連載
» 2020年06月25日 18時00分 公開

プリキュアの水着表現はなぜ規制され、そして解禁されたのか 15年の歴史を探るサラリーマン、プリキュアを語る(1/2 ページ)

われわれ大人が「水着回!」と過剰に騒ぐからNGになった側面もあるのですよね。反省です。

[kasumi,ねとらぼ]

 かつてプリキュアには水着表現が出来なかった時代がありました。

 プリキュアの水着はなぜNGとなり、いかに解禁されたのか? その変遷をたどると、プリキュアがここまで支持されてきたその理由が垣間見えるのです。

ヒーリングっど プリキュア 水着 アニメ 「HUGっと!プリキュア」第24話の水着シーン

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



 2020年6月22日。「ヒーリングっど プリキュア」の新プリキュア「キュアアース(CV:三森すずこ)」が発表となりました。今までの3人とは異なり、お姉さんっぽいデザインがステキです。早く動く姿が見たいですよね(キュアアースについては本放送に登場してからたっぷり書きたいと思います)。

ヒーリングっど プリキュア 水着 アニメ キュアアー 右端が新プリキュア「キュアアース」

 コロナ禍の影響で中断されていたプリキュア本放送も6月28日より2カ月ぶりに再開することが発表され、少しずつですがプリキュアもようやく日常が戻りつつあります。

 日常が戻ればいつもの楽しいプリキュアが見られます。海やプールでの「水着回」は2020年もあるのでしょうか?

 今では当たり前のように放送されるプリキュアの水着回。しかし、かつて「プリキュアの水着」がタブーとされてきた時代があったことをご存じでしょうか?

 それはどんな理由によるものであったのか、そしてどのような理由で水着は解禁されたのか。プリキュア水着表現の歴史を見てみましょう。


水着NGは初代「ふたりはプリキュア」から

 水着表現の規制は初代「ふたりはプリキュア」(2004年)から始まります。関連書籍でその詳細が語られているので少し引用します。

――番組を作っていくうえでもっとも気を使われたことは?
鷲尾 “やはり主人公が女の子”という点と、あくまでも番組の対象は子供たちなんだというスタンスです。
たとえば、夏休みのエピソードとしてなぎさとほのかが海へ泳ぎに行くというのは楽しいし、絵的にも季節感が出せるでしょう。でも、そのシチュエーションを、ほほえましく観てもらえるのならばいいのですが、そうではない視点、視線を向けられるのは避けたかったんです。ABCさんともお話しまして、夏場の定番話として楽しいエピソードになるのは予想できるんですが、あえてやらないことにしたという経緯があるんですよ。
(講談社『ふたりはプリキュアビジュアルファンブックvol.2』2004年 P87から)


 プリキュアの初代プロデューサー鷲尾天氏は、海に行くお話は楽しいし季節感も出せるとしながらも「そうではない視線」を向けられたくないため水着描写を避けた、と語っています。

 「そうではない視線」とは柔らかい表現ですが、要は「大人からの性的な視線」を避けたかった、ということですよね。この頃のアニメはまだ「水着」=「サービスシーン」という謎の風潮があり、「水着を出す」=「大人に性的な目で見られる」ことを危惧しての水着NGとなったようです(そもそも「水着回」という言葉が存在していること自体が水着が性的であることの証ですよね)。

 特にプリキュアは子ども向けであり、親子で楽しむことを前提としているので保護者から嫌われてしまっては元も子もありません。まだブランドとして確立する前のプリキュアです。「大人が性的な視線で語っている状況」になるのを避けたかったものと思われます。当時としては最適な判断だったのです。

 プリキュアの水着規制のスタートは苦情などの外圧ではなく「大人からの好ましくない視線を避ける」という自主規制から始まったのです。

 そして、その「水着はNG」は次作以降にも受け継がれていったのです。

ヒーリングっど プリキュア 水着 アニメ 海に行っても水着にならないプリキュアたち(「ハピネスチャージプリキュア」第25話)(画像は「ハピネスチャージプリキュア」公式ページから)

親から大ブーイング

 さらに2009年、プリキュアで水着NGを決定づける出来事が起こります。

 東映アニメーションのプロデューサーが鷲尾氏から梅澤淳稔氏に代わった「フレッシュプリキュア!」は、さまざまな新しいことにチャレンジした意欲作でした。

 その1つとして第2話で蒼乃未希(キュアベリー)のシャワーシーン(足だけが映るもの)や、競泳水着姿に男子生徒が見とれるシーンが放送されます。特段セクシーな描写というわけではなかったのですが、それが子どもと一緒に見ていた親御さんの大きな不評を買うこととなります。梅澤Pは当時の様子を「大ブーイング」だったと語っています。

――「フレッシュプリキュア!」では前半に水着やシャワーシーンもありましたね。
梅澤 実は大ブーイングでした。「コクる」「彼氏」というセリフも評判が悪かったです。中学生だから、必然性があるから、大丈夫というわけじゃない。両親が観せたくない作品になっては『プリキュア』じゃない、と痛感しました。
(ぴあMOOK『プリキュアぴあ』2011年 P87)


 梅澤Pはプリキュアが「両親が観せたくない作品になってはダメ」と痛感し、以降それがプリキュアの水着NGをさらに強固なものとするきっかけとなってしまいます。

ヒーリングっど プリキュア 水着 アニメ 「フレッシュプリキュア!」(一番左がキュアベリー)(画像はAmazon.co.jpから)

 プリキュアシリーズが始まってからの10年間、海の見える別荘に行ったり、砂浜で特訓したりと海に行くシチュエーションが数多く描かれるのですが、プリキュアたちは「不自然に」水着になりません。普段着で遊びます。

 「ハートキャッチプリキュア!」のシリーズディレクターである長峯達也氏は、海なのに水着姿にならないのは不自然なので同作で水着を出す予定だったとしながらも、やはり「自分の娘の肌をさらすことはできない」という理由でコンテの段階で水着をやめたことをTwitterで語っています

 「スマイルプリキュア!」のシリーズディレクターである大塚隆史氏も、同作で水着回を行う予定だったものの中止となったこと、さらにプリキュアにおいて「性的な商品」が出るようであれば、即SDを降りるとも発言しています。


 これらのように「プリキュアの水着」は話が持ち上がるものの立ち消えることが続きます。「水着がダメ」なのではなくて「大人に性的に見られてしまうことがダメ」なはずだったのが、いつしか目的と手段が入れ替わり「水着表現がダメ」となっていったのです。

 ただ、カレンダーや女児向けカードゲーム、上北ふたご氏による漫画版などでは普通にプリキュアの水着も表現されていました。またテレビ本編においても、周囲の女子や敵女性幹部などは水着が描写されていたので、あくまでテレビ本編で「プリキュア」が水着を着ることがNGだったようです。

ヒーリングっど プリキュア 水着 アニメ データカードダスなどでは水着姿が描かれていた(写真は筆者所有のカード)

 また「水着がNG」なだけであり、露出が高い服はNGではなく、例えば「ハピネスチャージプリキュア!」の変身解除状態などは水着よりも露出の高いセクシーな姿であるなど、やや本末転倒な部分も見られるようになってきました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙