ニュース
» 2022年07月03日 12時00分 公開

善光寺御開帳記念! 「あの食材」と“キムタク”に注目した長野駅の期間限定駅弁長野「信州 山のおもてなし」(1300円)

信州・善光寺“7年に1度”の御開帳、長野駅でも毎回恒例の「御開帳記念駅弁」が登場しました。ちょ待てよ「キムタク」もちゃんと入っていましたよ!

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 長野「信州 山のおもてなし」(1300円)
長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

 「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

 信州・善光寺で“7年に一度の”御開帳が行われました(6月29日まで)。新型感染症の流行のため、1年延期されましたが、ようやく開催にこぎつけ、長野のまちは賑わいを取り戻したようです。この御開帳に合わせ、全国から多くの人が訪れることから、長野駅にも“御開帳記念”の駅弁が登場するのが恒例となっています。もちろん今回も、期間限定の駅弁が販売中。私も久しぶりに長野のまちを訪ねてみました。

長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 E7系新幹線電車「かがやき」、北陸新幹線・長野〜飯山間

 信州・善光寺平を駆け抜けて行く北陸新幹線「かがやき」号。途中、上野・大宮・長野・富山に停車(上野は一部通過)して、東京〜長野間は約1時間20分、金沢〜長野間は1時間あまりで結ばれています。北陸新幹線は、長野駅でJR東日本とJR西日本の乗務員さんの交代が行われます。長野駅直前での乗換案内も、東京から来ると「○番線」、金沢から来ると「○番のりば」と変わるのが、放送の“聴きどころ”です。

長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 善光寺平洪水水位標

 長野市郊外のりんご畑や水田、そして新幹線の車両基地が広がるこの辺りは、令和元(2019)年の台風19号(東日本台風)で、千曲川が氾濫して、大きな被害を受けました。新幹線の高架脇にも80年あまりの歴史を誇る「善光寺平洪水水位標」があって、人が昔から水と戦ってきた地域であることが伺えます。できるだけ被害を増やさないためにも、このような“被害の継承”は大切なことですね。

長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 長野駅

 そんな長野市の玄関・長野駅は、かつて善光寺を模した仏閣型駅舎で親しまれましたが、平成9(1997)年の新幹線長野開業に合わせて、近代的な駅舎に改築されました。さらに、平成27(2015)年の北陸新幹線金沢延伸に合わせて、善光寺口が大きくリニューアル。信州の杉の木を使った門前回廊が整備され、現代的でありながら、温もりのある駅舎にバージョンアップして、善光寺の御開帳とも重なり、大いに賑わいました。

長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 善光寺付近の風景

 善光寺御開帳とは、絶対秘仏の御本尊の身代わり「前立本尊」を7年に1度、特別にお姿を拝むことができる行事です。本堂の前には回向柱が建立され、触れるだけでもご利益があるとされています。当初は2021年に行われる予定でしたが、感染症の流行で1年延期され、分散参拝を促すため、通常より約1カ月長い6月29日までの日程で開催されました。

長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 信州 山のおもてなし

 “牛に引かれて善光寺詣り”という伝説もあり、何となく、御開帳という言葉に“魅かれて”、信州を訪ねる方も多い時期。せっかくなら駅弁も“御開帳記念”のものを選びたいですね。長野駅弁・デリクックちくまが製造する「信州 山のおもてなし」(1300円)は、御開帳期間限定のジビエを使った駅弁です。ジビエ料理は長野県立大学健康発達学部の学生達が提案し、駅弁コンセプトや栄養価についても、学生さんが関わったと言います。

長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 信州 山のおもてなし

【おしながき】

  • キムタクご飯
  • 鹿肉そぼろご飯
  • 鹿肉竜田揚げ
  • 厚焼き玉子
  • 高野豆腐含め煮
  • こごみ煮しめ
  • きのこ七味味噌和え
  • 焼姫竹
  • 長芋酢漬
  • パプリカ
  • 花豆煮
  • 杏シロップ漬け
長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 信州 山のおもてなし

 ふたを開けると、鹿肉のそぼろご飯に鹿肉の竜田揚げというジビエ料理が目を引きます。長野市ジビエ加工センターで、念入りに加工処理された鹿肉を使用しているそうで、ほとんど臭みもなくて、これは食べやすい! デリクックちくまの方も「ジビエ初心者の方でも食べやすく仕上げた」と胸を張ります。なお、そぼろご飯とコンビを組むのは“キムタクご飯”。塩尻市の中学校(一部)で出されていた給食がルーツで、キムチとたくあんを混ぜ込んだご飯として、最近ではメディアに取り上げられる機会も増え、広く知られるようになりました。

長野駅弁、思いがけぬ出会い弁当 SR1系電車・快速「軽井沢リゾート」、しなの鉄道北しなの線・豊野〜牟礼間

 前回の御開帳から7年。信州の鉄道風景も少しずつ変わりつつあります。とくに旧・信越本線を引き継いだ「しなの鉄道」では、国鉄生まれの車両の世代交代が進行中。週末には、軽井沢〜長野・妙高高原間で運行される快速「軽井沢リゾート」も運行され、のんびりとした旅が楽しめます。なお、駅弁「信州 山のおもてなし」は、食材調達の都合で販売延長予定はないそう。信州の山並みを眺めて存分に味わいました。

(初出:2022年5月6日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


「駅弁膝栗毛」バックナンバー



おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/07/news049.jpg 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  2. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  3. /nl/articles/2208/07/news048.jpg カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」
  4. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  5. /nl/articles/2208/06/news014.jpg 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声
  6. /nl/articles/2208/05/news021.jpg 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  7. /nl/articles/2208/07/news007.jpg 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. /nl/articles/2208/07/news043.jpg “無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
  9. /nl/articles/2208/07/news009.jpg 元警察犬のシェパード、無防備におなかを見せてすやぁ…… 穏やかな表情に「お疲れさまでした」「ゆっくり過ごしてね」の声
  10. /nl/articles/2208/05/news018.jpg やたら緑の幼虫を発見→1カ月育ててみた結果…… ため息が漏れるほど美しいチョウの羽化を見届けた観察日記に「感動する」

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい