レビュー
» 2019年11月18日 11時15分 公開

相談者は妻を殴って勾留10日間のDV夫 アドバイスは意外にも「離婚しない」方向に……?「テレフォン人生相談」先週のハイライト(2/2 ページ)

[北村ヂン,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

怖いという感情と、好き嫌いの感情は別?

 この日のアドバイザーは弁護士の塩谷崇之。

 「アナタの方からも、それから奥さんの方からも、離婚っていう話はまだ出てないんですね?」

 「うん、一言も出てないです」

 相談者が拘置所からなかなか出してもらえなかったことと、妻が離婚したがっているかどうかは別問題だと語る塩谷先生。

 「もともと、離婚したいと思ってたわけじゃないんでしょ?」

 「なんでここまでやってるのに、なんで一緒にいるのかなっていうのは、なくはなかったんですけどね。鍵さえ別に、事前に言ってるし、突然言ったことでもないんで、それ開けといてくれればよかったのになって……」

 相談者の話が整理されていないため理解しにくいが、おそらく、犬の世話も家事もやる「言うことない夫」なのに、妻が鍵を開けておいてくれなかったことが引っかかっているということなのだろう。

 塩谷先生は「妻の方は離婚したがっていない」としつつも、暴力を目の前で見てしまった次女は精神的ショックを受けているだろうと指摘する。その上で、次女の恐怖心が払拭されるまで冷却期間をおくという気持ちで別居生活を送ればいいとアドバイス。

 「怖いという感情と、好き嫌いの感情とはまた全然別ですから」

 ……そうかなー?

妻の側から相談されていたとしたら

 暴力があってもなかなか離れられない男女関係があることは理解できるけど、相談者が「実家に戻る」という誓約書を書いたことでようやく釈放されたことを踏まえると、妻の側は相談者と距離を置きたがっていると思えるのだが。

 「テレフォン人生相談」は、どうしても相談者の一方的な言い分を聞いてアドバイスをする形になるので、今回の場合だと「先走って離婚を切り出すことはない」という話になるのだろう。

 ただ、妻の側から相談されていたとしたら、「娘のことを考えたら別れるべき!」なんてアドバイスになっていたのではないだろうか?

 「今すぐ妻&次女に電話をかけて気持ちを聞いてみて!」と思ってしまう相談だった。

北村ヂン

文章からイラスト、漫画、映像まで、あの手この手でインターネットのみなさんのご機嫌をうかがうハイパーメディアライター

Twitter

これまでの「テレフォン人生相談」





















前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する