません。家事や仕事で忙しい時でも、あなたに代わってギルバートが遊んでくれるでしょう。価格もお手ごろで、たったの520円です。Out Neow!


Ritsuko Kawai


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響