ニュース
» 2016年02月05日 11時00分 公開

子どもの憧れ! 「ぐりとぐらのカステラ」風ホットケーキを作ってみたねとめし

簡単にできてノスタルジーに浸れる。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 絵本やアニメに登場する食べ物は異様においしそうに見える。例えば子どものころにあこがれた、児童書「ぐりとぐら」に登場するカステラ。あのカステラっぽいお菓子をホットケーキミックスで簡単に作れるという方法がTwitterで話題になっていた。

 通常ならお玉1杯分の生地でホットケーキを作るところを、全部フライパンに流し込んでひたすら弱火にかけるという、非常にシンプルな作り方だ。ノスタルジーに浸るべく、早速試してみた。

 材料はホットケーキと同じ。ホットケーキミックス、牛乳、卵。

ぐりとぐら

 材料を全て混ぜ、フライパンに流し込む。

ぐりとぐら

 弱火でちょろちょろと火を通していると、表面にプツプツと気泡がわいてきた。普通のホットケーキならばここで生地をひっくり返すが、何せ量が多い。完全に火が通っていない部分があるとひっくり返す際に失敗してしまう。様子を見つつ火を通してみた。

ぐりとぐら
ぐりとぐら 気泡がぷつぷつ

 Twitterで話題のレシピでは生地は焼きはじめてから15〜20分、ひっくり返して10分ほど焼くとなっている。筆者の場合、手間取ってしまいひっくり返すまでに25分ほどかかってしまった。生地はお手本よりも濃く色がついていた。

 通常のホットケーキならフライ返しで簡単にひっくり返せるが、フライパンいっぱいに広がった大量の生地をひっくり返すのは困難を極める。そこで、一度お皿に滑らすようにして取り出し、お皿ごと一気にフライパンへ向けてひっくり返してみた。一部が少し欠けてしまったが、無事成功。

ぐりとぐら お手本よりも色づき過ぎてしまった
ぐりとぐら

 再び、弱火でじわじわと火を通していく。様子を見つつ、20分ほどで取り出してみた。もう少し厚みが欲しいところだが、通常のホットケーキよりは厚い、ぐりとぐら風カステラの完成である。もう少し小さなフライパンを使うと、もっと厚いカステラを再現できたようだ。

ぐりとぐら
ぐりとぐら
ぐりとぐら 断面。中は空気が入ってフワフワ

 ぐりとぐらが森の仲間たちと分け合って食べたようにカット。

ぐりとぐら
ぐりとぐら

 火を入れ過ぎてしまったかと心配したが、外はサクサク、中はしっとり。素朴な味で甘過ぎずおいしいが、ホットケーキよりも大味に感じた。生クリームやフルーツをトッピングしてもおいしそうだ(ぐりとぐらのカステラではなくなってしまうが……)。材料は同じなのに、ホットケーキとは微妙に味が違うのが不思議である。

 幼いころに食べたいと強く願ったものは、大人になるとわりと簡単に手に入ってしまう。それがうれしくもあり、切なくもある。そんな感傷に浸りつつ、ぐりとぐら風カステラを味わったのだった。

ぐりとぐら
※本格的にぐりとぐらのカステラを再現したい人は、福音館書店の「ぐりとぐら」Webサイトでレシピが公開されています。

姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響