ニュース
» 2022年01月08日 12時00分 公開

皇族の方も召し上がった、松江の「おふくろの味」が詰まった駅弁とは? 〜松江駅弁・一文字家松江「赤貝めし弁当」(980円)

山陰・松江周辺のある程度上の世代の方にとって、「赤貝」は冬になると食べたくなるおふくろの味。いまもふるさと・島根の味に強くこだわって個性豊かな駅弁を販売する一文字家さんに話を聞きました。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 松江 松江「赤貝めし弁当」(980円)
駅弁 松江 駅弁 松江 駅弁 松江 駅弁 松江 駅弁 松江 駅弁 松江 駅弁 松江 駅弁 松江 駅弁 松江

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

 「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

 きっと、多くの方がお持ちであろう「おふくろの味」。肉じゃがやみそ汁などの家庭料理から、郷土の特産品を使ったご当地料理まで、それはさまざまですね。山陰・松江周辺のある程度上の世代の方にとっては、「赤貝」は冬になると食べたくなる、おふくろの味なんだそうです。そんな赤貝がよく獲れた昭和のころの松江駅弁と、この駅弁を召し上がった皇族の方について、一文字家の景山代表社員に訊きました。

駅弁 松江 285系電車・寝台特急「サンライズ出雲」、山陰本線・玉造温泉〜来待間

「駅弁屋さんの厨房ですよ!」第30弾・一文字家編(第3回/全6回)

 夜10時前の東京駅。日本唯一の定期夜行列車、寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」が静かにプラットホームを離れて行きます。前7両はこんぴらさんとうどんの国へ。後7両は出雲大社とそばの国へ連れて行ってくれます。「サンライズ出雲」は、定刻通りに走れば、松江に朝9時半過ぎの到着。松江を出ると、宍道湖を横目に、終着・出雲市に向けて、ラストスパートに入ります。

駅弁 松江 合資会社一文字家・景山直観代表

北前船の廻船問屋を起源に、旅館業から松江駅弁を手掛けるようになって100年以上。いまもふるさと・島根の味に強くこだわって、個性豊かな駅弁を販売しているのが、今年(2021年)で創業120年を迎えた合資会社一文字家です。じつは一文字家、鉄道以外にも、松江の移動には欠かすことのできない公共交通の先駆けとなった会社なんです。そのあたりのエピソードを、景山直観(かげやま・なおみ)代表に伺いました。

駅弁 松江 松江市営バス

松江市営バスは、一文字家のバス事業がルーツ!

私はこちらの本社へ、松江駅前から松江市営バスに乗ってきたのですが、じつは一文字家は、バスとも深い関係があるそうですね?

景山:景山家当主の長男は、明治の終わりごろアメリカに渡り、現地で生計を立てていました。その折、松江の実家からお金を送って、アメリカで車を買って送って欲しいと頼んだんです。送られてきた2台のフォードを使って、一文字家は松江市内で「松江乗合自動車」としてバス事業を始めました。ところが、数年して、このフォードが故障を起こしてしまいました。当時の松江には修理できる人がおらず、運行継続が難しくなってしまったんです。

大正から昭和の初めといえば、クルマ自体が珍しい存在ですよね?

景山:ちょうどこのとき、松江市が「市営バス」を始めることになりました。そこで市が松江乗合自動車の2台のバスを購入してくれることになったんです。いまの松江市交通局の歴史が書かれた文献にも、1ページ目に「合資会社一文字家より車を譲り受けて始めた」という記述があります。巡り巡っていまの本社前には、市営バスの平成町車庫があります。これもご縁なんでしょうね。

駅弁がよく売れた寝台特急「出雲」!

時代が下って、昭和の鉄道黄金時代はいかがでしたか?

景山:高度経済成長の波に乗って、一文字家の旅館も昭和42(1967)年に宍道湖畔に移転して松江温泉の「一文字やホテル」となりました。そこへ皇太子殿下と美智子妃殿下、(いまの上皇陛下・上皇后陛下)がお泊まりになりました。構内営業では、寝台特急「出雲」が発着するときに駅弁がよく売れました。いまは「サンライズ出雲」が運行されていますが、やはり、東京と乗り換えなしで結ばれているのは大きいことです。

駅弁 松江 DD51形ディーゼル機関車+24系25形客車・寝台特急「出雲」(2006年撮影)

中海でよく獲れた「赤貝」を駅弁に!

昭和のころ、人気があった駅弁は?

景山:昭和31(1956)年発売の「赤貝めし弁当」(980円)でしょうか。当時、中海では湧くように、赤貝が獲れていました。魚屋さんがあまりに安過ぎて商売にならないと目もくれず、八百屋さんが野積みにして赤貝を売っていることがよくありました。残念ながらいまは、昔と同じようには獲れません。しかし、島根県水産試験場が頑張って資源の管理をしています。おかげで中海産赤貝を使った駅弁を販売することができています。

この駅弁は、いまの秋篠宮皇嗣殿下も召し上がった駅弁だそうですね?

景山:平成14(2002)年のことです。宮内庁から島根県庁を通じて「赤貝めし弁当」のご注文をいただき、私が白手袋をして駅弁をお持ちいたしました。この日は、殿下がご出席される水族館技術者研究会が浜田市内であり、出雲空港へお越しになって、出雲市駅から浜田駅まで山陰本線の列車にご乗車されました。殿下が「ぜひ列車で駅弁を……」とお望みになったと伺っております。

駅弁 松江 赤貝めし弁当

 景山社長曰く、「松江の人間は冬になると、赤貝を食べたくなる、まさにおふくろの味」。「赤貝めし弁当」の掛け紙には、先ほどの“八百屋のエピソード”をはじめ景山社長のお父様が記した郷土料理・赤貝への情熱がそのまま綴られています。一文字家では、赤貝が取れなくなってしまったときも、中海の環境の悪化を憂い、その復活を願って、郷土料理を守りたい一心で、この「赤貝めし弁当」を作り続けたと言います。

駅弁 松江 赤貝めし弁当

【おしながき】

  • 炊き込みご飯(赤貝、ごぼう、人参) 錦糸玉子 海苔
  • 赤貝煮
  • 白魚 あおさ
  • 揚げ海老
  • あご野焼き
  • しその実わかめ
駅弁 松江 赤貝めし弁当

 人参やごぼうと一緒に炊きこんだ赤貝ご飯の上に、生姜を効かせ甘辛くふっくらと炊いた赤貝をたっぷり載せている「赤貝めし弁当」。中海の赤貝は正式には「サルボウ貝」と言って、一般的な赤貝より小ぶりなのが特徴。炊き込みご飯に載ると、食べやすい大きさです。おかずには白魚、揚げ海老、あご野焼きと松江を代表する味覚が顔を揃えて、赤貝めしの脇を固めます。駅弁をいただきながら、松江のお宅にお邪魔した気分になれそうですね。

駅弁 松江 285系電車・寝台特急「サンライズ出雲」、山陰本線・直江〜出雲市間

 東京〜出雲市間を約12時間かけて結んでいる寝台特急「サンライズ出雲」号。定刻通りに運行されれば、朝10時前には出雲市駅に到着します。サンライズ出雲は、全車カギのかかる個室寝台ということもあって、女性の旅行客も多いのが特徴。個室には電源用コンセントも備わっているので、スマートフォンの充電にも役立ちます。ときにはゆっくりと、快適な寝台列車に揺られて、出雲の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(初出:2021年11月15日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


「駅弁膝栗毛」バックナンバー



おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」