和田氏「ドラクエIXはポケモンより面白いかもしれません」――「ドラゴンクエスト」プレス発表会

スクウェア・エニックスが「ドラゴンクエスト」プレス発表会を開催。発売日や価格が明らかになったほか、ゲームデザイナーの堀井雄二氏を招いてのデモプレイなどが行われた。

» 2008年12月10日 21時03分 公開
[遠藤学,ITmedia]

 既報の通り、スクウェア・エニックスは、東京・新宿にあるパークハイアット東京にて、「ドラゴンクエスト」プレス発表会を開催。シリーズ最新作であるニンテンドーDS用ソフト「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売日を2009年3月28日に決定したと発表した。

photo 三宅有氏

 発表会ではまず、スクウェア・エニックス ドラゴンクエストシリーズ エグゼクティブプロデューサーである三宅有氏が、「自分自身が主人公となって、壮大な世界を冒険するドラゴンクエストの面白さや楽しさを、できるだけ多くの人に体験してもらいたい。そういう思いを抱きながら、この1年間は2つの方向性を持ってタイトルをリリースしてきました」とあいさつした。

 三宅氏が語る2つの方向性とは、これまでゲームを遊んでいなかったユーザー、遠ざかっていたユーザーに対するものと、まだドラゴンクエストを知らない小さい子どもたちに対するものとなる。前者向けには、ライトユーザーも多いニンテンドーDSの市場で、「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」と「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」を発売し、後者向けには、たくさんの子どもたちが集まるショッピングセンターのゲームコーナーやゲームセンターで、カードを主体とした「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」を展開。これにより「高止まりする傾向にあったドラゴンクエストユーザーの年齢分布が満遍なく、かつ幅広くなった」(三宅氏)と説明した。

 特にドラゴンクエスト モンスターバトルロードは、子どもと両親、親子で楽しまれているとのことで、三宅氏は「ドラゴンクエストシリーズとして、アーケードタイトルは初めての挑戦だったが、1年半で出荷枚数が1億枚を超えるなど、好評を得ている。ドラゴンクエストはシリーズ22年目を迎えているが、幅広い世代の方に遊んでいただいているシリーズ。ドラゴンクエスト モンスターバトルロードは親子で遊んでもらいたいと考えて開発したが、そういった光景を見ることができてうれしく思っている」と語った。

 この後、先週から一部店舗で先行稼動中の「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII」の紹介映像が上映され、話はシリーズ最新作ドラゴンクエストIXへと移る。


photo 堀井雄二氏

 ここではドラゴンクエストシリーズの生みの親である、ゲームデザイナーの堀井雄二氏が登場し、「開発は佳境に入っていて、追い込みの時期です。見てもらったほうが早いし、皆さんも安心するでしょうから、開発中のROMを持ってきました」(堀井氏)という簡単なあいさつの後、ドラゴンクエストIXの目玉である、4人同時のマルチプレイを使ってのゲーム紹介が行われた。

 ドラゴンクエストIXでは、自分のキャラクターの世界に、ほかをキャラクターを招くことができる。ほかのキャラクターに話しかけられた時には、自己紹介用のメッセージを表示させられるのだが、発表会では堀井氏、三宅氏のほかに、2人のキャラクターがいた。別の開発スタッフかと思いきや、キャラクター名には“すぎやん”“アキーラ”と表示されている。熱心なドラゴンクエストファンならば分かることと思うが、すぎやんは音楽担当のすぎやまこういう氏、アキーラはキャラクターデザイン担当の鳥山明氏のことを指す。会場に足を運べなかった2人からは、事前にコメントをもらっていたそうで、それぞれ次のようなメッセージが表示されていた。


photo ●すぎやま氏からのメッセージ
おんがく めいっぱいガンバったのじゃ。いまからはつばいが たのしみじゃのう♪ レベルさいこうまで やりこむのじゃ!!
photo ●鳥山氏からのメッセージ
ドラクエが みんなで いっしょにあそべるなんて スゴイですねっ! ぼくも はつばいが たのしみです!

 ちなみに、なぜか女の子キャラクターだった“ミャケ”こと三宅氏、“ゆうぽん”こと堀井氏のキャラクターに表示されていたメッセージは以下の通りとなっている。

photo ●三宅氏からのメッセージ
こんどのナインは よにんでいっしょにぼうけんできます。もちろんひとりでもこれまでいじょうの おもしろさ!!
photo ●堀井氏からのメッセージ
もうすぐ あたらしい ぼうけんへのトビラがひらきます。きょうはさいしんの えいぞうをもってきました!

photo

 堀井氏のキャラクターに表示されていたメッセージ通り、この後は映像の最後に“発売日2009年3月28日、価格5980円(税込)”という発表があった映像が上映されるとともに、12月20日と21日の2日間に渡って、千葉・幕張メッセにて開催される「ジャンプフェスタ2009」に、ドラゴンクエストIXをプレイアブル出展することが明かされた。

 さらには堀井氏から「完成に向けて仕上げていく段階ですが、次の新しいものも考えていて、今回が携帯機だったので次はWiiかなぁ〜と。(三宅氏を見ながら)言っちゃってよかったんだっけ?(笑)」とのサプライズ発言が飛び出す。これには一瞬凍りついた三宅氏だったが、司会から突っ込みを受けると「そういうことです。もう言っちゃいましたからね」と、半ば諦めたように答えていた。三宅氏の様子を見てか、「とりあえず次回作『ドラゴンクエストX』の開発もスタートしていますとだけ」と、お茶を濁そうとした堀井氏だったが、時すでに遅し。現段階ではWii向けに開発が進めれていることは間違いないようなので、Wiiユーザーは続報を楽しみに待っていてほしい。


photo 岩田聡氏

 堀井氏と三宅氏がステージから去った後には、ゲストとして会場に来ていた任天堂 取締役社長の岩田聡氏が登壇。「ニンテンドーDS向けのドラゴンクエストIXがほぼ完成したこと、発売日が正式に決まったこと、そして次回作のドラゴンクエストXについても、Wii向けに開発を進めてくださっていることを、大変うれしく思っています。大変面白く仕上がっているようで、私自身も発売が楽しみです」とあいさつした。

 続けて岩田氏は、ニンテンドーDS市場が今年前半、あまり調子が良くなかったことに触れ、「ドラゴンクエストIXのスタッフの皆さんには、少し気をもませてしまったのではないかと反省しています。しかし幸いにも、夏商戦以降にニンテンドーDSの市場は元気を取り戻しており、ニンテンドーDSiの発売以降は、昨年を上回る勢いで推移しています。私たちハードメーカーがソフトメーカーさんと一緒に仕事をしていくうえで、最も重要視しているのは勢いのある市場を作り、維持していくこと。ドラゴンクエストIXには、勢いの良い状態で発売を迎えてもらえるようにしたい」と話した。

 また、岩田氏は欧米のゲーム市場が活気づいていることにも言及。ニンテンドーDS本体でいえば、欧米の累計販売数は、日本の累計販売数の2倍以上になっているとし、「ドラゴンクエストIXとともに、日本のゲーム市場をより活気づけたいと考えています、欧米の市場に負けない、活気ある市場を日本で作りたい。また、日本のゲーム文化を代表するソフトであるドラゴンクエストの魅力を知る人が、世界でひとりでも多く増えてほしいとも思っています。ドラゴンクエストシリーズを海外でより普及させるために、スクウェア・エニックスとしっかりとタッグを組んでいきたい」と、欧米に押され気味な日本のゲーム市場を活性化すべく、国内外でドラゴンクエストをサポートしていく考えがあることを示した。


photo 和田洋一氏

 発表会の最後に登場したスクウェア・エニックス 代表取締役社長の和田洋一氏は、「ドラゴンクエストIX、発売日決定です。ユーザーの皆さま、大変お待たせいたしました。楽しみにしていてください。私も会社の代表として、どれだけこの日を待ち望んでいたことか……あぁ良かったという気持ちでいっぱいです(笑)」とあいさつ。

 続けて「ドラゴンクエストシリーズは、心の底から安心して楽しんでいただけるタイトル。今作でもそれは変わっていません。昔はゲームをプレイしていたけど、最近は時間がなくてできないとか、今のゲームにはついていけないと考えている方は、ぜひ触ってみてください。それからRPGは『ポケットモンスター』しかプレイしたことがないという子どももいると聞きますが、ポケットモンスターよりも面白いかもしれません。(岩田氏のほうを向きつつ)他意はないですよ(笑)。安心して触れていただきたいというのが、今回のドラゴンクエストIXです。皆さまを決して裏切ることのないゲームだと思っています。ご期待ください」と、自信を持って世に送り出せるタイトルであることを強調した。


photophoto ドラゴンクエスト モンスターバトルロードIIは試遊台が設置されていたものの、ドラゴンクエストIXの試遊機はなし。その穴埋めというわけではないだろうが、NPCキャラクターの衣装に身を包んだお姉さんがいた

photophotophoto 会場内には、HORIから発売予定の「ドラゴンクエストスライムスピーカースタンド」や「ドラゴンクエストIX プロテクトケース」などの、ドラゴンクエスト関連アイテムも展示されていた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」