ニュース
» 2017年10月08日 15時43分 公開

懐かしの「スマートボール」が現役稼働中! 昭和の雰囲気たっぷりの遊戯場「ニュースター」で遊んできた

リアルタイムで遊んだことがある人は30〜40代以上?

[エンジン,ねとらぼ]

 懐かしの遊び「スマートボール」を今も遊ぶことのできるお店が、大阪の繁華街「新世界」にあるそうです。スマートボールとはスプリングで小さな玉を飛ばし、台に設置されたホールに入れる遊びのこと。一昔前は縁日などでよく見られたので、30〜40代以上の方は遊んだことがあるのではないでしょうか。もっと昔にはたくさん遊技場があったそうですが、今では非常にレアな存在となっているのです。


ニュースター お祭りの人気者

 子どものころ、町内会の納涼大会でさんざん100円玉を屋台のおっちゃんに貢いだこの私としては、このスマートボールが遊べるというお店が気になって仕方がありません。というわけで、現地取材に行ってきました!

 やってきたのは新世界のメインストリートに軒を連ねる「ニュースター」というお店。レトロ感漂う店構えが目印です。


ニュースター いい雰囲気の外観

 中に入ると、そこにはスマートボール台がズラリ。それらに向かって多くのお客さんが熱心に玉を打っています。その光景はさながら昭和のパチンコ店のようで、「古き良き」が感じられます。正確な創業年は分かりませんが、店内に掲示されていた営業許可証などから判断すると昭和59年(1984年)にはすでにオープンしていたようで、少なくとも30年以上スマートボールで商いをしていたことになります。ちなみにこれらの台は「三葉産業」という会社が製造したもの。調べてみましたが、すでに倒産していました。


ニュースター ズラリとパチンコ屋のごとく

 それではいよいよゲームスタート! 遊び方はいたってシンプル。台の左側にある硬貨投入口に100円を入れると玉がいくつか出てきます。それをセットした後、下にあるレバーを引くとスプリングが伸縮し、玉が発射されるのです。


ニュースター 100円入れて

ニュースター このレバーを引くと

ニュースター 球が発射!

 台に設置されたいずれかのホールに玉をシュートできれば「当たり」。書かれた数字の分だけ追加の玉がもらえます。パチンコ同様、集めた玉はその数に応じてお菓子やぬいぐるみといった景品と交換ができるのです。もちろん、途中での台替えもOK。


ニュースター 点数に応じた数の球がもらえる

ニュースター すてきなお菓子と交換

 ところがこのスマートボール、なかなか一筋縄ではいきません。台には絶妙なポジションで釘などがセットされており、その行方を妨害。いくつもの玉がむなしく奈落へと転落していきます。


ニュースター むなしく転がり落ちていく

 ですが、ムキになって500円ほどを費やしたところで、少しずつ「コツ」が分かってきました。最大のポイントは「スプリングのクセを把握すること」。どのぐらい引けばどの程度飛ぶのかを、理屈でなく手の感覚で覚えることです。文章で伝えると難しいように思えるかもしれませんが、何度かやっていれば自然と把握できます。それをクリアした後は、ずっと同じ力で同じところに飛ばし続ければよいのです。

 ズバリ、このスマートボールは「確率のゲーム」。あちらこちらにあるホールへ見境なく玉を飛ばすよりも、1つのホールを集中的に狙った方が明らかに効率的。そうすれば「特定のホールに玉が入る確率」が上昇するので、そう遠くないうちに当たりがでます。


ニュースター いずれか一か所のホールを狙っていく

 そして、狙うなら「15」という数字が書かれたホールを狙うようにしてください。そこに玉を入れることができればいわゆる「フィーバー状態」となり、新たな15点ホールがオープンする仕組み。台によってその場所は違いますが、いずれもかなり入れやすいポイントに出現するので、玉を稼ぐ絶好のチャンス!


ニュースター 赤色の15点ホールがパカッと開いた

 というわけで、台の外側にある15点ホールへ集中砲火! すると、7〜8回に1回は玉が入るようになってきました! 玉をインさせるたびに「ガラガラガラ〜」と追加の玉が上から降ってきて、なんだかすごくいい気分。いつの間にか、台から玉があふれるほどに稼げてしまいました!


ニュースター どんどんボールが降ってくる

ニュースター こんなに稼げちゃいました

 最終的に手に入れた玉は100個以上。最後は景品のお菓子と交換してもらいました!


ニュースター 大阪限定のカスタードケーキ

 時代の流れにより、こうしたゲームができる遊技場はどんどん少なくなっています。ある意味では仕方のないことなのかもしれませんが、できれば多くの方にこのスマートボールの楽しさを実感していただきたいですね。


エンジン


関連キーワード

ゲーム | 祭り | 景品 | レトロ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  4. /nl/articles/2108/05/news122.jpg キモノ風ですてき! 英金メダリスト、プールサイドで編んでいたカーディガン披露「五輪を思い出させる何かが作りたくて」
  5. /nl/articles/2108/04/news164.jpg 「可愛いいいい」「ハートに恋の毒が回りました」 本田真凜、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶのコスプレでファンを魅了
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/05/news142.jpg おうちに帰るまでがオリンピックです! 五輪参加アスリート&ジャーナリストが感動した日本式“お見送り”
  8. /nl/articles/2108/05/news015.jpg 飼い主がお風呂に入ろうとしたら……ワンコの先客が!? 一番風呂でくつろぐゴールデンレトリバーに爆笑
  9. /nl/articles/2108/05/news037.jpg 子犬「暑い、むりぃ……」 早朝のお散歩で見せたモフモフワンコの全力な表情が応援したくなる
  10. /nl/articles/2108/04/news154.jpg Twitterで「今見てたツイートが急にスクロールしてどっか行く現象」を抑える方法が話題 「助かる!」「地味にストレスたまってた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する