ニュース
» 2017年12月24日 12時00分 公開

「閻魔大王=怖い」は“ギャップ萌え”のための布石 閻魔LOVEな同人誌の愛が深すぎて地獄に届きそう司書メイドの同人誌レビューノート

今回は『閻魔堂のあるきかた』をご紹介。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 街はツリーやイルミネーション、きらきらした飾りものでいっぱい! にぎわいの中をあるいてみれば、ケーキやチキンの箱を抱えた人とすれ違ったり。そんな盛り上がりの中、ちょっと違う方向に、季節を先取りしてみませんか? クリスマスの先にある物は、神社仏閣での年越しとお参り。しかしそこにとどまらず、さらに詣でる先があるのです。そこにいらっしゃるのは……閻魔様!

今回紹介する同人誌

『閻魔堂のあるきかた』

B5 44ページ 表紙・本文カラー

作者:羽流木はない


同人誌 閻魔堂のあるきかた シャッツキステ 朱色が目を引くあざやかさ!

閻魔様を祀るお堂が全国各地に!

 お寺の一画にあるちょっとしたお堂。祀られているのは神様でも仏様でもなく、閻魔様。このご本は、東京を中心に14の閻魔堂を作者さんが実際に訪れて、そのみどころをまとめた同人誌です。全国の閻魔堂リストつき!

 神社や仏閣はお参りする機会がありますが、閻魔堂なんてあるんですか? と思ったら、閻魔堂が大ブームだったのは江戸時代のころ。今の世の中では、ちょっとひっそりとしているところも多いみたいですが、そこには江戸の人たちの心に寄り添ってきた閻魔様の魅力が隠されていたのです。

いじられキャラ? ギャップ萌えが愛おしすぎる閻魔様のとりこに

 閻魔様といえば、地獄で待ちうけて、生前の行いを厳しく裁く、怖い存在……。でも、実は閻魔様はもともとは人間だったのですって。それが今や、地獄の裁判官に。さぞや厳格な方かと思いきや、今に伝わる閻魔様エピソードは“閻魔様がやらかしちゃった”笑い話が多いらしいですよ。

同人誌 閻魔堂のあるきかた シャッツキステ 恐ろしいイメージは、ギャップ萌えの布石でしかない!

 作者さんは「閻魔様への信仰心が浸透するなかで、笑っても平気そうな親しみやすさが感じられるのでは」「裁判官としてあくせく働く姿に、庶民は心を重ねたのかも」と分析されています。私も初めて知ったのですが、閻魔様自身、人間を“裁く”放漫さを罪として、罪人と同じように毎日3回煮え銅を飲まされているというエピソードもあるのだとか。ほのぼの笑い話も許容したり、自らを戒めていたり……。もー、閻魔様優しすぎでしょ! と頭を垂れたくなって、閻魔堂を建立した江戸の方々の気持ちが分かるような気がしました。

同人誌 閻魔堂のあるきかた シャッツキステ 閻魔様の知られざる秘話!?

 心広く、親しみやすいお方。仏さまに言えないことも閻魔様にならいえる……と、ちょっと後ろ暗い気持ちになってしまうようなお願いごとも聞いてもらえることで、閻魔堂はかつての風俗街などの近くに建てられていることも多いのだとか。ああ〜、心に抱えるあれこれを清濁あわせ飲んで「うんうん」って聞いてもらえるって、やっぱり、やさしさの塊じゃないですか! そりゃ作者さんも「地獄の王なのに現世では弱者の味方ってね ヒュ〜 ギャップが最の高〜!」とテンション上がります。

 ちょっとゆるっとした作者さんの絵が、時に熱く、時に穏やかに、とにかく閻魔様をぐいぐい推してきて、さらりと読めるのに、閻魔様への関心度が、ものすごく高くなっている自分に気付きます。閻魔愛すごい。

 ちなみに作者さんは閻魔様への思いが募りすぎて、“閻魔様が老婆を助けるために自らの右目を与えた”という伝承に、「は〜〜!? なんじゃそら キーッなによ!?」「私が老婆になっても愛してくれますか!? 長生きしてみますね!!」と取り乱す、閻魔様へのガチ恋勢。

各地の濃すぎる閻魔堂をレポート

 閻魔様愛にあふれる作者さんによる閻魔堂レポートは、「とにかく閻魔堂に来てみて! 閻魔様に親しんでみて!」と、楽しみどころを教えてくれるリアル布教型。スタンダードな閻魔像の見応えから、光ってしゃべるハイテク閻魔像の紹介、極楽度・地獄度チェックができる(しかも閻魔様録り下ろしボイス収録)エンタメ力のある閻魔堂、逆にしっとりと緑豊かな閻魔堂まで、写真をまじえてレポートされているので、雰囲気が分かりやすいですよ。

同人誌 閻魔堂のあるきかた シャッツキステ 光る!? 声が出る! 多様な閻魔様の姿をレポート

同人誌 閻魔堂のあるきかた シャッツキステ 「閻魔堂へ行きたい」「でもなんか遠出はしたくねえ」……気分にそんな選択肢が出てくること自体が驚きですよ……

 こんなに魅力ある閻魔さまに会いに行ける閻魔堂。いつでも拝観できるところもありますが、年2回、特別に盛り上がるタイミングもあるのです。なぜ年2回なのか? それは閻魔様のお休みの日に合わせているから! ……って、えっ? 閻魔様って、週休2日とかではなく、年休2日なんですかぁ!?

同人誌 閻魔堂のあるきかた シャッツキステ にぎわいに、かつての盛り上がりを重ねて、それだけでハッピーになる作者さん。愛が深い……

 1年に2回しかお休みが無い閻魔様の、次のおやすみは1月16日。もうすぐですね! その日だけ閻魔様のお姿を公開している閻魔堂も多いみたいですよ。いまからなら、事前情報を集めて閻魔堂めぐりを計画するのにぴったりの期間じゃないでしょうか。

 いろんな神様仏様の行事を、笑って楽しんじゃえる環境ですもの。星に願いをかけるも良し、閻魔様に願いをかけるも良し! クリスマス、除夜の鐘、初詣に閻魔堂も入れて、バラエティーに富んだ年末年始もありかもですよー。


サークル情報

サークル名:誤解無く五回泣く

Twitter:@warugi871

購入先:booth


今週のシャッツキステ

シャッツキステ ちっちゃなツリーにちっちゃな飾りをめいめい持ち寄って飾りました。ライゼちゃんは白くてきらきらしたパーツがついて、雪や氷を連想しそうなオーナメントを手作り! 寒くなってきましたが、年末には海辺の熱い同人誌即売会も控えてますもの! 体調ととのえて、よいお年をー

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

同人誌 | レビュー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響