彼女とはじめての夏――「ラブプラス+」な現象をまとめてみました“彼女”をお迎えにあがる前に

「ラブプラス」の楽しさはそのままに、進化した“彼女との時間”をギュっとプラス! なんかもうずっとイチャイチャできます。そんな「ラブプラス+」を発売直前ということでご紹介します。

» 2010年06月23日 17時27分 公開
[ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
ALT 6月24日発売

 KONAMIは6月24日にニンテンドーDS向けコミュニケ―ション「ラブプラス+」を発売する。前作の「ラブプラス」からすべての面がパワーアップしている。

 「ラブプラス」は、彼女と付き合うと現実の時間とリンクし、メール交換や一緒に登下校、デート、そしてスキンシップと、僕らが夢見るバラ色の高校生活を過ごすことができる魅惑のタイトルだった。「ラブプラス」は、学校生活を送る中で、意中の“彼女”への思いを遂げ、さらに自分だけの“彼女”となったあともコミュニケーションを取り続けることができる。コミュニケーションを重ねることで、彼女の髪や服装、性格もがどんどん自分好みに変化し、ゲーム中で行く場所や季節、時間帯によって交わす会話が変化していく。


僕たちの彼女となってくれるのは、高嶺 愛花(たかね まなか)、小早川 凛子(こばやかわ りんこ)、姉ヶ崎 寧々の3人。「ラブプラス+」でもこの3人が我々の心をとろけさせてくれる


「ラブプラス+」では彼女の具合が悪くなると、お見舞いに行ける。うんうん、あるある。夢でみたよ、そういうシチュエーション

 付き合うまでを主題としている恋愛コミュニケーションゲームが多い中、あえて付き合ってからのエンドレスな2人の時間に重きを置いた本作は、正直辞め時の分からない“やっかいなゲーム”といえるだろう。彼女との歯がゆく甘〜い会話を楽しむことができる前作「ラブプラス」は、その“やっかい”故に、発売後にすっかりはまってしまうプレイヤーが続出し、いきなりブレイク。タテ持ちでのプレイのため、外で遊ぶと目立ってしまうというハードルの高さにも関わらず、積極的に“彼女”同伴でデートに連れ出すプレイヤーが多数登場する現象も話題となった。むしろ、そうした状況を楽しむ心の余裕が、紳士淑女(プレイヤー)たちに、さまざまな状況下で“彼女”とデートすることを競う「エクストリーム・ラブプラス」を生み出すことになった。



空いた時間は「もえろ!対戦ぱずるだま」

 「ラブプラス+」は、彼女たちの髪型や服装、呼んでくれる名前などのバリエーションを大幅にアップし、さらに時間を細分化してさまざまなニーズに応えてくれている。彼女との熱海一泊旅行ではリアルタイムで時間が進み、全国のニンテンドーDSステーションと通信することで、地域限定のご当地キャラクターが入手できるようになっている。「ラブプラスモード」では、一緒に腕立てや腹筋といったトレーニングやストレッチをする事ができる(コミュニケーションの度合いでアンロックされる)ほか、「もえろ!対戦ぱずるだま」などのミニゲームで楽しむことができる。

 前作「ラブプラス」からのセーブデータ引き継ぎにも対応しており(引き継ぎにはDS本体が2台必要)、引き継ぐことでギャラリーなど、いくつかのアンロックデータが開放されることになる。なお、「すれちがい通信」では他の彼氏と名刺交換するとともに、獲得している「ご当地キャラクター」を配ることもできる。

 リアルタイムモードでプレイしていると発生する「お泊りイベント」は、リアルタイムでしか遊ぶことができず、土曜日の朝から翌日夜までの時間、なにかしらのイベントが常にリアルタイムで進行することになる(およそ1時間ごと)。深夜0時から朝までは「おやすみモード」となり、彼女とスキンシップを重ねることで、なんかもう甘酸っぱすぎる“いいこと”が起きる。イベントは、時間帯や各種選択肢、条件などによって、起動、分岐、進行していくとのこと。旅行の舞台は「熱海」。実在の場所を舞台に、彼女とのかけがえのない「初めての旅行」という一時を過ごすことができるというわけだ。

熱海の実在の場所で思い出作り。何度か訪れると、その時の思い出を話してくれます。というか、ほぼ丸1日、リアルタイムで進行とは……仕事どころじゃありません。ちなみに、キャンペーンの一環で、熱海でこの夏なにかやるかもしれないそうです……なにするの?


 また、前述したとおり、日本全国のDSステーションにアクセスすると、「ご当地カプセル」にチャレンジできる。各県に数体のご当地ラブプラスキャラが隠されており、手に入れたキャラは「すれちがい通信」や「直接交換」による名刺交換の際に、「プレゼント」として名刺に添付して交換することができる。

誰かにもらえばいいわけですね

 入手可能なアイテムは、都道府県ごとに異なるうえ、「ご当地カプセル」の中身はランダムなので、何が出てくるかは分からない。レアキャラも各県に1体隠されているとのこと。ご当地キャラには、レベルがあり、ご当地カプセルに挑戦し、残念ながら同じキャラが被った際には、レベルアップする。LV2で、モーションが追加され、タッチする度に可愛いアクションを見せてくれ、LV3で、左画面に表示されている説明文を、ナレーション口調で読み上げてくれるようになる。どうやら時々アドリブが入っているとか。



彼氏の身体も気づかいます

 「ラブ・フィットネス」はラブプラスモードで、遊ぶことができる。「いっしょにストレッチ」、「いっしょに腕立て」、「いっしょに腹筋」の3つが収録されており、彼女とのコミュニケーションの度合いによってアンロックされていく。引継ぎボーナスとして、先行解禁されるものも。

 前作ユーザーの意見を存分に反映し、さまざまな要素を追加した「ラブプラス+」はそのタイトルの名のとおり、いくつものプラスが施されている。いつ会いに行っても新鮮な反応を見せてくれる彼女たちに、間もなく会える!


 前作「ラブプラス」関連記事も掲載させていただきます。こうしてみると、けっこう記事にしているんですね……。いよいよ6月24日の発売を控えて、ソワソワしている彼氏も多いことだろう。彼氏力を満タンに、“彼女”を迅速にお迎えにあがっていただきたい。

 もし、迎えに行くのにゆっくりな方は、現在実施されているITmedia IDの登録キャンペーンを利用していただきたい。ITmedia IDに登録すると、「ニンテンドーDSi LL」と「ラブプラス+」が当たるキャンペーンを実施しています。ITmediaを活用する便利なサービスを受けることができるので、こちらへの登録をお願いいたします。大きくなった彼女と会えるチャンスです。

彼女たちにも彼女たちなりの生活リズムがあるようです。眠い時は眠るし、汗がかいたらシャワーだって浴びます。一緒に運動のあと、彼女に会いに行くとシャワーを浴びてて「のび○さんのエッチ!」みたいなこともある! 夏って、すごいなー

「ラブプラス」イベント関連記事


「ラブプラス」現象関連記事


「エクストリーム・ラブプラス」関連記事


「ラブプラス」iPhone関連記事


「ラブプラス+」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルコミュニケーション
発売日2010年6月24日
価格(税込)4800円
プレイ人数1人(通信時:最大3人まで)
CEROC(15歳以上対象)
(C)2010 Konami Digital Entertainment


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」