ニュース
» 2019年09月26日 18時00分 公開

平成の特異点「ハートキャッチプリキュア!」 “キュアマリン”が今も愛され続けている理由サラリーマン、プリキュアを語る(2/2 ページ)

[kasumiねとらぼ]
前のページへ 1|2       

決めるときは決める

 ただ、キュアマリンをただの「おちゃらけキャラ」だと思っていたら、彼女の魅力の半分しか見えていません。彼女は実は「超カッコイイ」のです。敵の本拠地に乗り込んだ「ハートキャッチプリキュア!」第46話ではキュアブロッサム、キュアムーンライトを先に行かせ敵幹部クモジャキーに単独立ち向かうシーンなどその良い例です。

 「たとえ力はなくてもコフレはあんたなんかより1億万倍強い!」。
 「誰かを守るためなら頑張れる。その心が本当の強さだと思う!」。

 クモジャキーの話が終わる前に殴りかかるその姿、普段キレない彼女が「頑張ることをばかにされた」ことに対して怒る姿、超カッコイイのです。

 第49話、ラスボスであるデューンとの最終戦でも強大な力を見せつけられた後に、

 「笑っちゃうよね。たった14歳の美少女がデューンと戦うなんて」。
 「ちょっくら地球を守ってこよう!」。

 と先陣を切ってみんなを勇気付けるシーンは「ハートキャッチプリキュア」屈指の名場面なのです。「ちょっくら地球を守る」なんてキュアマリンにしか言えませんよね。

プリキュア ハートキャッチプリキュア! キュアマリン 全プリキュア大投票 NHK 「ハートキャッチプリキュア!」の4人(画像はAmazon.co.jpから)

キュアマリンの功績

 「ハートキャッチプリキュア!」本編で人気を博した彼女ですが、それだけではないのです。彼女はその後も春に上映される「プリキュアオールスター映画」に出続け、そのたびに新しい奇行伝説を残し、その驚きの行動はファンの心をガッチリとつかんできました。「1年に1回ファンの前に出て来て伝説を残す青いプリキュア」としての地位を確立していったのです。そしてその「毎年の露出」がファンの心に残り続け、投票数を伸ばしたものと思われます。

 キュアマリンは、プリキュアは「(物語的に)真面目な良い子」じゃなくてもなれる、ということをメタ的に表現できたことが大きいキャラクターだと思われます。ちょっとダメな自分でも、不真面目な考えを持っちゃう自分でも、プリキュアになれるということ、そしてプリキュアは自由奔放な考え方を受け入れることができる作品なのだ、ということを再認識させたのです。

 当時メタ的にぶっ飛んだキャラを出して視聴者を引っ張る女児向けアニメとしてサンリオの「ジュエルペットシリーズ」が展開されていました(「ハートキャッチプリキュア!」のころは「ジュエルペットてぃんくる☆」)。プリキュアは優等生的な面白さだけど、サンリオアニメはやや不真面目な面白さ、という構図があり、一部の女の子は、キャラ的にも面白いサンリオアニメに流れていく傾向がありました。その流れを食い止めたのがキュアマリンだったのです。

 キュアマリンは、メタ的に見て「よい子であれ」というプリキュアロールのかせを外し、こんなキャラクターもいても良い、いや必要である、ということを視聴者に知らしめたのです。そしてそのことが以後のプリキュアシリーズの多様なキャラクター造詣へとつながっていったものと思われます。

 そういった意味でもキュアマリンは、今のプリキュアシリーズを作り上げたキャラの1人といえるのでしょう。

 その個性的な振る舞い、型にはまらない性格、天真らんまんで明るく思ったことをズバっという。努力家で、悩みを抱えつつも、そのそぶりも見せずに周りを明るくする。周りが見えなくて相手を傷つけてしまうこともあるけど、言われればきちんと反省できること。

 実は真面目で、早起きで相棒のつぼみを毎朝起こしていること、ファッションに対する情熱。かなえたい夢のために努力していること。自分が「楽しい」行動をとることが、周りも楽しくすることだと理解していること。だからプリキュアとして作品をまたいで「楽しい」行動をとっていること。

 楽しい行動をとることこそが、みんなを幸せにできると信じているから。そんな友達思いの彼女が自分は大好きなのです。

プリキュア ハートキャッチプリキュア! キュアマリン 全プリキュア大投票 NHK キュアマリン(左、画像はAmazon.co.jpから)

 NHK全プリキュア大投票は、女性の投票が73%、年代的には20代以下の投票率が77%と「若い女性」の投票率が高い結果となりました。自分らくしく生きる「キュアマリン」的生き方は、いまや若い女の子のスタンダードとなっているのかもしれません。


全プリキュア大投票結果(各10位まで)

■作品部門

順位 作品名
1位 ふたりはプリキュア 2004年
2位 ハートキャッチプリキュア! 2010年
3位 Yes!プリキュア5GoGo! 2008年
4位 HUGっと!プリキュア 2018年
5位 スマイルプリキュア! 2012年
6位 Yes!プリキュア5 2007年
7位 Go!プリンセスプリキュア 2015年
8位 ふたりはプリキュア Max Heart 2005年
9位 フレッシュプリキュア! 2009年
10位 魔法つかいプリキュア! 2016年

■プリキュア部門

順位 プリキュア名 作品名
1位 キュアブラック(美墨なぎさ) ふたりはプリキュア、ふたりはプリキュア Max Heart
2位 キュアホワイト(雪城ほのか) ふたりはプリキュア、ふたりはプリキュア Max Heart
3位 キュアマリン(来海えりか) ハートキャッチプリキュア!
4位 キュアドリーム(夢原のぞみ) Yes!プリキュア5、Yes!プリキュア5GoGo!
5位 キュアピース(黄瀬やよい) スマイルプリキュア!
6位 キュアパッション(東せつな/イース) フレッシュプリキュア!
7位 キュアレモネード(春日野うらら) Yes!プリキュア5、Yes!プリキュア5GoGo!
8位 キュアエール(野乃はな) HUGっと!プリキュア
9位 キュアミルキー(羽衣ララ) スター☆トゥインクルプリキュア
10位 ミルキィローズ(美々野くるみ/ミルク) Yes!プリキュア5GoGo!

■キャラクター部門

順位 キャラクター名 作品名
1位 モフルン(キュアモフルン) 魔法つかいプリキュア!
2位 ココ(小々田コージ) Yes!プリキュア5
3位 FUJIWARA原西 スマイルプリキュア!
4位 ダークドリーム 映画Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!
5位 レジーナ ドキドキ!プリキュア
6位 はぐたん HUGっと!プリキュア
7位 ナッツ(夏) Yes!プリキュア5
8位 坂上あゆみ(キュアエコー) 映画プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち
9位 ブンビー Yes!プリキュア5
10位 フワ スター☆トゥインクルプリキュア

■歌部門

順位 曲名
1位 DANZEN! ふたりはプリキュア
2位 プリキュア5、フル・スロットルGoGo!
3位 Alright!ハートキャッチプリキュア!
4位 プリキュア5、スマイル go go!
5位 DANZEN! ふたりはプリキュア(Ver.Max Heart)
6位 イェイ! イェイ! イェイ!
7位 パぺピプ☆ロマンチック
8位 HEART GOES ON
9位 ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪
10位 ハートキャッチ☆パラダイス!

「スター☆トゥインクルプリキュア」
毎週日曜8時30分より
ABC・テレビ朝日系列にて放送中
(C)ABC-A・東映アニメーション

関連キーワード

プリキュア | アニメ | 東映



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」