連載
» 2020年10月22日 18時00分 公開

プリキュアで10年以上信じられている“7つのウワサ”を検証するサラリーマン、プリキュアを語る(2/3 ページ)

[kasumi,ねとらぼ]

プリキュア7つの流説

プリキュア7つの流説

  • プリキュアは半年で終わる予定だった
  • 親からクレームが来て水着が禁止になった
  • 銀魂のプリキュアパロディーで東映アニメが大激怒した
  • プリキュアは成人男性もターゲットになっている
  • ラスボスと結婚したプリキュアがいる
  • 「アナ雪」ブームで「Go!プリンセスプリキュア」が作られた
  • 映画でプリキュア同士が戦ったら子どもが泣いた


プリキュアは半年で終わる予定だった

 「プリキュアはもともと半年で終わる予定だった。人気が出たから1年続いた」という流説があります。

 ストーリー的に半年でプリズムストーンを集め終えたことがその証拠である、とされています。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ ふたりはプリキュア(画像はAmazon.co.jpから)

 しかしこれは正確ではありません。プリキュアはもともと1年の予定であったことは何度も各媒体で触れられ、例えばかつて刊行されていた『プリキュア新聞 2014年春号』で鷲尾プロデューサーは下記のように語っています。

04年の第1作「ふたりはプリキュア」は、1年やりましょうという話でした。青息吐息でいくくらいなら、物語上は半年で全部解決するくらいで始めて、できるようならその先、考えましょうと。だからプリズムストーン7つを1年で集める話が、半年で集めきっちゃったんですよ。そこから先はストーリーを作っていくのに必死で。
日刊スポーツ新聞社『プリキュア新聞 2014年春号』鷲尾天インタビュー


 「とにかく前半から盛り上げて突っ走ろう」という思いが物語を半年で一段落させてしまい、その結果として「半年で終わる予定だった」という流説になっていったようですね。

結論

 「ふたりはプリキュア」は、最初から1年放送される予定だった。


親からクレームが来て水着が禁止になった

 「フレッシュプリキュア!(2009年)の蒼乃美希の水着姿に保護者(PTA)からクレームが来て、以降プリキュアでは水着が禁止になった」。これも良く聞きますよね。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 「フレッシュプリキュア!」の4人。一番左が蒼乃美希(画像はAmazon.co.jpから)

 しかし、これも間違いです。

 プリキュアは確かに一時期かたくなに水着表現をしなかったのですが、それは初代「ふたりはプリキュア」のときに、当時の鷲尾プロデューサーが子どものためを思い自主規制した結果であり、親からのクレームによって外圧で水着がNGになったというわけではありません。

結論

 プリキュアの水着は、子どものことを思い「自主的に」表現をしなかった時期があった。クレームによる外圧でNGになったわけではない。


銀魂のプリキュアパロディーで東映アニメが大激怒した

 アニメ「銀魂」内で、プリキュアのパロディーを放送したら東映アニメに怒られた、という流説もあります。

 一度ならず二度もパロディーにしたことで東映アニメ側や一部の声優さんが大激怒し、当時の銀魂アニメの監督、制作プロデューサーを本社に呼びだし「法的手段に訴える」と全員を土下座させた、というトンデモないものです。これも一部では固く信じられているようです。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ さまざまな作品のパロディーをやっていたアニメ「銀魂」(画像はAmazon.co.jpから)

 これもソース不明な情報が面白おかしく語られており、明確な証拠はありません。銀魂アニメの関係者内では「これは大丈夫か?」「怒られないか?」などの議論は常にあったとはいい、その銀魂内での話に尾ひれがついて拡散されていったものと思われます。

 そもそも、本当に訴訟沙汰に近い問題なっているのであれば、関係者が面白おかしく語るはずはありません。

 プリキュアサイドの証言としては、書籍『プリキュアシンドローム』(幻冬舎、2012年)で当時の鷲尾プロデューサーと声優さんが「ふたりはタマキュアSilverSoul」に触れ、プリキュアのパロディーを好意的に捉えている旨の発言をしています。

鷲尾 「プリキュア」がこういうパロディをされるようになって驚いたんです。
前田 こういうパロディは多かったですよね。アニメの「銀魂」(第五十話「節目節目に気合を入れ直せ」)でも「ふたりはタマキュアSilverSoul」って。
鷲尾 ありましたね。「MaxHeart」と「Splash☆Star」の変身と必殺技シーンを混ぜたパロディ。しかもおばあちゃんふたりがやってるんですよ。
仙台 私はたまたま家でテレビを観てて、びっくりしたけど笑っちゃいました(笑)。
鷲尾 あそこまでやってもらえるのなら、パロディにされるほうは本望です。作品の認知度が低かったら誰もパロディをやってくれませんから、うれしいことです。
幻冬舎『プリキュアシンドローム!<プリキュア5>の魂を生んだ25人』(2012年)P320


 そう。プリキュアのプロデューサーも声優さんもプリキュアのパロディーを怒っているどころか、喜んでいたのです。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 書籍『プリキュアシンドローム』には貴重な証言が載っています(画像はAmazon.co.jpから)

結論

 当時のプリキュアのプロデューサーは銀魂のパロディーに怒っているどころか、好意的に捉えていた。


プリキュアは成人男性もターゲットになっている

 これも良く聞くデマの1つです。Google画像検索をすると19〜30歳男性が「プリキュアのコアターゲット」となっている謎の写真が出てきたりもします。

 この写真はかつて自分が検証したところ「DVD販促用の資料」ではないかと結論づけました(右側に販売用のカードが映っています)。

 つまり「プリキュアというアニメ自体のターゲットに成人男子が含まれる」のではなく、「プリキュアのDVD購買層には成人男子が含まれている」というだけなのです。

ヒーリングっど プリキュア アニメ ニチアサ 昨今ではプリキュアは子どもと大人に向けてイベントもやっています(画像はAmazon.co.jpから)

 プリキュアは各媒体のインタビューや、東映アニメーションの株主総会などでも「子どもたちのためだけ」に作っていると明言しています。

 ただ「大人の視点」を考慮していないわけではなく、プリキュアは「保護者の視線は考慮している」とも各媒体のインタビューで書かれています。

 また、プリティストアで売られている周辺グッズには大人向けに作られているものも多々あったり、大人向けのイベントも開催されていたりもします。

 この2つの概念「アニメは保護者(大人)を意識している」と「グッズやイベントは大人をターゲットとしたものもある」が合わさることにより「プリキュアは大人にも向けて作られている」という流説につながっていったものと思われます。

結論

 大人もターゲットにしているのは一部のグッズやイベントだけで、アニメ自体は子どもと保護者がターゲットであると明言されている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声