連載
» 2019年07月25日 18時00分 公開

サラリーマン、プリキュアを語る:2世代を取り込む「ハートキャッチ」の強さ 「NHK全プリキュア大投票」を初動のデータから予測 (3/3)

[kasumi,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

この先は「ハートキャッチプリキュア!」以前のプリキュアが強い?

 初動1週間のつぶやき数を分析してみると「ハートキャッチプリキュア!」がどの部門でも強い傾向にありました。それは今回の投票が「Web投票」のみの受け付け、というところが大きいと思われます。

 「ハートキャッチプリキュア」を当時6歳で見ていた子どもが今15歳になり、ちょうどスマートフォンを持ち始める時期です。「スマホを持ち始めた当時プリキュアを見ていた子どもたち」と「当時から好きだった大人たち」、この2つの層が票を押し上げていたものと思われます。

 (※「大きなおともだち」に強い「スマイルプリキュア!」は、当時見ていた子どもたちがまだ12歳前後でスマホを持つ主要な年齢ではないので「当時の子ども票」をあまり期待できない)。

プリキュア スター☆トゥインクルプリキュア NHK NHK全プリキュア大投票 プリキュア この先は「ハートキャッチ以前」の投票が増える?(Amazon.co.jpから)

 「初動」は熱心なプリキュアファンが多く投票し、キャラやシリーズも「最近の作品」も数多く投票される傾向にありますが、この先は「かつてプリキュアを見ていた」層が、NHKで放送されるCMを見たことがきっかけで投票する機会が多くなってくると思います。

 そうなってくると「Web投票」という性質上、「当時リアルタイムで見ていた子ども」と「大人のファン」の2つの層が取り込める「ハートキャッチプリキュア!」以前の作品がこの先、票を伸ばしてくる可能性が高いものと思われます。

 その中でも当時、社会現象にまでなった「ハートキャッチプリキュア!」が最終的なトップになるのではないか? と個人的には予想しておきます。


投票して熱い思いを伝えよう

 今回はあくまで著者自身が「個人的に」「投票開始から1週間」の「限定的なつぶやき」を集めたものです。この結果に何の意味もありません。

 NHK全プリキュア大投票は2019年8月31日まで受け付けています。最初にも言ったように、この「NHK全プリキュア大投票」はランキングを付けることが重要なのではなく、「プリキュアファンの熱い思い」を形にすることが重要なのです。

 「今はもうプリキュアを見ていない」「あのプリキュアだけ見ていた」「プリキュア見たことないけど興味はある」。そんな人も多いかと思います。それらも全てひっくるめて「プリキュアファン」なのです。これをきっかけにあのころのプリキュアを思い出し、家族や友人と再びプリキュアを語るきっかけになれば良いなって思います。

 まだ投票をされていない方。ぜひ投票して、あなたの熱い思いを伝えてみてはいかがでしょうか? こんなチャンス、めったにないですぜ。あなたの「大好き」を伝えて形にしましょう。

 僕も頑張って「キュアベリー」を応援したいと思います。


「スター☆トゥインクルプリキュア」
毎週日曜8時30分より
ABC・テレビ朝日系列にて放送中
(C)ABC-A・東映アニメーション

関連キーワード

プリキュア | アニメ | 東映



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.