交通事故から助けようとした子犬にかまれたけど平気平気! OLがミステリー級に不幸な日々を空笑いで生き抜く「耐え子の日常」

SNSで人気のギャグ漫画「耐え子の日常」、2巻発売を記念してねとらぼで出張連載。最終回の第7回は「理不尽のフルスロットル」編。

» 2019年01月15日 07時30分 公開
[黒木 貴啓ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 上司からコピーのついでに伝説の剣を抜くよう命じられる、同僚とランチの約束をしていたのに大蛇に飲み込まれてしまった――などなど、とんでもない理不尽の数々にOLの耐え子が「平気平気!」と耐えまくるTwitterのギャグ漫画「耐え子の日常」。書籍第2巻の発売を記念してねとらぼで出張連載してきましたが、最終回となる第7回は特にめちゃくちゃな不幸に遭いまくる「理不尽のフルスロットル編」です。もうここまで来たら耐え子が超常現象。

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL 助けようとした子犬に間髪入れず裏切られる、This is 耐え子です。

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL なぜか超大物歌手に本当になんでもない自分のツイートをリツイートされ

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL 取り巻きにクソリプを送られまくる、理不尽の極み

 「耐え子の日常」は2015年からSNSで投稿を開始、現在フォロワー数はTwitter(@OLtaeko)では14万人、Instagram(taeko_ol)では16万人を超える人気アカウント。どんな不幸な目に遭っても「平気平気!」と笑顔で応えながら耐えまくってしまうOL・辛抱耐え子の日常を描いたショート漫画ですが、特徴はなんといってもその逸脱性です。

 例えば社会人にありがちな「ごめん、先にランチ行ってて!」と同僚に謝る光景も、その理由といえば「ちょっと急な業務入ったから」あたりが関の山ですが、耐え子の場合は「ちょっとメデューサが必死で目を合わようとしてくるから」「ある組織からのダイナマイト攻撃が迫っているから」などめちゃくちゃハード。“不幸なOLあるある”が「いやそれはない」と言いたくなるレベルで降り掛かってくる。それでも若干の疑問を抱えながら「平気平気!」「これが社会だよね」みたいなテンションで耐えてしまう姿にシュールな笑いを誘われる作品となっています。

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL こんな巻き込み事故ってある?

 トラックに引かれそうな子犬を助けようと道路に飛び込んだら、間髪入れずに犬に足をかまれてしまったけれども「平気平気!」。会社に向かっている路地で浦島太郎みたいな人に至近距離で玉手箱を開かれてしまったときも「少し老けたけど、平気平気!」。前世でどれだけ悪いことをしたらこんな理不尽に遭遇するのかわかりませんが、それを作り笑い程度で耐えきってしまうことで「平気」がゲシュタルト崩壊を起こしています。「これは無理」と言うんだ耐え子、さもなくばお前が脅威だ。

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL 天災としかいいようのない逮捕劇

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL もう踏んだり蹴ったり、勝手にやっててくれ

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL お前が誰だよ! あと膝カックンあいさつ古いよ!

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL どうやってこの不幸を回避しろと……

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL 以下省略です

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL あなたの世界につながっちゃってごめんね

 とはいえさすがの耐え子が言葉をなくしてしまう不幸も多々あります。「ポチ〜! ポチ〜!」と叫びながらキョロキョロしている男性を見掛け、飼い犬を探しているんだろうと心配して声を掛けると、「そういう口グセなだけです」と断れられる日も。会社で蚊に刺されたと思ったら、ひたすら吸った血をまずそうに吐き捨てられる事案も発生します。ああ、秩序が、理がほしい。

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL ややこしさへのいら立ちより、異常行動への恐怖

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL なんなの? キューブリック作品なの?

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL 好奇心と正義感と恐怖心で混乱しかできない

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL このシミュレーションゲーム難しすぎる

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL このお姉ちゃんが一番知りたがっていると思うんよ……許してあげてくれ

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL 生き物全てにナメられる不幸ぶり

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL ハムスターがそんな目で見るんじゃない

 それでも「作り笑い」してしまう耐え子のことを、心優しいとは簡単には言ってはいけない。だけど、情けないことに気持ちはわかる。そんな逸脱した不幸と共感できるブルースが同居している彼女の姿に、Twitterでは「わかる」「耐え子かわいいよ」「わいは好きやで」と応援したり癒やされたりする声は少なくありません。本作は、グループに1人くらいは見掛ける、自信の無さから「いいよいいよ」と周囲に気を配ってしまうタイプの人間を、マンガならではに自由奔放に戯画化したコント作品といえるでしょう。

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL 泣いてもいいんだよ

耐え子の日常 出張 ねとらぼ 理不尽 マンガ OL お前が言うなよ、とはいうものの冴えた一言ではある

 Amazon.co.jpや全国書店で販売中の第2巻『耐え子の日常 フルスロットル』には描き下ろし「最終回」も収録されており、10年後の耐え子に“ある幸せ”が訪れている救いある内容となっています。耐える人生ってなんなのか、さまざまな側面から見つめて耐え子に「いや無理すんなよ」「わかる」「ごめん」「ありがとう」と声を掛けてあげましょう。


 ねとらぼでの出張掲載は今回で終了。第2巻には一応「最終回」が収録されていますが、今後もSNSでは「耐え子の日常」の連載は続いていきます。平成とともに耐えちゃんの厄が去っていけばいいのだけど絶対それはないだろうなぁ、がんばれ耐えちゃん。

黒木貴啓



『耐え子の日常』出張連載シーズン1(1巻発売記念) 記事一覧

『耐え子の日常』出張連載シーズン2(2巻発売記念) 記事一覧

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  2. /nl/articles/2407/12/news101.jpg アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  3. /nl/articles/2407/16/news052.jpg 「笑いむせた」 アイスを持ってオラオラしたら…… 「龍が如く3」の惨事に爆笑「麦茶飲みながら見るんじゃなかった」
  4. /nl/articles/2407/16/news153.jpg 山田裕貴、結婚後の近影が“別人級”に 「え? もはや誰っ??」「俳優のときとのギャップがすごいwwww」
  5. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  6. /nl/articles/2407/17/news049.jpg 「やばい」「予想の3倍は多い」 10キロ離れた山小屋に物資を調達…… 「歩荷さん」の“とんでもない荷物量”に思わず二度見
  7. /nl/articles/2407/17/news018.jpg 「リンゴは間引かないとこうなる」衝撃ショットが319万表示 「ビックリしたー!!!」「別の果物みたい!」驚きの声あがる
  8. /nl/articles/2407/16/news097.jpg 「先生が間違ってる?」 マクドナルドが公開した“難問”にツッコミ殺到 「こりゃ答え困るやつーwww」「出題ミス」
  9. /nl/articles/2407/16/news011.jpg 【今日の計算】「4900÷70」を計算せよ
  10. /nl/articles/2407/16/news107.jpg 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」