とうとう5回目! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2018(3/3 ページ)

» 2018年01月21日 21時00分 公開
[虚構新聞・社主UKねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

第7位『モズ 葬式探偵』(吉川景都)

『このマンガがすごい!』にランクインしなかったけどすごい 2018 ねとらぼ 虚構新聞 社主UK モズ 葬式探偵 『モズ〜葬式探偵の帰還〜』単行本(試し読み)(C)吉川景都/集英社クリエイティブ

 第7位は吉川景都先生の『葬式探偵モズ』(全1巻/角川書店)、そして『モズ』(全3巻/集英社)シリーズです(※掲載誌の休刊に伴い、移籍後の全3巻は巻数ではなく『葬式探偵の挨拶』『葬式探偵の憂鬱』『葬式探偵の帰還』副題表記になっています。)

 本作は、遺影や塔婆に囲まれた不吉感あふれる研究室に身を置く、上陽大学民俗学教授・百舌一郎(モズ)と、自称助手の原田都が行く先々で遭遇した事件を解決していくミステリー作品。日本各地に残される伝統的な葬儀について調査するモズは、葬式に関する知識を駆使して各地で起こる奇妙な事件を数々解決していったことから、彼のもとにはいつのころからか「葬式探偵」として、事件解決の依頼が舞い込むように。

 「橋の上に現れた白い服を着た女の幽霊」「なまはげのようなお面を身に着けた男の写真と秘宝伝説」「旧家当主の3人娘の遺産争い」など行く先々で起こる、まるで昭和の探偵小説のような事件を、モズは葬儀の準備と並行させて解決していきます。

 ミステリーとしての見どころもさることながら、習俗としての葬儀をテーマとした目の付け所が秀逸

 故人の関係者が提灯や旗、地域によっては神輿を担いでお棺を墓地まで運ぶ葬列「野辺送り」のような、昔ながらの仏式葬儀だけでなく、神道にのっとって神楽を舞う神式葬儀(神葬祭)まで、「日本にはこんなに変わった葬儀があったのか」と驚かされることでしょう。「日本の喪服は本来白色で、昭和に入って初めて、西洋文化の影響で黒い喪服が一般的になった」というのも本作で初めて知りました。

 社主が子どもの頃は、親族や生前親しかった人を自宅に呼んで行う葬儀が、まだぎりぎり普通だったような記憶がありますが、最近はセレモニーホールのような会場を借りて身内だけで済ませる家族葬の方が一般的になってきたように思います。火葬だけで済ませてしまう直葬が増えているとも聞きます。

 「ドライブスルー式葬儀場」のような虚構新聞ばりの弔いが本当に登場してしまう現代。負担が少ない簡略化した葬式は、助かる面が大きいけれど、合理化が良しとされる時代だからこそ、本作で描かれるような時間と手間をかけた葬儀を通じて「葬儀本来の意味とは何か」を考えさせられた一作です。


第8位『アメとハレの風の旅』(新堂みやび)

『このマンガがすごい!』にランクインしなかったけどすごい 2018 ねとらぼ 虚構新聞 社主UK アメとハレの風の旅『このマンガがすごい!』にランクインしなかったけどすごい 2018 ねとらぼ 虚構新聞 社主UK アメとハレの風の旅 『アメとハレの風の旅』1、2巻(全2巻、試し読み

 第8位は新堂みやび先生の『アメとハレの風の旅』(全2巻/徳間書店)です。

 気持ちがたかぶると雨を降らせてしまう少女・アメと、同じく気持ちがたかぶると木々が燃えるほどの日照りを起こしてしまう少年・ハレ、そしてネコのようなお供・ミズタマの3人が、旅の途中で見つけた珍しい苗木を、もともと生えていた「ツイノスミカ」と呼ばれる土地まで運ぶ旅物語。

 3人は浮き島のように海を漂うツイノスミカを目指し、道中、砂漠の国、樹木の国、硝子の国などさまざまな地方をめぐります。どうして、アメとハレはこんな力を持っているのか。かつてその力のせいで、人を悲しませたり傷つけたこともある2人は、旅の最後にその本当の理由を知ります。

 本作の魅力は、表紙を見ても分かるように、絵本のような温かみある画風と表現。スクリーントーンを全く使わず、手描きの線だけで濃淡をつけるなど、やさしい物語にフィットしたやさしい表現がステキです。

 今回が初めての掲載作ということで、マンガとして分かりにくいところがまだ若干見受けられますが、本作にはそれを補って余りある個性があります。次回作も楽しみにしています。


第9位『エマは星の夢を見る』(高浜寛)

『このマンガがすごい!』にランクインしなかったけどすごい 2018 ねとらぼ 虚構新聞 社主UK エマは星の夢を見る 『エマは星の夢を見る』(全1巻、試し読み))

 第9位は昨年の本企画で1位に選んだ『ニュクスの角灯』の作者・高浜寛先生の『エマは星の夢を見る」(全1巻/講談社)です。

 ホテル・レストランガイドとして有名な「ミシュランガイド」の格付けを決めるため、日々各地を巡る元ミシュラン調査員。本作は数少ない女性調査員であるエマニュエル・メゾンヌーヴ(エマ)が、ミシュランの入社試験から新人調査員としてフランス各地、時には日本を巡る体験まで漫画化した作品です。

 ミシュラン調査員と言えば、昔に見たイギリスのコメディで、シェフが「おい、今ミシュランが来てるぞ……!」と小声で話すと、そのままカメラがパンして、ビバンダム(※ミシュランのイメージキャラクター)の着ぐるみがカウンターに座っていたというコントを思い出すのですが、本当の調査は身元がバレないよう細心の注意を払い、料理のメニューや味、接客態度、店内の様子などあらゆる情報を店を出るまでメモも取らずに記憶しておかねばならないというかなり難しい仕事でもあります。

 秘密のベールに包まれたミシュラン調査員の仕事を垣間見ることができる点も面白いですが、とりわけ興味深かったのは、エマが来日するエピソード。

 それまではフランス料理の話が続いて、正直なところ、味の描写にピンとこなかったこともあったので、精進料理や寿司が紹介される日本ならもう少し想像できるのでは、と思って読み始めたのですが、普段舌が慣れているはずの和食ですら、本作を通すと何だか異国の料理に見えるのです。

 「動物性タンパクが一切使われてない… バターもクリームもないのに なんてバラエティー豊かな味わいなの…」

 これは精進料理を味わったエマの感想。寿司職人についても「武道の師範のような」と形容しています。「フランス人の視点で日本料理を表すとこういう表現になるのか」と、日本のマンガなのに、まるで海外の作品を読んでいるかのような不思議な読後感が味わえます。


第10位『さよなら、またね。』(優)

『このマンガがすごい!』にランクインしなかったけどすごい 2018 ねとらぼ 虚構新聞 社主UK さよなら、またね。 『さよなら、またね。』

 とうとう最後までやってきました。第10位は優先生のフルカラー短編集『さよなら、またね。』(一迅社)です。

 小学生のころ、難病であまり学校に来なかった篠原くんと、その篠原くんを励ますための寄せ書きにお化けのような透明人間の似顔絵を描いて泣かせてしまった井上さん。間もなく篠原くんは亡くなってしまったけれど、その7年後、篠原くんは井上さんが描いた透明人間の姿で、再び彼女の前にお化けとして現れます。

 そんなある夏の日のやりとりを描いた表題作「さよなら、またね。」のほか、同人誌として発行していた7本の短編をフルカラーで収録。全体的に日常やSFをモチーフにした作品が多く、また登場人物も幼なじみ、クラスメイト、先生と生徒、兄妹など関係性は違えど、全体としてふたりの甘酸っぱい関係を描いた内容が多いです。

 個人的に好きな短編は、川に落ちそうな少女の飼い猫を助けようとしたクラスメイトの少年が、猫と一緒に川に落ちたところから始まる「猫の日」。身を投げ出して猫を助けてくれた勇敢さではなく、自分がクラスになじめないことに共感してくれたところが、彼女にとって「キュン」のポイントになっていたところがステキだなと。

 少し話はそれますが、優先生は昨年7月、急性心不全により急逝。以前この連載では、離島の少年少女が正体不明の敵と戦うため、理不尽に徴兵されていく『五時間目の戦争』(全4巻)を紹介しましたが、その賛否分かれる最終回にせよ、本作前半に収録されている短編にせよ、「生きること」を真摯な態度で描いてきた方でもあります。「次はどんな作品が読めるのだろう」と期待していただけに、突然の訃報は昨年ショックを受けた大きな出来事の一つでもありました。


 というわけで、昨年完結したおすすめ10作品を紹介しました。長文おつきあいありがとうございました。

 今回は特にハッピーエンド、大団円を迎えたストーリー作品を上位に選びました。エロやグロといったインパクトにパラメータを全振りしたようなマンガが話題になりやすい昨今ですが、腰を据えてじっくり読み続けられ、なおかつ読後の満足度が高い作品に触れるきっかけになれば幸いです。

 今年も「まだあまり知られていないけど面白い」マンガを掘り出していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

過去の「『このマンガがすごい!』にランクインしなかったけどすごい!」

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」