ニュース
» 2016年02月20日 18時22分 公開

異世界転生したのにチートさせてもらえない、「このすば」主人公・カズマさんに祝福あれねとらぼレビュー

いつもいつも「強くてニューゲーム」できると思ったら大間違いだ!

[多根清史,ねとらぼ]

転生したのにチートさせてもらえない

 誰にも邪魔されずアニメを見るという行為。これこそが現代オタクに与えられた癒やしなのだ! ということで、今年1〜3月アニメのうち、「最高の癒やし」になっているのが「この素晴らしい世界に祝福を」(略して「このすば」)。



 原作は、小説投稿サイト「小説家になろう」に連載されていた作品を元にしたライトノベル。「なろう」の中でも「異世界転生もの」ジャンルがランキングを独占していて、「このすば」もその一つ。

 「異世界転生もの」と言えば、こちら側ではぱっとしない人生を送っていてゲームだけが取り柄だった主人公が、あちらでは「強くてニューゲーム」からスタート。時間やら課金やらつぎ込んだスキルや装備、マジックアイテムがそのまま使えて、中堅どころかトップクラスの強者も蹴散らして、たちまち伝説の勇者に。廃人ゲーマーと後ろ指刺されてきた過去は無駄じゃなかった、人生やり直しできなかったらリセットや……と、ままならぬ格差社会にあえぐ人たちを代表して「持てるもの」やリア充にやり返す。頑張れ、俺たちも順番が回ってきたらそっちに行くからな! ――というのがフツーの異世界転生もの。

 そんな夢を観ていた一人が、主人公のカズマ(佐藤和真)。車に轢かれそうになった少女を助けようとして……とは思い込みにすぎず、真相はトラクターに轢(ひ)かれかけてショック死。その女の子はカズマがよけいなことをしなければ、かすり傷どころか無傷だったと知らされる。きっつー。


画像 主人公のカズマさん。転生して異世界へ飛ばされるものの……(公式サイトより

 そんなカズマに向かって、ズバズバと上から見た非情な現実をつきつけるのは、性格悪すぎる女神アクア。「異世界に望むものを何か1つ持って行ける」と言われたカズマは、腹いせにアクアを“もの”と指名。願いは聞き届けられ、女神アクアを持ち物として異世界への道連れに……えっ持ち物?

 ルックスは美少女のアクアとバラ色のライフが始まる! こともなく、見知らぬ世界に無一文で投げ出され、現世よりも悲惨な生活にようこそ。RPGでお約束の装備をそろえるためのマネーも持たされず、家賃も払えないからタダで泊まれる馬小屋(「ウィザードリィ」ですな)が我が家。転生したのにチートさせてもらえない……



駄女神を養うために額に汗を流す

 連れてきたアクアは非の打ち所がない美しさに加え、全ての能力値が上限を人間をはるかに凌ぐハイスペック。ただし知力を除く


画像 カズマの道連れで異世界へ飛ばれさてしまう女神・アクア(公式サイトより

 最初っからMAXレベルに達してるので残念な知力は頭打ち、脳天気でがさつな性格のせいでトラブル量産メーカー。バイトで稼いだカネは飲み代につぎ込んで宵越しの金は持たねえ、酔っぱらいどもを喜ばしてる宴会芸スキルって冒険には役立ちませんよね。なにこの駄女神。

 異世界に転生したのに底を抜けてドン底に墜ちたカズマ。横に美少女が寝てるのに、こいつを食わせるために額に汗して労働を……と込み上げてきてまた寝なおす。ラブとかハニーとかおいしいところを通り越した古女房感。

 いいぞー、頑張れカズマさん! いつの間にかさん付けしているこの人徳。異世界転生フォーマットを大筋では守ってるのに、主人公がいるのは「こちら側」だ。



美少女がポンコツ過ぎてハーレムにならない

 ラノベ法にのっとって、タイプの違う美少女が次々と仲間になるハーレムものでもある。形式上は。

 莫大な魔力とそれをコントロールする技術を持っているアークウィザードのめぐみん(ロリキャラ)。ただし重度の中二病の上に爆裂魔法しか愛せず、1日1回ぶっ放したらぶっ倒れてカズマさんに運ばれる。


画像 スペックは高いのにやっぱりいろいろ残念なめぐみん(公式サイトより

 脳筋の駄女神アクアと使い捨てライターみたいなめぐみんが巨大カエルに粘液まみれにされ(ありがとうございました)仲間を募ったカズマのもとに近づいてきた、豊満な美女クルセイダーのダクネス。うん、RPGのパーティには攻撃を引き受ける盾になるタンク役は必須だ。

 え、スキルポイントを防御系に全振りですか。剣には振ってないので攻撃は敵に当たりませんか。物理と言葉攻めを問わず、責められるのが好きなドMには天職ですかそうですか。


画像 「防御全振り」なクルセイダーのダクネス(公式サイトより

 美形ばかりで上級職ばかりのパーティを引き連れ、世間の見る目が冷たいカズマさん。ダクネスの友人の盗賊(もちろん美少女)に窃盗のスキルを教えてもらい、持ち金を賭けて勝負してみれば圧勝。ただし手にしていたのはパンツ。カズマさんからクズマさんにレベルアップや!


画像 クズマさん誕生の瞬間である(公式サイトより

 伝説の剣を与えられて勇者プレイを満喫してるエリートにケンカを吹っかけられたら、不意打ちで瞬殺したあげく剣をマネーに換金し、“鬼畜”の称号もゲットするクズマさん。世間がなんと言おうが、あんたが幸せになりたいだけというのは俺たちがよく分かってるぜ……と目頭が熱くなる。



同スタッフの「これはゾンビですか?」も面白いよ!

 小説は文字で読者のペースで読めるメディア、対してアニメは映像と音が一方通行で流れていく受け身のメディア。原作の面白さとギャグの呼吸をテンポよくアニメ化しているスタッフは、金崎貴臣監督とシリーズ構成・上江洲誠氏の「これはゾンビですか?」コンビ。



 そう大作という作りでもなく「動かすところは動かす」メリハリをつけたアニメが、Amazon.co.jpのBlu-rayアニメ部門で上位に食い込んでいて、ああアニメファンも見るべきものが分かってるなって。「これはゾンビですか?」や、金崎監督の「東京レイブンズ」も超面白いのでぜひ。そしてクズマさんにも声援の祝福を!


多根清史


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙