第22回:なぜ、最後のボスは正体をなかなか現さないのか?なぜ、人はゲームにハマルるのか?(1/2 ページ)

「なぜ、人はゲームにハマルるのか?」をまじめに考察する不定期企画の22回目は、いわゆる“ラスト”のお約束について。

» 2013年02月25日 11時47分 公開
[鴫原盛之,ITmedia]

 「人はなぜゲームにハマルるのか」を、プレイ動画や画面写真を見ながら楽しくかつまじめに考える当コラム。今回のテーマは、ゲームの世界では最後のボス敵やクライマックスのシーンがすぐ明らかにされないのはなぜか、というお話です。

 「ついに悪の大魔王に勝った!」「最終面をクリアした!」と思いきや、実はまだ続きがあったというまさかの展開が待っていて、思わずビックリしたという経験がみなさんもきっと一度はあるのではないでしょうか。このような演出は、ことビデオゲームにおいては昔から定番になっていると言っても過言ではありません。

 では、お金を払ってまで遊んでいるプレイヤーに対してわざわざストレスがたまるような仕掛けを用意するのはいったいなぜなのでしょうか? 今回は誌面の許す範囲内で、そのヒミツについていろいろ考えてみたいと思います。それでは、最後までごゆるりとお楽しみ下さい!

「なぜ、人はゲームにハマルのか?」バックナンバー


ハッピーエンドはいったんお預け! 最終ボスにはニセモノが付き物

 苦労の末に最終ステージへと進み、最後に待ち構えるボスキャラを倒したと思ったら実はニセモノだったというパターンを取り入れたゲームは、1980年代から非常によく見られます。

 有名なところでは、1985年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された「スーパーマリオブラザーズ」。本作は全8ワールド構成で、各ワールドの最後に大魔王クッパが出現するようになっていますが、ワールド1〜7に登場するクッパは別の敵が変身したニセモノで、本物のクッパはワールド8の最終面にしか出現しません。よって捕らわれの身となったピーチ姫を救い出し、エンディング画面を見るためには最後のワールド8をクリアすることが必要です。

画像画像

画像画像 元祖「スーパーマリオブラザーズ」より。1〜7ワールドに出現するクッパはすべてニセモノで、本物は最終ステージまで到達しないと見ることができません
(C)1985 Nintendo

 カプコンが同じく1985年に発売したアクションゲームの「魔界村」も、ニセモノのボスが登場する代表例と言えるでしょう。本作は全7ステージ構成で、7面に出現する大魔王を倒すとエンディング画面を見ることができますが、実は大魔王はニセモノ(幻)であることが直後のメッセージで明らかになります。プリンセスを助け出して真のエンディングを見るためには、もう一度1面からやり直して本物の大魔王が待つ7面をクリアしなくてはいけないという、いわゆる2周目を用意して当時のプレイヤーをあっと驚かせました。

画像画像

画像画像 発売当時はその難しさでも有名になった「魔界村」。やっとの思いで大魔王を倒したと思ったら、さらに高難度の2周目が待っているという驚きの展開が待っていました
※PS2版「カプコン クラシックス コレクション」を使用
(C)CAOCOM CO., LTD. 2005,2006,
(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2005,2006 ALL RIGHTS RESERVED.

 そもそも、なぜわざわざ手間をかけてボスのニセモノを用意するのでしょうか? 「スーパーマリオ」の場合は全8ワールド(合計32ステージ)の長丁場ですので、もし1面、2面、3面……という単純な並べ方にしてしまうと「このゲームはいったい何面まで続くんだろう?」などと途方に暮れ、途中で投げ出すプレイヤーが続出してしまうかもしれません。そこで、各ワールドの最後(4ステージごと)にクッパとの対決ステージを登場させることによって、たとえニセモノであってもボスを倒せば、プレイヤーに1ワールドを制覇したという達成感と、新たなステージに挑むモチベーションを与える効果が生まれるのです。

 また、「魔界村」のようなアーケードゲームの場合は、設置したお店がインカム(売上)を少しでも多く稼ぐための仕組みがどうしても必要となります。ニセモノの最終面やボスを登場させ、1周クリア後も実はまだ先があることを示すことで上達したプレイヤーにもすぐに飽きられないよう、さらなるチャレンジの場を与えてお店がもうひと稼ぎできるようにしているというワケですね。

 余談になりますが、本作のような“2周目クリアで真のエンディングになるぞ方式”は、その続編の「大魔界村」をはじめ、「闘いの挽歌」「R-TYPE」「イメージファイト」あるいはファミコン版の「飛龍の拳」など、当時はよく見かけたものでした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」