幻の伊勢海老駅弁「波の伊八弁当」に託した、作り手の思いとは?(3/3 ページ)

» 2022年09月24日 12時00分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
前のページへ 1|2|3       
安房鴨川「波の伊八弁当」(2000円) 波の伊八弁当

【おしながき】

  • 伊勢海老ご飯
  • たこめし 枝豆 生姜
  • さんが焼き
  • ひじき煮
  • 煮物(椎茸、人参、里芋)
  • しば漬け

―「波の伊八弁当」、どのようにすれば買えますか?

越後貫:「波の伊八弁当」は、完全予約制で原則「5個」からとさせていただいています。ただ、伊勢海老を半身使っていますので偶数個でご注文いただけると、なお有難いです。現状、大きな病院の方と製薬会社さんの方が会食される際などにご用命いただくことが多いですが、じつは多くの方に房総の伊勢海老を召し上がって欲しいという願いを込めた駅弁です。より多くの方にお求めいただけると、(大鍋で調理することができますので、)伊勢海老はよりうま味が増して、美味しく味わえます。

安房鴨川「波の伊八弁当」(2000円) E257系電車・特急「わかしお」、外房線・鵜原〜勝浦間

外房の海を眺めて、房総の味覚が詰まった駅弁を!

―越後貫会長お薦め、「南総軒」の駅弁を美味しく味わえる車窓は?

越後貫:やはり、海を見ながら召し上がっていただくのが美味しいと思います。ぜひ、安房鴨川から50周年を迎えた特急「わかしお」に乗っていただいて、外房の海を眺めて駅弁を味わっていただきたいですね。外房線はトンネルも多いですが、安房鴨川から次の安房天津にかけて、そして鵜原から勝浦・御宿にかけては、割合、海が見えると思います。

―鉄道150年、駅弁屋さんとして、これからどう盛り上げていきたいですか?

越後貫:地域の宝を見つけてしっかり守りながら、“力のある駅弁”を作っていきたいです。例えば、房総では「ひじき」は日本一と言ってもいい品質のひじきが獲れます。駅弁にも必ずそういったものを入れて、ご当地性を打ち出していく。実際、「南総軒」の駅弁には、ひじきの煮物を入れています。その上で、物語性を持ったり、ときには自家製にこだわった駅弁を作ることが、お客様の心にも届くのではないかと思います。

安房鴨川「波の伊八弁当」(2000円) E安房鴨川駅のNEWDAYSに掲げられる駅弁「さんが焼き弁当」の幟

 現在、安房鴨川駅における駅弁の販売は、週末のNEWDAYSのみとなっていますが、「南総軒」に直接予約をすれば、週末以外の日も購入可能です。名物の「さんが焼き弁当」や人気の「さんが焼きおにぎりサンド」に使われるさんが焼きも、1枚1枚丁寧に手作りされています。その意味では、古き良き駅弁屋さんのスタイルが、千葉・鴨川には、令和のいまもしっかり息づいています。

安房鴨川「波の伊八弁当」(2000円) E257系電車・特急「わかしお」、外房線・鵜原〜勝浦間

 海上交通が主流だった房総半島に、昭和初期、陸上交通という新たな道を開いた鉄道。その房総の鉄道に50年前、特急「さざなみ」「わかしお」は、東京駅直結という新たな魅力をもたらし、東京都心からゆったり2時間で豊かな自然に出逢える旅を実現しました。千葉の美味しい米、酒、魚を味わいながら、雄大な太平洋と緩やかな山並みに癒されに、改めていま、房総特急の旅を楽しんでみませんか。

(初出:2022年8月22日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


「駅弁膝栗毛」バックナンバー



おすすめ記事

前のページへ 1|2|3       

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news055.jpg ガチ“別人級”……凄腕メイク術駆使したビフォアフが「日本の頂点」と話題、“フォロワー数580万人”の美容系インフルエンサー
  4. /nl/articles/2405/18/news003.jpg 0歳娘がはじめて歩けた瞬間、パパの顔を見て…… 号泣必至の“表情としぐさ”に「やったねえ!すごいねえ!」「かわいくて涙が」
  5. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  6. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  7. /nl/articles/2405/18/news023.jpg 死んだはずのスズメバチ、お尻をよく見てみると…… 「亡者の執念発動してますね」「だから怖いんだよな」油断できない生命力におののく声
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  10. /nl/articles/2405/17/news022.jpg 妻が作ったキャラ弁にフランス人夫と3歳娘が大爆笑! 「怖い」と言われた完成形に「蓋開けた瞬間w」「一緒に笑っちゃいました」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評