コラム
» 2019年04月03日 11時30分 公開

エイプリルフールと新元号発表が重なった「平成最後の4月1日」 ねとらぼ編集部が見た“空前絶後のお祭り騒ぎ”

「平成最後の4月1日」はどんな日だったのか、ねとらぼ編集部視点で振り返ってみました。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 2019年4月1日は「平成最後のエイプリルフール」にして「平成に代わる新元号の発表日」。ビッグイベントが重なり、ネット上はお祭り騒ぎでした。……いや、もっと盛大な表現を使うべきかもしれません。

 なにせ「時代の入れ替わりを象徴する出来事が同じ日に重なる」という、一生に一度あるか分からないような1日。カレンダーが狂ってお盆と正月がいっぺんに来ても、ここまで大きな“お祭り”にはならないでしょう。その様を一言で形容することは、もしかしたら不可能なのかもしれません。

 今回は日本語の難題に頭を悩ませる代わりに、筆者が所属する「ねとらぼ」編集部が過ごした“平成最後の4月1日”をご紹介。空前絶後のイベントラッシュに、あたふたする姿をお楽しみください。



4月以前

 4月1日にエイプリルフール、新元号の発表があることは事前に分かっていますから、当然、ねとぼ編集部ではあらかじめ準備を行っていました。エイプリルフールに関しては毎年恒例のため、編集部員も慣れたもの。3月中から情報解禁前のネタをチェックして、すぐ掲載できるようにスタンバイ。

4月1日午前0時

 日付が変わったタイミングで、予定通り「エイプリルフールネタまとめ」記事を公開。

 これで仕事終了……というわけではなく、その後も新たな「エイプリルフール企画のお知らせ」はガンガン送られてきますし、全く知らなかった企画もドンドン出てきます。そのため、いくら準備したところで、当日もバタバタするのは必至。

 そんなこんなで4月1日はずーっと「エイプリルフールネタを見つける → 記事に追加するか検討」というループが続き、エイプリルフールは“編集部員たちの作業時間”というとんでもないものを奪っていきました。まあ、ここまでは想定の範囲内なのですが……。


エイプリルフールネタまとめ」記事。冒頭で、ちょっと心の声がもれちゃってる件

午前9時〜

 筆者が出社すると、すでに編集部では、臨時で結成された「新元号を記事化するチーム」が稼働。発表されたらすぐに記事が出せるように下書きなどを用意しており、「有識者懇談会終わった」「間もなく全閣僚会議。約50分後には新元号発表」といった情報も逐一共有されます。

 その横には、約2カ月間の育休を取得していた編集長の姿が。久しぶりの仕事ということもあり、「PCのパスワードを忘れちゃう」という地味だけど深刻なトラブルが発生していたもよう。とにもかくにも、イレギュラーな出来事が続く1日の幕開けです。


こういうわけで育休を取得していました

午前11時半

 「日本中が元号発表の瞬間を見ようとして、動画が止まってしまったら……」という不安から、記者会見のもようはYouTube、テレビ、Facebookの3つでチェック。

 11時41分ごろに会見がスタートし、11時45分には「新元号は『令和(れいわ)』」と記事公開。その後も安倍首相の談話などがあり、「新元号チーム」は会見を注視し続けます(午後0時半ごろ記事化)。


首相官邸公式Twitterによるライブ配信から

午後0時半〜

 お昼過ぎ。ぼちぼち一息入れたい時間ですが、お祭り騒ぎは止まりません。新元号発表後も、令和に関連した情報がネット上に次々と投げ込まれていきます。それも、ぶっ飛んでいて「ウソみたいな本当」の情報ばかり。

 しかも、エイプリルフールで「本当みたいなウソ」の情報もあふれていますし、中には「ウソと見せ掛けておいて、本当にやっちゃう」パターンも。ねとらぼ編集部のネタ帳は、以下のような情報が集まるカオスな状態になっていました。

<本当みたいなウソの情報(エイプリルフール関連)>

  • 異界向け「クックパッド」登場
  • モト冬樹がイメージキャラクターの「モトのWiFi」
  • メスゴリラ向け恋愛ゲーム爆誕
  • フランスでクロワッサンの化石発見

異界向け「クックパッド」


サイトデザインが懐かし過ぎる「モトのWiFi」

<新元号発表で現れた「本当なのにウソみたいな情報」>


元号の説明をする人のイラスト(令和)」。ちなみに、これは「発表後、約20分で公開された画像」の数十分後に連続公開されたもの


ゴールデンボンバーの新元号ソング「令和」(画像はYouTubeより)

<エイプリルフールの「本当みたいなウソ」っぽく見えるけど、やっぱり本当の情報>





<混乱した頭だと、もうウソだか本当だかよく分からない情報>


「刻の大地 塔の戦い完結編」表紙



午後4時

 ここまで言及していませんでしたが、ねとらぼ編集部があるアイティメディアではこの日、夕方から「全社員が出席する集会」が行われました。

 というのも、4月1日には「年度始め」という要素もありますからね。この日に社内集会を行うのは自然なことなのですが、このあまりのイベントの多さに、ただただ……疲……れた……。

午後10時

 嵐のような一日が過ぎ去り、自宅でぼんやりTwitterを眺めていると、流れてきたのはアニメ「ポプテピピック」新作スペシャルの情報。地上波、ネット配信で「ポプ子」「ピピ美」の声優を変更し、一晩で合計16組32人に演じさせるという豪華キャストぶりに話題が集まりました。

 政府関係者はおそらく誰も予想していなかったでしょう。令和が発表された歴史的な日の夜、「クソアニメ」がTwitterトレンドに入ったのです。




新作のキャスト。左列が「ポプ子」、右列が「ピピ美」役(公式サイトのキャスト一覧から)

 エイプリルフールに新元号発表、年度始め、またやりやがった「ポプテピピック」。出来事が重なり過ぎて、もう何も考える気がしない。今日見たことや聞いたことが全てエイプリルフールの冗談だったら、なんて気楽だろう……。

 そんな気持ちで布団に入り、寝る前にハタと気付いたのは「2019年4月1日は『週始め』の月曜日でもあり、翌日も仕事がある」ということ。……ウ、ウソだああああああああ!!!!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声