ニュース
» 2011年12月05日 15時02分 公開

第14回:これならサルでも遊べちゃう!? いつの間にかゲームがうまくなってしまうヒミツの仕掛けなぜ、人はゲームにハマルのか?(1/3 ページ)

「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の14回目は、ゲームの腕がめきめきあがる仕組みを解明します。

[鴫原盛之,ITmedia]

 人はなぜゲームにハマルのかを、プレイ動画や画面写真を見ながら楽しくかつまじめに考える当コラム。今回はゲームの基本的なルールや面白さをプレイヤーがすぐに覚えられるようにするための仕組み、一般には「チュートリアル」や「トレーニングモード」などと呼ばれるシステムについて考えてみることにしましょう。まだゲームを始めたばかりのプレイヤーが、マニュアルを読んだり他のプレイヤーに直接教わったりしなくても、夢中になって遊び続けているうちにいつの間にか上手になってしまうのはなぜなのか? そこには深〜いヒミツがいろいろと隠されているのです……。

「なぜ、人はゲームにハマルのか?」バックナンバー


プレイヤーの理解を助ける「練習ステージ」の存在

 プレイヤーがゲームを楽しむためには、まずは基本的なルールおよび操作方法を覚えることが第一歩。特にアーケードゲームにおいては、お金を払ってくれたプレイヤーに対していかにスムーズにルールを覚えてもらい、ゲームの面白さを理解してもらえるのかが人気すなわちその後の売上を決定すると言っても過言ではありません。

 主にアクションゲームにおいては、最初のステージでは難易度を低く抑えておいて先へ進むにつれて徐々に難しくしていく、というのが昔からよくあるお決まりのパターンです。ですが、これとは別に練習専用のステージを用意してから本編へと進ませるという例も少なからず存在します。

 古い作品から一例をあげると、タイトーが1983年に発売した「ちゃっくんぽっぷ」ではボタンを押すと主人公のちゃっくんが爆弾を投げるようになっていますが、爆弾を投げるためのボタンが1個ではなく2個ついているのがこのゲームのミソ。本作では、ちゃっくんの向いている方向に関係なく左側のボタン押すと左に、右ボタンを押すと右へ爆弾を投げるというとてもユニークなルールになっているので、人によっては「なんでボタンが2個もあるの?」「もう1個のボタンはジャンプ用のボタンなの?」などと最初に疑問を持ってしまうかもしれません。

 そこで、この独特の操作方法をすぐにマスターしてもらえるよう、本作では1面が「練習ステージ」として登場するようになっています。まずは以下のムービーでその様子をご覧になってみてください。


※PS2版「タイトーメモリーズ下巻」を使用
(C)TAITO CORP. 1978-2005

 いかがでしょうか? ステージ構成をあらてめてよく見ますと、最初の敵およびハートに向かって爆弾を投げるときは右方向、途中の敵を倒すためには左方向に爆弾を必然的に投げるようなデザインになっていて、プレイヤーが自然と基本操作を覚えられるようにあらかじめ計算して作られていることが分かりますよね!

 また、ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)が1984年に発売した「リブルラブル」でも初めに練習ステージが登場します。本作もレバーを2本同時に動かしてプレイするという独特のシステムになっていましたから、開発者が「プレイヤーが操作に慣れてもらうための練習の場が必要だろう。」と、考えて練習ステージの導入を決めたものと思われます。実際、筆者も初めて遊んだときには「なんて便利なんだ!」と感動した思い出があります。

 このような練習ステージを使ってプレイヤーにゲームのイロハを教える方法は、もちろん家庭用においてもたくさんの実例があります。古い作品から一例を挙げてみますと、現チュンソフト社長の中村光一氏が作ったことでも有名な、1985年にエニックス(現:スクウェアエニックス)が発売したファミコン用ソフトの「ドアドア」。本作は主人公のチュン君を操作して、敵をドアの中に誘導して閉じ込めていくというゲームですが、最初は「ROUND00」というごく簡単な構成の練習専用ステージが登場するようになっていて、ここをクリアすると「ROUND01」すなわち1面がスタートするようになっています。

画像画像画像 「リブルラブル」では、敵が一切出てこない練習ステージを使って基本操作を学べるようになっていました

※Wiiバーチャルコンソール版を使用
(C)1984 2009 NBGI
画像画像画像 「ドアドア」は敵が1匹だけ出てくるラウンド00を用意してから本編に進むようになっています

(C)1985 CHUNSOFT
(C)1985 ENIX
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  5. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  6. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  7. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる
  10. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」